200901210003450.jpg

いくぞっ!!冬の河口湖出撃♪

今日のスタートは、早朝からお知り合いのラジコン飛行機が墜落からはじまった。
ちょっと遅れて9時半にシッコゴ公園裏に集合。暖かかったので速攻準備で出撃しました。
そして河口湖は夕方から雪予報ということでしたが、日中の気温は暖かかった。


寒さを体感、耐寒。

本日のテーマは、ウインターバスフィッシングの湖上偵察。
今年からのテーマだった「極めるビッグベイトゲーム」のルアーの動きをチェックしました。
実は最近、いろいろなルートでルアーを収集、改造を試みたり、空想にふけっています。

本日の出航時10時の体感気温は暖かく、やはり雪の降る日は冬でもまずまず。
それでも、やっぱり極寒地なので風が吹くと寒く、厚手の防寒着を着ての出航。

本日の「寒さレベルは1.」と確定しました。最高レベル5まで。

まだまだ暖かい冬の感じで、過去の南極観測帯バリの、
湖上が凍って流氷だらけの、氷を砕いてボートで突進!!のようなバリバリバリューはなく、
足下も心まで冷えるような冷たさは無く、まだまだイケルぞっ!!!

200802030001_02.jpg

ここまで来るとヤバイ!! 昨年、2008年2月の模様。
これが、寒さMAXレベル5だとすると、今日はかなり暖かい気候なのです。


冬の河口湖の水中

冬になると、水の比重の関係なのか、河口湖はクリアウォーターになる傾向がある。
水中の浮遊物が消えて、底に沈殿する為か、透き通っているが生命感がない水のよう。
本日の最大透明度は4mぐらいで、底が丸見えでサカナはほとんどいない状況。
さらに、気温は低いがだんだんと減水傾向というのが冬の湖の特徴。



ウインターバスフィッシングパターンとしては、超ディープの越冬系、ひなたぼっこ系、
ブレイク回遊系などなどいろいろなタイプのバスがいるが、今回の狙いはサイトフィッシング。
暖かくなった溶岩帯の上に乗っかっているひなたぼっこしているバスを確認して、
まわりのベイトにあわせたルアーを投入して、反応を確認する釣りにしました。


本日の結果は、バス発見1本、鯉一匹でした。
例年通りにバスがひなたぼっこしているエリアは、まわりにベイトがいないのか?
日が差してくるタイミングや、ウィードの少なさなのか、バスはいませんでした。
これは、まだディープが暖かいような感じで、本当にディープが冷え切っていない限り、
デカバスはシャローにいないと思われるような感じの今日の湖の状況でした。


湖上のルアーチェック

さて、別テーマとして、ビッグベイトの動きを確認してみました。
ニジマス系ビッグベイト、オイカワ系ビッグベイト、ギル系ビッグベイト。
各種ルアーが揃って、まんまベイト釣方により、デカバスをだまして釣りたいですね♪

200901210001.jpg

ちなみに、ルアー名や裏ルートは非公開。
私のタックルボックスを見に来たガイドのお客様だけに公表しよう。


※冬季ガイドもはじめました。
さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!




追記:そんなこんなで暖かかった河口湖も、夜にはいい降りの雪になりました。
  土曜日までは、ちょっと路面もヤバそうなので、富士五湖方面へお越しの人はお気をつけて。
スポンサーサイト
2009.01.21 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/901-9371400d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析