P4260156_201602222050108a6.jpg


ウインター・準備期間。

まずまず暖かい日本列島のようで1月2月も水温が下がらずに、
バスフィッシングに出掛けられているお客様もボチボチいらっしゃるようですが、
冬季は徹底して、この期間は準備期間やテスト期間と位置付けるものいいかと思います。

tadamaki_2013_20160222205146197.jpg

春を攻略するタダマキシリーズ

さて、今回は、春先に絶対的に必要なアイテムとなる、タダマキ132。
タダマキ132は、ショートレンジとディープレンジのちょうど中間やや下を攻めれるビッグミノー。

個人的感じのビッグミノーのレンジ別攻略。
ショートレンジは、0.5m~1.0m
ミドルレンジは、1.5m~2m ディープレンジは、2.0m~2.5m という感じです。

よく、ディープダイバーのミノーと呼ばれますが、これは、おおよそ2.0~2.5m
かつ、ジャークベイトとしての機能も合わせ、2.0mでも横に飛ぶようなダートすれば完璧なディープダイバーミノーと言われるだろう。

さて、それ以上の水深を攻める際、2.5m~3mをキャスティングで引いてくる場合。その場合は、ロングビルミノーと呼ばれる。
基本的にダート性能を殺して、ロングビルと呼ばれる、差し込んでいくようなウォブリング・やや強めのロールを加えた、リップが長いロングビルミノーの登場となります。

ここ数年のメインは、2m~2.5mに差してくるスーパープリスポーンが多いのは事実ですが、ただ、それ以上の2.5m~3.0mのレンジにバスが差してくるのも確か。本当は、2.5m~3.5を攻めれる、ウルトラディープダイブジャークベイト、深い水深でもダートで横に飛ぶ性能があれば最高なんすけどね。


112_219_20160222205335cd4.jpg

タダマキ112の特徴

タダマキ112の最大の特徴は、ミドルレンジ攻略。動きがやや強い。
2.0mのボトムタッチはこの112の独壇場。かつ、1.0mもロッドワークでこなすのがいいかと思います。

P4020103640s_201602222054587fa.jpg

タダマキ132の特徴

タダマキ132の最大の特徴は、最高潜行深度2.5mを誇り、かつ、この水深でもダート性能がある。
また、うねりや風が強い日でも1.0mのシャローもなんなく引ける強みもある。

基本性能は、タダマキ132は、スローフローティングですので、浮力を生かした、2.0m前後が得意。
全総重量を少し重くする(3つのフックを太軸にする)と、サスペンド仕様になり、なんなく2.5mを引くことも可能。
さらに、少しシンキングマル秘チューニングをすると、4mでも6mでも引くことが出来るのも強み。
長いリップが振動を生み出し、かつ、ディープのロックエリアでプリが差してくるスポットを障害物を回避して引けるのも強み。


春のビッグミノーイング!
 徹底的なモンスター捕獲データ公開 !!


2015 春のプリスポーン版!

240_201401232349315ba.jpg

2015 3月24日

早春のタダマキ132ゲームでプリスポーンモンスターバス捕獲!!


2014 春のプリスポーン版!

2014年 3月30日
早春のタダマキ132ゲーム・オーロラゴーストでプリスポーンダイナマイト!


2013 春のプリスポーン版!

238_20140123234930b2b.jpg

4月2日 春の河口湖 タダマキ132でプリスポーンダイナマイト捕獲!

240_201401232349315ba.jpg

4月8日 続・春の河口湖 タダマキ132でプリスポーンダイナマイト捕獲!

238_20140123234930b2b.jpg

5月1日 タダマキ132によるプリスポーンモンスターバス捕獲パターン





スポンサーサイト
2016.02.19 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3384-7a16ef6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析