yamanaka.jpg

最低気温からの上昇

きのう、きょうと、山中湖ワカサギ修行でした。
きのうは、富士五湖地域も曇りで、早朝は超極寒ではなかったです。
きょうも、いい感じに晴れ、早朝の冷え込みもそんなにではなかったですね。

気になる水温ですが、いよいよ、河口湖は最低水温期2℃後半から上昇傾向。
今日、2月19日現在では、4℃前後あったのではないでしょうか。

こうなってくると・・・どんどんプリスポーンダイナマイトが差してくる気配ムンムンですね。
水温はちょっと低めですが、この時期だからこそ仕留めれるプリスポーンダイナマイト。

確立は、ちょっと低めかもしれませんが、
ハイシーズンと比べると50UP率は格段と高くなっていると思います。
ちょっと早いプリスポーンダイナマイトゲームですが、お待ちしております。





2017.02.19 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_b25258f4.jpg

春一番と傘雲

本日も春一番っぽい予報の中、ガイドプラで出船してみました。
予想も的中、午後にもなり、曇りだした本日の河口湖。

9時頃からの出航予定でしたが、徐々に強くなる北西風。
安全なエリアでの釣りを心がけて、またまた各所をチェックしてみました。


水温は、きのうより、0.3℃上がって、3.3℃~3.5℃で上昇傾向。
きのうあれだけあった、流氷も消えて、気温も暖かくウキウキ気分でしたね。
そのまま、やりたかった場所も出来る感じでチェックするも、やはり春一番の風が強い。

moblog_862baef1.jpg

午後になり徐々に空が暗くなり、雨の予感がしたので、急いでピックアップ。
そのままギリギリセーフで、雨も的中して本日のガイドプラ終了。
なんせ、ボートが濡れるとこの時期はあらゆるストレージも凍ってしまうので・・・・

今後の展開

昨日と今日で徐々に水温も上昇傾向でUP・UPな感じでしたね。
いまのところ、ベイト接岸のタイミング次第でメタルベイツ・ポークライトリグな感じです。

ただ、水温が4℃より上昇傾向で、ディープにバスが差してくると、
ベイト隣接パターン+コンタクトポイント作戦もプラスして、もう少し反応が良くなりそうですね。


今日は、初夏並の暖かさだったようです。

moblog_386df51e.jpg

土日は、またまた冬型。
月曜日は・・・またまた南風の春っぽい感じです。ご希望の方はぜひ!




2017.02.17 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
hotel.jpg

3月中旬頃の暖かさ

本日は、2月中旬となりガイドプラをしてみました。
開始早々、気温は5℃とまずまずの河口湖で春の日差しと暖かさを感じましたね。

huji2.jpg

絶景の逆さ富士!!

天候は、快晴どピーカンのベタ凪。
ただし、早朝気温はマイナス6℃で風も無かったようで流氷が多い。

moblog_1af5745c.jpg

水温は3~3.2℃とまずまず。
いろいろなエリアをまわるうちに、ベイトフィッシュが濃いエリアやブレイク周辺をチェック。

moblog_a030bc46.jpg

表層までワカサギがぴちゃぴちゃ跳ねているようなエリアもあり、生命感バリバリ。
ただ、流氷がお昼になっても溶けきれず、いいスポットは人も多く、エリアチェックがほぼメイン。

bakuhuu.jpg

爆風

そうこうしているうちに、西風爆風となり、14時頃より上がって水を切って終了。
なぜか?出来れば暖かい時間帯に坂でトレーラーの水分をぴたぴた切りたいんです。

ここんところ、9時台でも凍結でボートとトレーラーが離れないことも多いようで。
もちろん、ボートの栓も締めておかないと、次の日はツララで栓が締めれません。
ってことで、冬季の河口湖ガイドもまだまだ募集中です!!



2017.02.16 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

image1.JPG


今日から、寒気団の影響が弱まり、暖気が入ってきますね。


暖かい予報です。ぜひ、河口湖ガイドのご予約お待ちしております。


iPhoneから送信
2017.02.15 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
LTT_top.jpg

LTT620PMH - Parabolic Versatile

ノリーズ・ロッドブランドから、NEW製品が早々とリリースされますね。

ノリーズらしい、ショートロッドのMHクラスのパワー。
あらゆるパワーフィッシングで、ショートロッドの特性を生かした使い方が出来そうです。


--- 以下は、HPより抜粋 ---

根がかりをスムーズにかわし、ルアーをシャープに操れる強いティップを持ちながら、パラボリックな調子でルアーウエイトに関係なく投げやすいバーサタイル性を持つアイテム。ショートレングスでの正確なキャストから抵抗の大きな大型トップウォーターまでも機敏に動かす。バルキーベイトのネコリグでオーバーハング絡みのカバーを撃つ。ディープでメタルジグやフットボールジグを操る。バイブレーションやチャター系などのバラシの多い重いルアーを使う場面でも高いランディング率を誇り、完成度の高いゲームを展開できます。



また、先行発売されている、LTT630MH もあります。
ほぼ同じレングスながら、同じMHパワーで何が違うのか!?



LTT_buttom_20170209193851fe2.jpg

LTT630MH - Cover Texas Jig & Frog

テキサスリグやラバージグで極限の精度でピッチングを続けることができるエキスパートアイテム。障害物を不自然に揺らすことなく、リグを跳ばすことなく抜いてこられる硬めのティップ。ベリーからバットの強い反発力で強いフッキングと近距離でもバラシの少ないランディングを可能にします。同時にこの強さでも軽いフロッグを正確にサイドハンドキャストでき、ティップの向きを自由に使える操作性でカバー攻めフロッグに最高のマッチング。オーバーハングの中の小さなシェードに撃ち込む。倒木の隙間のバンクにぶつけて着水させる。泳ぎ出しをも調整できるタイトなフロッグゲームを展開できます。



ロッドのテーパーバランスによりますが、

巻き = LTT620PMH

撃ち = LTT630MH



瞬発的なアワセなどは、LTT630MH がベスト。
カバー打ちでも少し巻いて誘う場合は、LTT620PMH がいいでしょう。

特にレイダウンなどをチャターベイトで通す、葦やガマなどを巻きモノで釣る場合など620PMH
こういった感じで使い分けるのが非常にいいですね。


upper_cutter_201702091941566d3.jpg

また、LTT620PMH に出来ることは、大型トップウォーター アッパーカッター128など
ロングキャストメインでしたら、LTT680MHがいいですが、
より、ドッグウォークをしやすい、また、橋脚などピシッとキャストを決めやすいのはショートロッド。
そんな時に、LTT620MPHがいいですね。それと、やや重めのワサビーなども良さそうです。

2017.02.09 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
16388100_1211759438947358_4009580059304988985_n.jpg

週末は、山中湖でした。
金曜日・土曜日は、おもいっきり晴れて”ダイヤモンド富士”も最高に綺麗でしたね。
写真の日曜日は、午前中の富士山で、午後より、お天気は下り坂。

ワカサギ情報ですが、河口湖・山中湖・西湖。
それぞれ湖がありますが、どの湖にもワカサギがいます。
そして、大潮まわり・最低水温期などの周期により、
ワカサギ釣りで釣れているエリア、釣れている水深、抱卵による渋さなどなど。
そういった様々なさかなから与えてくれる要因でより接岸具合が分かりますね。


ちなみに・・・ですが、ワカサギも冬ポジションですと、ディープフラット型。
大潮まわりなどで産卵体制に入ると、シャローへポジショニングを移します。
つまり、ワカサギ釣りでも、釣れるエリア・釣れる水深 = 産卵の時期が分かるというのです。


金曜日は、大荒れ。土曜日は快晴ベタ凪。ワカサギはよりシャローを目指してましたね。
日曜日は、午前中はシャロー。
午後の天候が崩れたタイミングは、シャローにもいますが、
より、捕食体制へ入る個体も多く、多くの個体が回遊していた気がします。


いよいよ、冬将軍が完全に去れば春本番!!
ちょこっとメタルバイブなどで河口湖も釣れているみたいで、
穏やかな日は、一発大物・ウインターバッシングで期待出来そうですね。


個人的には、ジャークベイトの特殊釣法・ハードプラグミドスト・メタルバイブの3本立て。
ポークジグヘッド系も・・・・??? どうなんでしょう?



2017.02.07 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
fujoi.jpg

完全2月ウインタープラン期間

実は、河口湖界隈、ほとんど雪が降らないんです。
雪国のイメージがありますが、実際、雪が降るのは、”寒気 & 南岸低気圧”のコンボの時のみ。

ただ、標高が高いので、寒気と低気圧のコンボは、通常の雨が雪になるのです。
そして、標高が高い(約900m)100m標高が上がる毎に0.5℃下がる。ので、平地より気温が低いのです。
気温が低いと、いつまでも雪が溶けないので、実際、雪国と感じちゃうのでしょう。

・・・・というわけで、実際は、太平洋温暖気候なんです。


さてさて、期間限定ですが、本日より、完全ウインタープランで募集いたします。





2017.02.02 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
basser8.jpg

Basser 2017 3月号

実は・・・・・先月、2016年・12月末に田辺さんが河口湖に取材に来られました。

メタルベイツ取材です!!


image1450.jpg

今月の”バサー最新号”にて公開中!!

今回の田辺道場は、メタル後編。
Basser 2017年 2月号は前編。 3月号が後編になります。

img450.jpg

真冬のメタルでの攻略法を公開!!


ぜひ、真冬の河口湖のメタルゲームを知りたい方、
お近くの釣具店・ショップにて、Basser誌をお求めくださいませ。



スポンサーサイト

タカヒロ足立の河口湖ヒットルアー列伝!!







2017.01.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kawaguchiko.jpg

1月下旬に春の兆し

いよいよ暖かくなってきましたね??? ほんまか!?
なんと、1月下旬ながら、気温は15℃近くまであがり、まるで初夏!!
とはいえいえ、まだまだ2月がありますからね~。



16105896_1189820984474537_61080068617103129_n.jpg

1月中旬は極寒列島

ただ、今年の最低気温・おそらく最低水温期は、この1月中旬だったのでしょう。
連日、マイナス15℃近くまで河口湖・山中湖・西湖界隈は、深夜~明け方は下がっていたようで。



2017年の傾向

春のバスフィッシングは、個体は少ないが早春一発目は、最低水温期からの脱却の水温上昇傾向にあります。私が狙うのは、ディープウォーターの越冬系冬バスではなく、早春のプリスポーンダイナマイトゲームです。

おそらく、ワカサギの産卵遡上なども関係して、バスは確実にシャローを目指します。(個体によっては、4m~6mがシャローのバスも居ます。)つまりディーププリってやつです。


大潮まわりについて

モチロン、最低水温期からの上昇傾向 + 大潮一発目は、かなりのプラス要素になります。ただ、本音は、超特大サイズは、確実にこの最低水温期からの1発目の大潮ですが、新春1発勝負の出るか出ないかの賭け的要素も強くなってきます。

ただ、本来のプリスポーンゲームは、3月中旬頃の大潮2回目ぐらいの方が、
より、水温が上がり易く(4℃~ の上昇傾向)でプリスポーンバスの個体が湖に多くなり、釣り易いと言えば釣り易くなりますね。




今シーズンは、ウインター期間(2月)も含めて、
少し早めにOPENいたしますのでよろしくお願いします。


2月中旬より、各種プランありますのでぜひご検討ください。



2月中旬~3月10日迄の料金プランです。

通常コース  7時~16時(実質8時間) 1名様 27000円 2名様 30000円

もし、早朝ディープに、特大バスが差してきたなら、7時スタートの通常コースがビッグバス率UP!!
モーニングバイトもありますので、7時~8時半頃は期待できますね!!!




2月17日~3月10日迄、ウインター料金プラン。

8時半時~16時  1名様 20000円 2名様 26000円

  いよいよ最低水温期の大寒の河口湖3℃から上昇傾向になりそうですね。
ただ、モーニングバイトタイムが無いのでもっとチャンスを求められる方は7時がいいですね。
  料金的には、お一人だと非常にリーズナブルなお値段設定となっております。
  まだまだ、日によっては、寒いかもしれません。
  ですが、新春1発目!!お得なウインタープランでガッチリ狙っちゃいましょう。 


遅出早上がりコース
8時~15時(実質7時間) 1名様 20000円 2名様 26000円
  ※暖かくなる時間帯でのレクチャーです。通常より価格が抑え目でオススメです♪


モーニングコース
7時~11時(4時間) 1名様 15000円 2名様 20000円


アフタヌーンコース
12時~16時(4時間半) 1名様 18000円  2名様 22000円


積雪の場合、日程を延期する場合もございます。
また、早朝凍結などによる、ボートの昇降が出来ない場合も、日によりありますのでご了承下さい。

2017.01.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



週末は、山中湖にいました。

平野ワンドは、やや氷結気味ですか、連日の爆風で流氷はバリバリになり、かつ、暖かさが戻り、溶け始めてそうですね。

河口湖も、南極観測隊なみに、バスボートもバリバリ解氷して進むみたいですが、この数日の暖かさで、すっきり溶けてそうです。


春の一発目が楽しみですね。

iPhoneから送信
2017.01.30 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本年度も、よろしくお願いいたします。

今年は、2月15日より、ガイドプラを開始、2月18日より河口湖ガイド・スタートをしたいと思います。

2月中~3月10日までは、ウインタープラン案内のお得料金でご案内いたします。(募集期間日程は、都合により、変更することもございます。)


詳細は、また、アップいたします。

また、積雪などで現場状況も変わりますので、ご理解の上、ご応募お待ちいたしております。
2017.01.30 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
pink.jpg

ドラゴンルアー イーモ

ドラゴンルアーより、イーモの写真を頂きました。
ほぼ製品版パッケージのようです。伝統工芸品並の芸術的な仕上がりです!!
まだ製品出荷は先のようですが、ぜひ、店頭で見かけたら要チェックです。


基本は、フォーリング&スイミングのブレードベイト。
今回は、フロントにもアイを設置。トレブルフックも装着できます。
ショートバイトが多い時は、トレブルフックを付けたり、
ハンマードやウィローリーフに変えたりもできたりと、本当に楽しみなアイテムですね♪


今回は、完全受注生産となっております。
お求めの方は、お近くのプロショップや小売店さんなどでお問合せてみて下さい。


2017.01.27 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドラゴンルアー イーモ

ドラゴンルアーズから、NEW ルアーが発売されます。

その名も!

イーモ  e-mo

imo.jpg

この写真は、イモグラブです。
ゲーリーさんにもARさんにもよくありますね。

ただし、河口湖はワーム禁止になりました。

その後、長年、温め続けた”イモグラブ系を発泡ウレタン”でイメージングしたものが実はあった。
その当時、イモグラブ系のシルエットにして、オフセットフックにしたり、マス針仕様にしたり。

ただ、やはり、ソフトベイトの波動と硬質素材の波動の違いは、バスを相手にしたら明らか。
よく、プロトモデルを桟橋にバックスライドで入れてました。
だが、本当に近寄ってくるもののバイトせず。
秋林プロが渾身でスローフォールまで調整したのになぜ!?
その後は、その時点では、まだまだ完成の日を見ることはなかった。


ただ、今回は違った。
あらゆる角度から、いろいろな遊び心を持たせてのセッティングで発売予定です!!

imo1.jpg

基本は、フォーリング&スイミングのブレードベイト。
この度は、フロントにもアイを設置。トレブルフックも装着できます。
リアにもブレードを装着出来るような遊び心。スイミングではいい感じです( ̄▽ ̄)
本当に楽しみなアイテムですね♪

今回は、完全受注生産となっているようです。
お求めの方は、お近くのプロショップや小売店さんなどでお問合せてみて下さいね。





2017.01.19 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
tadamaki_2013_20170113173258854.jpg

タダマキ132 ビッグミノーイング

ほぼ毎年恒例の冬季のビッグミノーのリリース。
毎年、12月~2月までの間に再リリースされている気がしますね。

いよいよノリーズHPのトピックスのロールアップでも公表されたとおり、
タダマキ112&132が再び新色を含め、新発売されそうな予感がします。


まず、本当に期待するカラーリングです!!

112_297_20151110231824a79.jpg

ダイラッカのパープルワカサギに代表されるように、パープルの色調を上部で止め、
ボディが銀色とややホワイト調のグッドカラーリングとなっております。期待大ですね!!

238_20170113162329fce.jpg

つぎに、HMワカサギ。ワカサギは河口湖の代表的なベイトフィッシュです。
毎年恒例ですが、確実にこのHMワカサギは、バスの大好物です。

240_201701131624471df.jpg

ライトニングハス
ここ最近、あまり再リリースしていなかったセレクトカラーですが、
実は、一番ビッグフィッシュを釣っているのはこのカラーかもしれない。

※ただし、どの色が店頭に出るかは分かりません。
 商品が店頭に並んでからのお楽しみに~お楽しみに~♪




艶めかしい系のオーロラカラー
 &もう一つのオレンジベリー


301.jpg

今年の新色で、おやっ!? っと思ったのが、新色のクリスタルオーロラゴースト。
ここのところの”アッパーカッター128・95 ショットオーバー7”で採用されているカラーですね。
インナープレートが入っていない(クリスタル)の透けるゴースト系カラーリングです。

どういう経緯でこのカラーリングが追加になったのかは、分かりませんが、
個人的なイメージ・実績・妄想を膨らませると、シラウオとワカサギカラーです。

シラウオ食いのバスをシャッドで釣るのに有効なのが、小型シャッド。
その小型シャッドで特にシラウオ食いに有効だったカラーが、艶めかしいプロブルーでしたね。
シラウオパターン・ワカサギパターン。バスがどのベイトをイメージしているかは現場次第ですが、オススメカラーになりそうです。


298.jpg

さてさて、パールアユオレンジベリーに続き、もう一つのオレンジベリーが発売されるようです。
というか・・・新色というより、なんだか馴染みのある色ですね。ライムアユオレンジベリー。
個人的には、オレンジベリーを使いこなせていませんが、期待しましょう!!


タダマキ132 神推しカラー!!

ここ5年間ぐらいの春からの実績のタダマキ132のジャークベイトゲーム。
実に公表した通りイチ推しカラーでも【神推し、激推し、推し】カラーの格付けが順々に存在します。

ちなみに・・・カラーリングの順位は、釣れた時の印象度によるもので、
例えば、バイトがガッツリ深かったとか、毎回50UPばかり釣れてくるとか。
ビッグバスが釣れれば釣れるほど、より「神カラー」へ近く、推しカラーは昇格します。

そして、いきなりロクマルが釣れた!とかのサプライズがあれば、
推し変で、いきなり、私の中のカラーリングに対する順位が変わってしまうこともあります。
そんなこんなでおさらになってしましたが!


神推し! オーロラゴースト!!

217_201511102300153df.jpg

不動の人気の安定のオーロラゴースト。
今年は、再生産のセレクト・カラーリングに含まれているのでしょうか?

tadamaki132_55_2015111023060820d.jpg

tadamaki132orola_20151110230609794.jpg



激推し! ハーフミラーワカサギ!

238_20151110230017ea9.jpg

P4270191450_20151110230910759.jpg

P4270166s_201511102309127c6.jpg



推しカラー! ライトニングハス

240_2015111023095781b.jpg

P4260157_20170113172526820.jpg

以前、ライターさんが釣られたロクマル級のフロリダモンスター!!

58cm_20170113172527ae7.jpg

ライトニングハスカラーでした!


P4020123450_20170113172655372.jpg

私も極寒の3月に、タダマキ132ライトニングハスで!

P4020103640s_2017011317265657d.jpg

デッカイ・モンスターバスでした!!

20150324_19450_201511102315040f5.jpg

まだまだライトニングハスねたあります!
これは、ライトニングハスが品薄になってからですね~。
時代はHMワカサギ全盛期でしたが、お客様の手持ちがハスで、かつ状況が濁っていてそれがプラス!

20150324_11_20150324214019dee_201511102315050c2.jpg

デッカイ、フロリダ系 モンスターバスでしたわ。


よ~く、見ると、たまにフックがシルバーですね。
これは、少し、厳冬期用にタダマキ132をフック交換のみのチューニングしてあります。
これは、このブログを読んでくださっている読者様はよ~くご存知だと思います。
またの機会にでも、フックで変わるシークレットを公開しようと思います。













2017.01.13 Fri l タダマキ132 l コメント (0) トラックバック (0) l top
15823472_1178436162279686_4140633350517301238_n.jpg

ルアーマガジン 2017年 2月号

只今、発売中のルアーマガジンさん!!
ノリーズプロスタッフの連載 ”Next Road Runner”のページ。
先月号からのモロシンくんからのバトンタッチにより、ワタクシの記事が公開中でございます。

Next Road Runner

”河口湖” メタル&スーパーディープクランクの記事

15871827_1178436168946352_7935799678968848110_n.jpg

The Road to STRONG FISHERMAN

亀山湖 伊藤プロのディープクランキングも見逃せない‼️

どうぞよろしくお願いいたします。


昨年の状況

さてさて、ワタクシ自身、まだ2016年の総括や反省をしていなかったですね。
昨年を振り返ってみると、トーナメントも少し参加してみたものの、全然いいとこなく終了。
ガイドのスーパービッグバス狙い釣果も、MAX60cmで59cmとか50後半とか。
正直、再び65オーバーの10lbオーバーが出ることなく、まだまだだなあと思ってます。

ただ、今後の反省としては、ガイド実績・リアルタイムな情報公開はあるものの、私達が率先してきてやってきたことのデータベースがきちんと過去ブログにあると、勉強熱心な方はすぐにマスター出来ます。情報=釣果に狭い湖は繋がります。ただただ、私の思考では、それが”今までのレベルで平均点”となるならば、次のステージを目指さなければなりません。よりもう一歩、進んだ技術などを開発しなきゃならないと思いました。


ノリーズブランドの人気爆発!!

続いて、かなり良かった点で言えば、ノリーズ・ルアーブランドがもの凄い勢いで人気が出てきたところです。
10月~11月の新商品ラッシュでひしひしと勢いを感じたのですが、それはもう凄い勢いでした。

霞ヶ浦・亀山湖方面からのソフトベイトの情報も入ってくるのですが、
今まで普通に店頭で購入出来ていた製品が、再リリース情報と共に一瞬でお店から消えるなどなど・・・
今まででは考えられないような、商品の流れや流通が起こっているのだなと思いました。



みんなは一人の為に

ひとりはみんなの為に


その釣れるルアーを伝達する・プロモーターとしての役割をスタッフ総出の力でもあるかと思います。

もし、私も少しながらお手伝い出来ているとすれば有難い限りです。


ビッグスプーンの継続的好調!

さて、河口湖だと、必然的にハードベイト・ワイーベイト・ジグベイツ中心になりますが、ノリーズ・ダイラッカは、何回生産しても、お客様になかなか行きわたらず、今回も売り切れ御免だったようで本当にありがたい事です。

2016年 晩秋に新商品として発売されましたビッグクランク。
今までは、一般のお客様は、大きいクランクベイトやビッグスプーンなどは正直ビビッて、キワモノ系扱い。
ダイラッカのサイズでさえ、まず最初に『こんなデカイルアーは釣れないよ』と言われました。

そして、結局店頭に最後まで残ってしまうような感じが多かったのですが、ここ数年は、きちんと釣れることが証明さているのか?
徐々に釣れるというイメージが浸透すると、あっという間にムーブメントと共に売り切れ御免でこれまたありがたい事です。
それが、大きいルアーだろうが、今までのロッド規格では投げれないようなルアーだろうが関係ない。

今年もどんなルアーが新商品として発売されるのでしょうか? こうご期待です!!!






2017.01.11 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
15780848_1171108903012412_166991836129770389_n.jpg

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年、2016年度は、たくさんの皆様に助けられた一年でもありました。
ガイドゲストのお客様をはじめ、スポンサー各社、本当にお世話になりました。
今年も変わらぬように全力投球でやっていきたいと思います!!


さてさて、お正月は、島根県と鳥取県などなでした。あと、出雲の国。
特に2016年末は雨が多く、2日間ずっと降ってたりとかなり日本海側は雨。

15781191_1173453566111279_3924287951781274079_n.jpg

年始の出雲大社。
偶然にも年始から急に天気が良くなり、ここ数年では最高のお天気の初詣。

15826626_1178401652283137_4164077763874298653_n.jpg

おみくじ

出雲大社は、吉とか凶とかで表さない

おみくじの内容は、それでもあまり良くない???


不意の災難あり


それでも・・・


一人は皆のために


皆は一人のために


精進を怠るな



判断は

失った物はみつからず

方位は北をめざそう

旅に出るのも良いのかと



そんな感じではございますが、今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。





2017.01.07 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakka_201612081743466d2.jpg

DAIRAKKA SEASON 7

先日、お蔭様で、DAIRAKKAも、いよいよシーズン7の発売。
店頭では、まずまず好評のようで、誠にありがたいことでございます。

今までの既存カラーの発売で、より釣れるカラーに絞った感じを見受けられました。
特に西湖で最高に釣れたカラーもあったり!!・・・でもとりあえずは、西湖は西湖記事で。
ここからは、河口湖の今年のダイラッカフィッシュの釣果報告です。


今年のダイラッカフィッシュ!!

今年もいろいろな出来事・ビッグフィッシュ捕獲がありましたね。
2016年度 ”ダイラッカ38g” による、私の今シーズンの釣果報告になります。

・・・ただ、いろいろ振り返ってみると、あんまし釣れてへん。
でもね~。ダイラッカでアタれば、確実に50UPでロクマル近いのも出てました。
数を足せばもうちょっと釣れていたかも???ですが、記憶に残るのは今年は3本でした。


河口湖のサマービッグスプーン開幕!!

bassmoti450.jpg

河口湖でもついに開幕!! ダイラッカ38gによるサマービッグスプーン!!


サマービッグスプーンその2.

dairakka_2016081220035764f.jpg

サマービッグスプーン&XDクランキングでのビッグゲーム!


bassmoti58450.jpg


オータム・ビッグスプーン開幕!!
 驚愕の58cm、ディープモンスターが登場!!


オータムビッグスプーン開幕!! ダイラッカ38gで58cm捕獲!!



今年は、春から初冬を振り返ってみれば、アフター以降はワカサギが浮き、
レイダウンミノーウエイクプロッププラスゲームが好調で、浮かせて釣る釣り方が多かった。

その分、ひょっとすると、ダイラッカで獲れたバスが少し減ったかも!?
まあ、それでも、レイダウンミノーウエイクプロッププラスが非常に有効性があるのが分かりました。



それと、水位がかなり低く、雨量も台風が来るまでは激少なく、
最終的に真夏には、アオコのような、白緑の濁りになりましたね。
その影響で、例年のクリアディープではなく、クランキングが効く夏でもありました。
まあ、適材適所でルアーチョイスをしてストロングなバスを狙うのが私のモットー。
レイダウンミノーウエイクプロッププラスゲームあり、XDクランキングあり、
そして、ダイラッカでのビッグスプーンゲームアリ!!いろいろな展開で楽しめましたね。



2016.12.17 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
15349751_1152020768254559_8134973397462517187_n.jpg

ここ最近、晩秋のモンスターバスラッシュで激忙しかった時期も落ち着き、
12月に入ってすこしゆとりが持てましたので、いろいろとやりたかった作業。
つまり、大掃除&ボートのパワーアップなどなどです。

まず、半年に一度、ボートの両サイドを、ボートポリッシュで簡単に。
 ※ボートポリッシュ 汚れ落としと、ワックス剤がMIXされているモノ。

そこから、船内の電装系・ビルジ系などをパワーアップする作業をやっていますね。


JCI 船舶検査

そして、本日は、法律で義務付けられている船舶検査の本検査の日。
関東、河口湖界隈では、毎週木曜日(ハイシーズン時)ですが、
冬季は、1ヶ月に1回のみのスケジュールですので、本年度は、今日が最終日。


本検査でいろいろチェック項目がありましたが、無事に検査終了(#^^#)
エンジンを乗せ換えたり、エレキを入れ替えても臨時検査が必要なようです(^^)
もしや・・・と思った方は、お早目に臨時検査をやってみてもいいかもですね。!(^^)!


15439735_1154850587971577_3824834862843876745_n.jpg

そうそう・・・法定備品で必要なライフジャケットですが、いわゆる桜マーク。
桜マーク = 国交省承認ライフベストでお馴染みのオレンジのライジャケにも裏側に刻印されてます。
ノリーズのライフジャケットも、よ~く、ライフジャケットを開いてみると国交省承認品です。
つまり、このノリーズライフジャケットも、法定美品なのです(ほほぅ~。)

15420906_1154850614638241_734651309129611432_n.jpg

ただ、ボンベは、定期的に交換して下さいとJCI職員さん。
そして、10年経過したようなボンベ式ライフベストは、チェックすることもありますとか。
安全第一の遊びですからね。バランスに自信の無い方は、必ずオレンジをオススメしますね。




2016.12.15 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年も早いモノで12月になりましたね。
太平洋側の気候で晴れのが多い河口湖界隈。
しかも、地球温暖化で、12月中旬と言えど、まだまだ水温が10℃もある状況です。


本日は、1名様と遅出の9時よりウインタータイムで出航。
ここ最近の土日は、霧だろうが冷え込みだろうが、
何が何でも釣ってやるというアングラーが朝早くから越冬エリアでガンガンやってます、。

9時スタートなのでどうでしょう? と思いつつやってみるもバイトは無し。

水温は、鵜の島より西側で10℃。鵜の島より東側でも10℃。
日中でも晴れれば、10.2℃まで上昇して、9℃台に入ることはなかったですね。

bass267.jpg

日中のタイミングで、コバスがヒット! これはこれで楽しいですね。

午後も、もうワンバイト、引き込まれるようなアタリががありましたが、フックアップせず。

夕マヅメもチャンスがありそうでしたが、活性があがらない???

晴天でピーカンだと夕方はちょっと厳しかったかも?なかなか難しい1日でした



12月 河口湖ガイド募集中です!!
只今、水温10℃で、冬と言えど、まだ湖水が暖かい河口湖!!
次の寒波が来るまでは、まだチャンスあります!!!



12月スケジュール

12月13日 〇
12月14日 〇
12月15日 〇
12月16日 〇
12月17日 〇
12月18日 〇
12月19日 〇
12月20日 〇
12月21日 〇 (都合により、ウインタープランの9時スタートのみ)
12月22日 〇 (都合により、ウインタープランの9時スタートのみ)


※本年度は、12月22日いっぱいで、河口湖ガイド募集終了となります。
 まだまだ、あと10日ありますね!!平日は、湖も貸し切りなので、ぜひおススメ!!



















2016.12.12 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、お馴染みのお客様2名様と出航しました。
さぁ、いざ、ウィンターバスフィッシングでバボバボやなぁ~。と思った日曜日。

それもそのはずですが、例年の冬の土日は、まさしく、熱血アングラーが船団化。
霧でGPSでスロー走行でポイントへ向かうも7時台でも、
船団化しているエリアは、ボートが消えたり映えたりと現像的。

だが、やは~り、前日にビッグバスが出たスポットにも均等割り付けで船団化。
まあ、別のスポットもあるので、越冬エリアの点と点をスピードチェックしながらの釣り。



だが、前日によく叩かれているのか?なかなかバイトが遠い。

午後になり、ギュイーーーン!! と、ビッグバイトか~!?
2.5lbラインと、ウルトラフィネスロッドが、曲がりまくるもあがってきたのは~。

obass.jpg

まあまあサイズでした。
よそ目に、メタルバイブ集団も多く、メタルバイブでやりまくっていてたまに釣れてる。
でも、ソフトマテリアルの底質でも釣れている。どっちもどっちか~。

なんて思っており、さぁ、地合いのイブニングタイム。
午後から強風になってしまい、さらに、船団フィーバー化してしまい、バイトも無く本日終了。
まあ、釣れそうで釣れなさそうで。引き運もなかなか持っていなかった一日だった。




2016.12.11 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析