安定の水位と濁り

いよいよ朝夕の冷え込みが入ってきた晩秋・11月に入る河口湖。
全日本バスプロ選手権・東日本大会などもありまして、中秋の様子が分かりにくかったですが、
一気に、11月になってしまいまして、晩秋のタックルインフォメーションなどなどになります。

さて、台風2発の通過の後、減水から大増水になり、最高水位まで達しました。
最高水位とは、葦に水が50cm以上浸かるぐらいで、岸沿いが冠水植物・葦が多いケース。
そこあら、一時、減水して、最高水位から落ちて、まずまず高い水位をキープしております。

11707541_791406814315958_4209670349667306799_n.jpg

インサイドとワカサギ

さて、今年の晩秋のこれからの傾向です。
晩秋になると、バスは初冬へ向かう動きをして、ワンドのインサイド側にポジショニングします。
バスのレンジは、深いケースも多く、今年はワカサギも多いので、ディープゾーンも好調。

image2_20151020231442fe7.jpg

今年はどのレンジでもワカサギが飽和状態で湖中に居ます。
そうでもない。夏っぽい場所にももちろん、ベイトフィッシュ次第で移動します。
ポカポカ陽気になると、日中でもボイルすることもあり、実際はレンジは日替わりで変わります。
さて、そんな状況ですが、スピナーベイト・クランクベイトなどのリアクション効果のあるルアーが有効的になります。

or7_edited-1.jpg

晩秋のディープクランキング

先日、いよいよ晩秋のスポットへ入ってきたビッグサイズ!!
まだ誰も体感していないであろう、特殊なエキストラディープクランキングでのヒットでしたが、
確実に、バスは晩秋の動きをしており、晩秋のスポットへ入りつつあります。


ウィードラインの変化

気になるレイクコンディションは、夏から秋以降にキーとなる、ウィードの生育状態。
春先から続いた大減水時に、陸上のウィードは干上がってしまい、生えていないエリアもあります。
沖のウィードラインは、ここのところの冷え込みと水温低下でほぼ消滅しました。

気になるのは、水温低下に強い、エビモ。
つい、先日まで、水面まで伸びていたウィードがさらに、水没するかと思いきや、まだ水面に芽を出して、バスベイトで引けそうなマット状態でした。ですが、ついに晩秋になり、エビモゾーンは、やや垂直パッチ状になりつつあります。

こういった状況になれば、少しのエビモゾーンにはバスが付く事もあるので、クランクベイトやスピナーベイトが良くなってくるでしょう。また、エビモ以外にも実際には、水質環境のいい少し深めのブレイク中段から下段には、ウィードの残りがあり、そこを、ディープクランキング・ヘビースピナーベイトのスローロールで攻めるとより効果的なパターンになります。





晩秋の日替わりパターン

初秋からずっとターンオーバしている河口湖ですが、実際は”濁り”という要素は狙い目です。
濁りを利用することで、スピナーベイトのフラッシング、クランクベイトの強い波動など、
バスがルアーを見えていなからこそ、光ルアーがより効果的になるのが晩秋の特徴です。

つまり、これからは、晩秋のディープレンジ+日替わりのレンジ攻略の対処法のフィッシングパターン。
やや濁りの状況で有効なルアー、ウィードの状態に合わせたルアー、寒暖の差でのルアーチョイス。
つまり、あらゆるレンジのハードベイトを用意して河口湖の晩秋に臨みましょう。


晩秋・ポカポカ陽気のトップウォーター

●晩秋トップウォーター

 ビッグバド

縦ウィードでベイトフィッシュを待ち伏せしているバスに対しては、ビッグバドが有効です。
より濁りが入っているこの晩秋の状況では、波動が強く、フラッシングも期待できるルアーが有効。

スピナーベイト

クリスタルS ディーパーレンジ 1/2~3/4oz

deeper_range_20140818100123326.jpg

クリスタルS ディーパーレンジ 1/2~3/4oz

ミドルレンジ~ディープウォーターのウィードエリアで有効なのがディーパーレンジ。
ウエイトは、1/2ozをベースに、より深い水深、やや早く引きたい場合、3/4ozチョイス。



クランクベイト

ショットオーバー4&5

shot_over_4_201509132126145d9.jpg

shot_over_5_201509132126160ed.jpg

ショットオーバーシリーズ 4&5

ミドルレンジ~ディープウォーターのウィードエリアで有効なのがショットオーバーシリーズ。
かつて、秋にロクマルも獲ったスーパーアイテムでもあります。
オススメカラーは、ホログラムフラッシングギル、ハーフミラーワカサギ。


ラバージグ

gunter_oval_201509152134068ed.jpg

●フットボールジグ

ガンターオーバル 3/8oz (縦ウィードの垂直フォール狙い)
ガンターオーバル 1/2oz~5/8oz (カラー ♯159)

オーバルヘッドジグ(1/2oz~3/4oz) オススメは、ブラック系カラー。
ガッチリ釣りたい方は、フレア感バッチシのシリコンラバー・ノーマルに巻き直してください。

※OSPハンツ(ファインラバー)、エッグボールジグ(ブラックパープル)、
  ヘッドロックジグ(ファンラバー)などでもOK お客様のお好みのブランドをご使用下さい。


gunterjigflip_20150826120139b82.jpg

●アーキーヘッドジグ

ガンタージグフリップ 1/2oz、3/4oz ヨシノボリカラーなどのブラック系

pic1000-450.jpg

ガンタージグフリップ 1/2oz ヨシノボリ オススメ!
  
PFカバージグ(ブラックパープル 1/2oz)スライディングジグ(deps)マムシジグ(イマカツ)
OSPゼロワンジグ(1/2oz)ゼロワンストロング(3/4oz)でもOKです。

image1632_edited-1-450.jpg

今年は、有言実行!? ロクマル獲りました!!

moblog_284a93cd.jpg

ただ、秋のモンスターハントは、まだまだ始まったばかり!!


11012565_792975434159096_6268990423112105600_n.jpg

11041069_792975454159094_3817422798411632516_n.jpg

今年は、一番良くロクマルが釣れている年ではないでしょうか!?
ちょうど私が、出航しない日に限ってロクマルデーだったりするので、本当に悔しいですね。
でも、まあ、直近で獲れたので、まあまあ良しとしよう。


IMG_2013_edited-1.jpg

いや~それでも、私のまわりには、ロクマルハンターさんが沢山いて刺激になります!

image98765_edited-1.jpg

ロクマルオーバーばっかり!!


ロクマルオーバーに限らず、必ず共通するのは、
当たり前ですが、バスを大切にしよう。


・バスのメジャー写真など

まず、熱い床、乾いた地べた置きは厳禁です。最低でも木造桟橋に水をたっぷり撒いて計測。
または、クーラートレイなどを持ってきて、水を張って計測するのもいいでしょう。

・水に漬ける

みなさん、本当に長い間、バス持ち写真をこだわったり、自撮りを一生懸命やっておりますが・・・正直、バスを空中で拘束している時間が本当に長く、バス持ちの時間が長ければ長いほど、その釣り人の姿は、痛々しい限りです。
何度撮るのもいいかと思いますが、キッチリ、撮影したらバスをすぐ水に漬ける。また、エアーレーターの効いた、バス1本が悠々と泳げる酸素マスク状態の大型ライブウェルで蘇生させるなど、まず、酸欠状況を作らない状況を作りましょう。
釣りをする事自体は、バスにダメージを与えるのは間違いないですが、また、元気に水中に戻って、次の人に釣られることもあるかもしれませんが、ビッグバスならではの釣りの醍醐味。その幸せの連鎖を次に繋げてもいいかと思います。


エアー抜きの必要性のある場合

それと、大型になればなるほど、ディープウォーターで釣り上げた場合は、エア抜きが必要になるケースがあります。
また、産卵期が特にそうですが、水深2.5mから釣り上げた場合も、エアーが入る場合もあります。
秋なら、水深4mでも、パワフルなロッドで一気に水面まで持ち上げれば、エアーが入ります。
逆に、水深50cm~4mでは、丁寧なランディング次第ではエアーは入らないこともあります。
ただし、水深6m~12mで丁寧なランディングですと、だいたいエアーは入るケースが多くなります。

大型になればなるほど、浮き袋の位置が特定できにくいと言う人も多く、こればっかりは経験を積むしかありません。
ただ、一つ言える事は、本当は大型サイズこそエア抜き箇所は楽です。なぜかと言うと、ポッコリエアーが入っている部分が外からでも分かるからです。通常の40cmとは、明らかに違いますので、ぜひ、その点を考慮して、必要な時のみ処置して、元気に湖に帰って頂きたいものです。そして、出来るなら、明らかにディープでエアーが入っている可能性が限りなく100%に近い場合、釣った直後、つまり、バスが針に掛かって、抵抗する。その時に出るアドレナリンが放出されている時に、一緒にエア抜きすると、あまりダメージが大きくならない気がします。時間を空けて、再び差すと、明らかに弱りやすくなるケースが多々あります。どうせなら、釣ったショック状態の瞬間に、エア抜きの処理を施すといいと思います。



スポンサーサイト
2015.10.30 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3349-6ebc0c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析