ここんとこ、絶好調のExディープクランク・ショットオーバー7!
新製品という事もあり、かなりの好評の売れ行きと、晩秋に炸裂中ということで、
かなりリアルタイムに売れている”旬のクランク”になり、ほとんど買えません。。。

xdクランク

実は、数年前から、かなり、アメリカンXDクランクを晩秋に投げまくっていましたが・・・
ラッキーUSA・ストライクキング・シックスセンスルアーなどなどのXDビッグクランク。
もちろん、SKT-Magもありますが・・・マンズと合わせてこちらは、引き抵抗が無理っす。

そんなわけで、USクランクベイトに非常にお世話になったのが、九州のロケットさん!

ROCKET Blog 小さな釣具屋の日々

ウェブショップも開設されており、かなりセンスのいい品揃えとなっておりますね。

yuuhi_20151102151937abd.jpg

そんなこんなで月日は流れ、2015年・夏からオーバー7のプロトからはじまり秋にリリース。
ここからが、本題で、ショットオーバー7が最強なのと、国内産のメリットなどなど。

koukaku.jpg

実は、この晩秋、ショットオーバー7、ガンガン釣れておりまして、これは口角皮一枚で獲れたナイスバス!!
これが意味するものとは。。。



標準・シャープフック!

まずは、US製品における、デメリットというか、ルアーの作りで甘い点。

・フックポイントが鈍い

US製品いろいろありますが、ほぼ全てのルアーを個人的に国内針メーカーのフックに交換しています。

hook.jpg

もちろん、私はノリーズ純正オリジナルフック・ブラックパフォーマンスを使用しておりますが、
微妙なフックサイズや、もうちょっと太軸・細軸でのセッティングを試みるときなど、
0.0数g単位でルアーセッティングする場合など(ルアーの浮力やサスペンド調整を意図的に交換)
に関しては、ガマカツさん(トレブルRBの軸の太さなど)やリューギフックなども使用します。

そこで・・・!

標準・シャープフック!

hollk.jpg

このショットオーバー7が優れるところ・・・というか、国内ファクトリーの当たり前のことですが、
日本仕様のルアーは、ほぼ全て、フックポイントが鋭く、標準でフックの出来栄えが素晴らしい。
ちょっと高い金額で買うルアーですから、もちろん、最初から最強仕様の方がいいに決まっています!

ちなみに、ショットオーバー7の純正交換フックは、ブラックパフォーマンス♯1
ダイラッカ用のブラックパフォーマンス♯1wihtティンセルのティンセルを外して交換。



クリアボディ & HM効果

color.jpg

そして、クリアボディならではの、ゴースト感もカラーリングで出せています。
もちろん、ハーフミラー仕様も出来て、いままでのマット感やホワイト単調が多い、USクランクより、もうちょっとカラーバリエーションが豊富で、まさしく、国内標準仕様のクランクベイトと言っていいでしょう。

まあ、そのほか、いろいろ最強な部分はたくさんありますが・・・・・
ぜひ、この晩秋、水温が下がり切ってしまう前に、張り切ってディープクランキングを体感してみては!?


ちなみに、いろいろなお客さんから、店頭で完売しているんですけど・・・
と、言われ、血眼になって探しているお客さんが多い、ショットオーバー7ですが。

セブンパームス webショップ

カテゴリー検索 → ルアー → マルキユー/エコギア → (ショットオーバー7やダイラッカ)


隠れた関西のウェブショップですが(店舗は琵琶湖界隈ではメジャー)
結構、関東ではほとんど、完売御礼状態ですがなぜか、セブンパームス・ウェブショップには在庫あり!
オーバー7やダイラッカをお求めの方は、ぜひ、一緒に購入してみてはいかがでしょう!?
スポンサーサイト
2015.11.05 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3353-6b70e688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析