FC2ブログ
moblog_613032f5.jpg

雨のハイプレッシャー

本日は、超常連のお客様1名様と出航しました。
気温8℃~12℃の冷たい雨の日で、関東ブロック決勝大会のトーナメント日でもある。
湖上にアングラーは多く、比較的ハイプレッシャーでした。

土曜日の混雑状況と合わせると、連日のハイプレッシャーとなり、
低気圧ですがちょっと厳しいかな~と内心ちょっと心配しておりましたが!

モーニング 1発!!

伝家の宝刀・伝統のラバージグゲームを展開すると・・・
ゴゴゴッとひったくられるような、激バイトでロッドが持っていかれる!!
すかさずカウンターで合わせるとずっしりとした重量感!!!

キターーー!!!!

bass47_edited-1.jpg

秋爆を連想させる、
 ゴン太・タヌキバス登場!!


image1_20181031205025a05.jpeg

お腹もぽんぽこタヌキバス!

その後も、ビッグバイトを狙って行きますが・・・
原因不明のノセれないショートバイトが1回。これも多分デカいんちゃうかな~。


午後イチの2発目!!

そして、タイミングが変化した午後イチ。
なんだかロクマルモンスターハントが出来そうな雰囲気なのでさらに狙ってみることに。

そして今度は、一気に浮上するバイトを的確に捉え!!

キターーー!!!
さらに浮上してくるビッグサイズ!!
ボート際の突っ込みもかわし


mg.jpeg

再びビッグバス降臨!!
いや~、デカバス神ってますね。


ただ、ここまでは、もちろんロクマルいかないサイズなので、
さらにサイズアップ&新しい釣り方を試行錯誤しながら展開する。

実際、2キロクラス2本でイケイケなんですが、これ以上を狙う展開になってしまう。
ただ、あと・・・新調したアンタレスDCのパーフェクトセッティングも試みるのも楽しみ。


夕方の巻きゲーム!!

そして、15時頃からマグナムクランク展開。
NEWアンタレスDC & アメリカンロングロッド de ぶん投げてバイトを誘う!!

そして、ついに!
 ショットオーバー7が超炸裂!!


bass51450_201810282155034ba.jpg

XDクランキングの極意!!
 ショットオーバーセブンの衝撃!!!


shotover7mouth450.jpg

フロントフックにガッチリ!!
ウィードスタック後の、
ライジングバイトを捉えたのもお見事!


そんなこんなで、本日はロクマルはでなかったものの2キロクラス3本キャッチ。
いよいよプチ秋爆ですね~。プレッシャーが無いような火曜日~木曜日は超お勧めです。



そういえば・・・XDクランキングのヒントをプチ暴露!!

個人的にですが・・・私はショットオーバー7しか使いません!!

アメリカンルアーでは、双璧をなす、ストライクキング10XDもありますが。


個人的感想ですが、ストライクキング10XDは、クランクらしいパワフルな動き。

イメージで言うと琵琶湖の比較的プレッシャーが少ないエリアでバスを呼ぶ感じですね。

あと、ボトムノックなど、底をガリガリ、ボディのパワフルな左右の揺れで砂を蹴散らすのがいいですね。

ただ、河口湖のようなスレているバスには、琵琶湖系の動きは逆効果です。

統計的ですが、散々投げたおしまたが、レギュラーサイズの38~40ちょいが多いですね。

ただし、ターンオーバーなどの超激濁りだと逆にいいかもしれませんね。

色は・・・ホログラム や ゴースト系が無くベタ塗りなので、あまり選択肢が無いのもちょっと残念。




対して、私のXDクランキング率 指名100%のショットオーバー7ですが。

ちょっと大きい”シャッド”だと思っております。

動きがまずローリング主体のベイトライクな動き。

これに、私の伝統カラーのホログラムフラッシングギルと合わせると、

まるでミラーボールのように、ボディで光を乱反射して生き物のようなフラッシングを生みます。

ショットオーバー7には、ハーフミラーカラーや、ゴースト系カラー、ホログラムフラッシングギルなどの細かいカラーがあります。

そして、水質に合わせた細かいカラーローテーションが出来ます。

シャッドということで、中層が得意です!!

gyotan.jpeg

分かりやすいのがこんな感じ。

ちょっとヒントを言い過ぎですが・・・・ベイトの層に合わせて巻いてみるのもいいですね。

巻き出しリール3~4回転ぐらいでもゴゴッっとビッグバイトが出るのも特徴です。

あと、統計的に見ても、賢いバスでも騙せるのか?

50オーバー率が格段に高いのがこのショットオーバー7

過去にはロクマルもあがっております。

まあ、あとは、”信じて巻いてみよう”が合言葉。

いろいろなXDクランクが発売されておりますが、それぞれに個々に特徴があります。

シチュエーションに合わせて使ってみると、さらに面白い展開がまっているかもですね。

それよりなによりも・・・やっぱり”信じて巻いてみよう”が合言葉。








スポンサーサイト
2018.10.26 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/4037-98bf62a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析