LTT_buttom.jpg

パワーフィッシング

本日は、ロッドの話をしてみましょう。
春夏秋冬・あらゆるハードベイト&ラバージグで攻略する河口湖。
主にパワーフィッシング中心の展開で、ロッドとリールのタックルシステムを一部紹介。

12419241_987859457996948_1473531550648564962_o.jpg

LTT690PH
  Parabolic Heavy Versatile


ロッドのパワー表記は、3/8oz~2oz
主にヘビーウエイトのルアーやラバージグを中心としたロッドです。

個人的には、ショットオーバー7をメインとしたロッド。
また、ジョインテッドクローなどの2ozクラスのビッグベイトのショートキャストも!!


例 : LTT690PH & ギア比 5~6.2 ベイトリール(フロロ14~16lb) 巻き物
    
    LTT690PH & ギア比 7~8  ベイトリール(フロロ20lb・ナイロン25lb)ビッグベイト


LTT6100H
  Slow rolling Heavy cover


こちらも、ロングセラーで使用頻度の高い大人気のロッド。
個人的には、ダイラッカ38g、ガンタージグフリップなどのヘビージグ系で使用。
ボトム系の釣り方は、感度重視のストラクチャーですが、ウィードの釣りは6100H
特に秋口のウィードが伸びている状況では、パワーを必要とするのでこのロッドですね。

例 :  LTT6100H & ギア比 7~8.5  ベイトリール
  ダイラッカ (フロロ20lb) ガンタージグフリップ (フロロ16lb)


また、サブネームでスローローリングもありますが、個人的には HB-760M を使用。
河口湖でより長いディスタンスをスローに引けるのが760Mの長さがちょうどいいのです。



こうしてみると、この2機種のパワーフィッシングロッドは、
ビッグベイト・ビッグスプーン・ビッグクランク・ヘビージグとあらゆる釣り方に対応出来ます。
ただ、リールのギア比、ラインの太さがそれぞれ違いますので、各2本ずつ、計4本欲しいとこですねw
まあ、フローティングのビッグベイトもやるなら・・・5本ですねww


例 : LTT690PH & ギア比 5~6.2 ベイトリール(フロロ14~16lb) ショットオーバー7   
    LTT690PH & ギア比 7~8  ベイトリール(フロロ20lb)シンキングビッグベイト
    LTT690PH & ギア比 8  ベイトリール(ナイロン25lb)フローティングビッグベイト

    LTT6100H & ギア比 7~8  ベイトリール  ダイラッカ (フロロ20lb)
    LTT6100H & ギア比 7~8.5 ベイトリール ガンタージグフリップ (フロロ16lb)





LTT680MH
  Retrieve & Worming Versatile


ロッドのサブネームにリトリーブという表現があるように、巻きで使えるロッド。
主にタダマキ132を使用して、春のプリスポーンダイナマイトを狙い撃ちします。

例 :  LTT680MH & ギア比 6.2 ベイトリール(フロロ14lb)  タダマキ132



そんな感じでいろいろなシチュエーションに合わせて、ロッド&リールをセッティング。
ただ、これは、私のほんの一部のタックルシステムです。
ショートグリップが好きな方は、640MLが調子良かったり、それはひとそれぞれなので。

スポンサーサイト
2016.04.09 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3409-9cc4ea23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析