200810020002.jpg

秋の飽きない河口湖

今日は、朝一は雨足の強い雨でしたが、次第にお天気は曇り空へ。
本日は、釣り教室・ガイドのご依頼はなかったのですが、
移り行く秋の河口湖と、いろいろな釣りを発見することが出来ました。

そして、河口湖も気温の低下でだんだんと山々は紅葉。
富士山も風景画のように山頂は白く雪が積もってまさしく絶景!!


ワカサギの試し釣り

今日は、午後より1時間ほどワカサギの釣果を試しに3人で出航。
定番のポイントに付くや否や、巨大なワカサギの群れに遭遇。

きょうまで、これほど大きな群れの形成はなかったのですが、
ワカサギのサイズも大きいのか?水温低下と共に大きな群れで深い場所を回遊。

この時期のワカサギの特徴として、朝夕は食いがよく紅サシや赤虫で釣れる。
日中は、大きな群れで中層を高速回遊して、非常に釣りにくい状況となる。

お昼頃からの出船の為、やはりワカサギの群れの回遊は早く、
一瞬で群れが溜まっているすり鉢状のピンスポット周辺10m範囲ををぐるぐる回遊。
そして、本当にエサの赤虫を食うための溶岩質で溜まっている時だけバイトが出る感じ。
1時間ぐらいの試し釣りでしたが、3人で15匹とまずまずの釣果となりました。

20081008172245.jpg


最大魚は、驚き!の20cm。平均9cmぐらいのサイズ。
夕方まで釣り続ければ50匹程度のワカサギが釣れました。
アタリは多く、竿先がブルブルしていい気持ちいい~♪

ワカサギの群れがいきなりエサを食うタイミングでは、次々に竿がしなるが、
群れが移動すると、次のアタリまでがちょっと遠いのがお昼の釣りですね。
私を陸に降ろして、そのまま釣りつづけたお客様はそのまま釣り続けて総合50本程度。
柔らか目のバスロッドの用意しかなかったのですが、赤虫やワカサギ竿を使えば、
もっともっと釣果は倍近くまで伸びたのに違いありません!!

シャローの攻め&ディープのワカサギパターン

ここ数日でターンオーバーも落ち着き、活性が回復しつつあります。
シャローではトップウォーター、ウィードがらみではスピナーベイト、クランクベイト。
今日もここだけの話のシークレットスポットで、スピナーベイトで50cmが釣れてました。

最近の傾向としては、曇りや雨の日は巻物でぜんぜんOK!!
強い攻めの釣りをやりきってこそ、デカバスのチャンスと遭遇が高確率であります。

これが、一変して晴れになったらどうなるのかわかりませんが、
今現在の状況として、水温が20度前後で、ディープにもワカサギがいるので、
タフった時こそ、リアクションを生かしたメタルジグ、ディープクランクが効果的ではないかと。

200809220004.jpg

河口湖のディープと言えばメタルジグ。
そして、河口湖産のベイトを模したロコベイツブランドがこれから流行!?

200809220006350.jpg

アイスジグ系のスカルピン、ホプキンス系のシューティングメタルの出番は今か今かと。
さあ、今週の秋の河口湖は、ブラックバスにワカサギに釣りシーズン到来。
自然溢れる河口湖でおもいっきりリフレッシュして、釣りを楽しみましょう♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

さかなや釣果情報更新!!
スポンサーサイト
2008.10.08 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/858-aeef09c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析