200901310003450.jpg

おとといは大雨、きのうは大風。今日も激荒れ。
天候が荒れている日には、屋内でじっくりする今シーズンへ向けての準備作業。
実際は、筋トレ、ルアー作製、ルアーチューン、読書です。

レシピ

料理にもレシピがあるように、ルアー作りにもレシピがあります。
または、ルアーの設計図と言ってもいいような感じがします。

よく釣れたルアーはそのままにして「なぜ釣れたか?」をよく考えてみる。
そのままお宝タックルボックスにしまっておくのもよし、さらに使い込んでみるのもよし。

お宝ボックスにしまわれた超一軍の「いわば歴戦のつわもの」のルアーは時を経て復活。
むしろ、リメイクという形で同じような形状をしたコピールアーとして複製される。


それがスモールラバージグ。
私の独断の釣れ筋の秘密の形を次々とコピーして大量作製。
ただし、平行作業でさらに釣れる形を追求していくことも忘れない。


料理でも同じように秘伝のタレとかソースとかレシピがあるが、
やはり苦労に苦労を重ねて編み出された結果が、一つのカタチとなって世に生まれる。
そして、生まれたカタチの原料や分量は必ず、ノートに記載されてレシピになっていると思う。

20090202121904.jpg

スモールラバージグも同じく、ベース本体はジグヘッド。
ナポリソースで言い換えれば、ベースはトマトソースなのでしょうか。

ベースのジグヘッドに多種多様なカラーリングのラバーやラバーの太さをチョイス、
時に、ラバーの太さやカラーを混合したタイプのスモールラバージグまで思いつきで作製。

全てはガイドの来てくれるお客様の為に!!
爆釣して頂く為にも、ルアーのスタンバイはしっかりと。
そして、私用で使う場合は、他を圧倒するような釣果を叩き出すルアーを作りたい。
それは、自分だけ釣れる必殺ルアー。シーズナルな実績を元に考えぬいた形がある。
さらに、カラーバリエーションなどを持たせて、人とは違う形でさらに釣果を伸ばしたいと思う!!

1058352751_23.jpg

話はそれるが、最近話題の「東大生の○○系シリーズ」のなかでもベストセラーの本。
レシピもそうだけど、キャンパスノートに書く。ノートに書くこと自体の意味があるそうです。

ビッグベイト改造着手

200901310004300.jpg

つづいて、ジョインテッドクロー改造にも着手しようと思っています。
ジョインテッドクローは、どノーマルでも釣れるS字系の終着駅のようなルアーですが、
さらなる改造を施すことによって、もっとパワーアップ出来るルアーなんじゃないかと思った。

ノートの下部分には数々の改造の為のアイデアが書いてあるが、シークレット。
先人達のいろいろな知恵と知識を生かした改造法が書いてあります。

20090202125637.jpg

アメリカのKVDのセクシーシャッドみたいに、カラーまでこだわってみるのもいいかも?
※改造の以前に、限定カラーのオイカワやギルが存在する。この時点でアドバンテージ?

200901150007.jpg

※写真は、フランスルアーのソルトカラー(涙) 淡水系のカラーだったら。

さらに、おもろい話で、江戸前から頂くアメリカのVTRをたまにみているんだけど、
アメリカの流行のビッグベイトシーンをテレビで実際に目の当たりにするのはやっぱり凄い!!
デッカイギル系ルアーやジョインテッドクローの3連結みたいなやつとか・・・
でも、実際はほとんど日本に売っていることは少なく、手に入れさえすれば・・・

ひょっとするとビッグバス連発!!
誰も使っていないルアーは、爆釣のロマンが待っているのかもしれませんね♪
スポンサーサイト
2009.02.01 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/909-4641573f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析