4月中旬からGW

2017・春 少し早い春で、ちょうど4月中旬頃からバスがシャローへ入ってきましたね。
表層系ぷかぷかミノーイング・ビッグベイト&ジャイアントベイトゲームが好調でした。

bass50luremaga.jpg

bass50450.jpg

bass49450.jpg

連日、ワンチャンスからスリーチャンスまである日もあったりで、
ビッグバスラッシュとなった春から初夏の河口湖のストロングゲーム展開。

bass48.jpg

bassfihsing.jpg

ただただ・・・毎年のことながら60オーバーも視野に入れていたのですが。
なかなかフロリダ系のタイミングが合わず、ノーザンラージの50サイズが多かった日もあったり。
そして、今年は、私も水面炸裂でもバレてしまったり、表層マニアの獲れる確率も上げたい。

bass46450.jpg

monserbassblog.jpg

それでも、ゲストさんは、表層マニアで、ガンガン釣っちゃってくれています。
なんやろ~な~。獲れる時は獲れるし、やはり、バスが食った時とかもタイミング次第でしょう。

bass1_20170416195250efd.jpg

bass2_2017041620013509c.jpg

今週あたりから、ウィードも芽を出しましたので、
シャローゲームと併用してミドル&ディープウォーターももしかすると!?

ただ、昨年は、シャローにバスが入っているのにも関わらず、
急深エリアのぷかぷかゲームでもアフターフィッシュが水面炸裂してました!!
そんな感じで今年のワカサギの動向の傾向ははどうなんでしょう?

ワカサギは、1年魚といいますが、明らかな2年魚の群れもいます。
そして、ワカサギは、例えば、1匹の個体がいて1回の産卵で終わるわけではなく、サイズによりけりですが、大きいと2回・3回に分けて接岸して産卵すると思います。つまり、接岸(水深0~50cm)→アフター(水深6~8m)→接岸 これを繰り返します。その後、生きていれば2年魚でディープウォーターにもいる可能性が高い!!

そして、今年のワカサギは環境に適応して強い気がする。
朝方の表層の瀕死ぴくぴくワカサギは、いつものことですが、量が昨年より少ない。
昨年より少なければ、よりルアーに反応しやすくなっている気もしますね。
今後のフロリダ系のスーパープリスポーンダイナマイトの表層マニアも目が離せません!!

毎年恒例のラバージグゲームより、表層マニアが熱くなるかなぁ~。
もちろん、一撃必殺のビッグスプーン・ダイラッカのプレミアムシルバーも超気になるところ。
あと、ワカサギの群れを演出する、ディーパーレンジ3/4ozにも超期待ですね!!



スポンサーサイト
2017.05.06 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3711-962c9f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析