逆さ富士

本日は、お馴染みのお客様1名様と出航しました。
朝から・・・エッ!! って感じで、車もフロントガラスも凍っておりちょっと複雑。





朝7時の水温は5.7℃と再び5℃台。
冷え込んだ朝なので、スタートはワカサギフィーディング系からやってみることに。
ただ、あまりワカサギの回遊や動きは少ないのか?バイトが遠い。
そうこうしているうちに、トーナメントもはじまりはじまりハイプレッシャーとなる。

気温がぐんぐん上昇して、日中はポカポカ陽気で、確実にシャローへバスは差している。
各エリアでバスをみたり気配を感じたりして、一日の流れでパターンをいろいろシフト。
ただ・・・なかなかバイトが遠く、お昼頃から、曇りだし、西風爆風となる。


夕まづめタイムに差し掛かる前に、再び、ワカサギフィーディングパターンへシフトするもバイトは出ずに終了。
結局、本日は金曜日からのハイプレッシャーで釣れにくいのか?
ただ、トーナメントの検量・総匹数も、45UP以上のサイズながら6本釣れていた。
まあ、湖全体でグッドサイズのバス6本は、アベレージの数ぐらいだと思いますが、
なんとか、もうちょっとガンガンバスがあがってきてほしいものですね。


ここのところ、バスは活発にシャローへ入ってきております。
ただ、水温が低いのと、ベイトの接岸が少なく、ちょっとやる気と性格が気難しい感じですね。
これが、グッと気温上昇、ワカサギの接岸などはじまれば、フィーバーの予感。
いつはじまるか分からない、プリスポーン・フィーバーですので、お早目のご予約をお待ちしております。
スポンサーサイト
2017.03.18 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3663-87ee65ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析