200809240007.jpg

ベイトキャスティング

本日は、午後から半日コースでバスフィッシング初めて?のお客様を乗せて。
淡水のフライフィッシング、オフショアのシイラ、などがメインで、
スピニングはもちろんOKですが、今回は「ベイトリール初使用」ということで。

お客様のリールは「made in sweeden 」の刻印のAbu。
今風のロッドのフェンウィックエリートシリーズとのセッティングが眩しい。

まずは1時間ぐらいベイトリールの各部分のご説明、キャスティング練習。
風が少しありましたので、風裏のウィードエリアを流すことにしました。

キャスティング技術、飛距離には個人差がありますが、
本日のお客様はなかなかの腕前で、「よしっ!いけるぞ!!」と判断して、
強気のマシンガンキャスト・パワーフィッシングを展開しました。

秋のパワーフィッシング

秋にバスが入ってくる、ウィードベルトゾーン、湧水系ディープゾーン、
沖の水通しのいいハンプ系を要所要所のルアーで流していく・・・
時にバックラッシュありと、ルアーがバキューンとロケットしましたが、
初ベイトキャスティングリールの釣りは、技術向上・無事に終了しました。
ただ、これにデカバス付きの釣果が付いてくれれば・・・問題なしでしたが。

強気のフィッシングでイケイケと判断してしまい、惜しくもバイトはありませんでした。
本当に適水温でいい時期なので、次回に期待しましょう♪
スポンサーサイト
2008.09.24 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/846-09dd29ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析