hbsp_top_rd.jpg


いよいよ、ノリーズ・ロッドブランドからHBスペシャルがリニューアル。
NEWハードベイトスペシャルが発売中でございます。

先行発売として、HB-760Lが発売されました。

Rod_20170929091010bd5.jpg

ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB760L ― AWAY DISTANCE LT(アウェイディスタンスライト)
ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB760M ― AWAY DISTANCE MID(アウェイディスタンスミッド)


ハードベイトシリーズのロングロッドは、
オープンウォーターの多い河口湖では、巻きモノでは絶対に欠かせないアイテムです。

初夏のアフタースピナーベイトゲーム!
夏の夕方のスクーリング狙いのスピナーベイトゲーム!!
秋の・・・やはり、ターンオーバー期のスピナーベイトゲーム!!!

moblog_1e404810.jpg


あらゆる場面で、スピナーベイトの巻きのゲームが必要とされているシーンでは、760シリーズのロングロッドが出番です。
発売中のHB-760L で絶対的な組み合わせは、ディーパーレンジ 1/2ozのスローローリング。
後日発売になりますが、HB-760Mと併用するとさらに、使用できるルアーウエイトのバリエーションが増えます。
HB-760M で絶対的な組み合わせは、ディーパーレンジ 3/4oz、ショットオーバー4&5 などの巻きモノです。

おさらいですが・・・
HB-760L で7g~14g程度のライト~ミドル級のファーストムービングルアーをチョイス。
HB-760M では、14g~21gのミドル級ルアーをチョイス。
それと、ウィードを切る作業が必要だったりすると、Mクラスの方がベストです。


個人的に相性のいいリールですが、カルカッタコンクエスト100シリーズなどがいいでしょう。
いろいろ試しましたが、カルカッタコンクエスト200だとちょっとリールが大きく感じますね。
今は、丸形リールでもハイギアがある時代です。
カルカッタコンクエスト100シリーズの5.8ギアモデルだと、安定してスローに引けます。


余談ですが、じゃあ、ハイギアのリールでゆっくり巻くいいんじゃない?
そう思われそうですが、実際は、リーリングの際にちょっとぎこちないです。
わずかですが、リーリング時のブレも出てくるので、ローギアで巻きやすい速度で一定のスピードで巻くのがコツです。
 ※(ウィードのトップの水面バジングなどは、逆にハイギアがオススメ。)


昔から・・・ローギアで早巻きはOKですが!
ハイギアで遅巻はNGです。ただ、ハイギアで早巻きはOKです。

人間ってものは、やはり、自分に合った適切なリズムがあります。
その適切なリズムこそ、一定速で巻ける安定のリズムだと思っております。

ぜひ、この秋に、
 スピナーベイティングをお試しください!!




スポンサーサイト
2017.09.29 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3808-ff6d591d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析