size_20171106141950ff1.jpg

河口湖・シャロークランキング!!

本日は、ノリーズ・田辺哲男代表と伊藤巧プロと私の3人でシャロークランクゲーム!!
前回、田辺さんは、ショットストーミーマグナム(ミッドプロト)でのマグナムテスト。
まぁまぁ、直近の出来事でしたがぁ(汗)またまた、大変貴重なお話ありがとうございます。

さて、今回も、お天気は、快晴どピーカンべた凪。
水温は、前回18℃前後だったのが、早朝15℃前後で巻きモノには最終章ぐらいか!?
そして、やはり、雲一つない快晴でやはりクランキングには厳しい激タフコンディション??

それでも、放射冷却の霧が晴れる水温上昇のタイミングから、
水温上昇とともに、バイトもポツポツ出始め、シャロークランキングゲームは好調。

t1--.jpg

田辺さんお手製のシャロークランク(プロト) 1.5m以内 好調!!

t2--.jpg

エキスパートが揃うとガンガン釣れます!

斬新すぎる・・・
 シャロークランクテスト風景


今回のテーマは、シャロークランク。
実に、水深1.5m前後とトレースするクランキング。よりシャローモデルは1mですね。
つまり、どんなに水深があっても、引いてくるレンジ水深1.5m以内のゲームになります。

斬新すぎて・・・
普段はありとあらゆる秋場所ピンスポット、晩秋にモンスター確立が高いゲームをやります。
それを、水深1.5m以内のクランキングオンリーでやろうという冒険なんです!!

その中でも、本当に釣れるアクションなどを追及してのテスト釣行。
しかも、日本全国でも、日本一、超がつくほどの有効水面面積に対しての人的プレッシャーの湖。

そのなかで、やはり、よりハイプレッシャー下でも、
  【バスがルアーを選ぶ基準のようなシャロークランク】 を選んでのゲームなんです。

田辺さんは妥協しない。
実際、売れるルアーを作るのではなく、釣れるルアーを作る。
そして、ルアーテストは、実際に様々なフィールドに出向いてバスに聞いてみる。
バスに聞いてみて、一番釣れるモデルなどをより改良を重ねたりして最終モデルになるということ。
そういった姿勢を、楽しい釣りではありますが、ルアーテストの中からしみじみ感じられました。


そしてそして・・・日中に差し掛かる前。
かなり日差しが高くなって、なかなかタフだな。そう思っていた矢先・・・

このクランク、動きが美しく釣れそう!

なんて、言っていたすぐ直後のバイトでビックリ!!

shotober.jpg

私が釣っちゃいました!!
田辺さんお手製のシャロークランク(プロトモデル)を1.5mレンジにて。

本日は、田辺さんのエリアチョイスだったり、
ボートコースのトレースコントロールだったので、本当にこのパターンもあるぞ!!
って、出来事に目が鱗で感激しまくりでした。


big.jpg

実に、台風前までは陸だったエリア・・・ここからデカバスが出るとは!!
こういった、ウィードでは無く、冠水植物ゾーンでも、ベイトさえあれば、バスは差してくる。
そういった、新たなゲームの一駒を教えて頂きまして本当にありがとうございます。


f1.jpg

そんなこんなで本日も夕暮れまでみっちとクランキング道場でした。
エキスパートが揃えば、一気に数もスコアも稼げて、気付けば二桁釣果!!

本日は、船中49cmを筆頭に、
 オールクランキングゲームで10本!!


クランキングゲームをマスターされてみたい方、お待ちしております。










スポンサーサイト
2017.11.03 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3839-7abb3b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析