yuki_20160405220607a0c.jpg

今シーズンの春中盤戦のおさらい。
まずは、冬季からおさらい。個人的におさらいしてみます。

暖冬とワカサギシャロー越冬組

今季の冬は、東日本は暖かったようで、水温も極寒・寒冷地の1℃~3℃まで下がらず、全面凍結ももちろん無く、水温5℃以上だったようです。つまり、よりディープウォーターへバスが移動することはせずに、シャロー越冬組も多かったと予想されます。
加えて、ワカサギの豊作で、湖のどのレンジにもベイトがいることで、個体差もありますが、バスはより快適なレンジを求めて生活圏に居続けます。

さて、そんなシャロー越冬組も多かった冬季の最後。
そこから、一気に、3月上旬になりバスはスポ―ニングエリアのシャローを目指します。
だが、今年は、度重なるトーナメントハイプレッシャーにより、タイミングがちょうど良かったのか?悪かったのか?土日・トーナメント開催中の超ハイプレッシャー時に一斉に差してきてハンパないプレッシャーを受けた感がありますね。
春に差してて1発目のバスは、ルアーへ対する興味・関心はすこぶるよく、ジャークベイトなどハイインパクトなルアーで釣れます。

ベイト生活

そして、春が進むと、一回差してきたバスは、徐々に横方向へ散り、ベイトフィッシュを中心とした生活をする。と思います。
さて、そのベイトフィッシュ中心の生活とは? 以前、書いていた通り、ワカサギパターンでハメるなら、ワカサギの生態を熟知、ワカサギの接岸のタイミング(朝・夕 潮周り)をきちんと理解して、かつ、接岸ポイント(流入河川やブレイク)などもワカサギの産卵の生態を知る事が重要なキーとなっています。

現在の段階と水温

さて、現在は、春3発目!?
そのぐらいの勢いで、奥河口湖方面を除く、ほぼ全域でバスがあがってきている感がありますね。
そして、ベイトフィッシュはワカサギ以外にも別のベイトも出始めてきており、これはこれで期待ですね。


ビッグ&ジャイアントベイト

もちろん・・・例年のジャイアントベイトゲームもスパイス的ですが、釣れる必殺技です!!
ビッグベイト・ジャイアントベイトは、プリスポーンダイナマイトに効くタイミングがおおよそ3回あり、ここぞっていうタイミングで効果的に入れるとハマりますね。

P3191191450_20160405215158028.jpg

ルアーは、ジョイクロ178

水温7℃・水温10℃・水温14℃...もうこれ以上は言うな。。。と言われそうですがwww

P4021230.jpg

ルアーは、ジョイクロマグナム

タイミングさえバチッと合えば、ジャイアントベイトゲームもハマります!!



テクニカルミノーイング
 i字系の表層・サブサーフィエス・ミドル


さて、ここのところの、春3発目で、だいぶ差してきた感がある今日この頃ですが、私的には、コンスタントに結果が出るのがi字系ミノーのテクニカルミノーイングパターン。

20140614_01.jpg

この手のルアーは、おおよそ”表層系”と”サブサーフェイス”と”ミドル系”の3タイプがあります。
おっ!!と気付いた方は、今シーズンのワカサギ接岸パターンを熟知されているかと思います。

ただ、この特異質系なi字系ミノーイングは、ハイプレッシャーレイクのフィッシング技術の総力と言うべきか、とにかく、i字系と言っても1種類だけでは無く、まさしく、水温やバスの状況などに合わせて、技術のデパート・技のレパートリーとも言うべく、とにかく、スモールルアーでもたくさんの釣り方の引き出しが必要なんです。

harmonica.jpg

bassss.jpg

今シーズンは、まだまだですが、54cmの2500オーバーを2本捕獲中!!
だんだん、水温上昇と共に、表層系も熱くなってきているみたいです。
表層・サブサーフェイス・ミドルレンジ...アクションはやや難しめ?ですが、極めればモンスターがバイト!
パワーフィッシングからテクニカルミノーイングまでいろいろな釣り方でこの春を楽しんじゃいましょう。


今週、土曜・日曜日空きございます。
木曜日は、春の嵐で大荒れ予想の為、事前中止いたします。
月曜日(11日以降)も空きございますので、お気軽にお問合せ下さい。




スポンサーサイト
2016.04.05 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3407-7deb5e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析