お盆過ぎれば秋の風

お盆過ぎれば秋の風というように、山上湖では、お盆を過ぎると急に風が冷たくなります。
そうなんです。残暑の真夏日に当たらなければ、比較的涼しい日が続きます。

11707541_791406814315958_4209670349667306799_n.jpg


さて、今年の傾向と対策なんですが、一番大雨で、雨量の点において大減水した河口湖に多大なる恩恵があったのが、ノロノロ台風12号でした。台風本体は四国中国を通過しましたが、台風の北東に延びる前線の影響で雨がよく続きましたね。
この大雨で、水位は、日に日に増え続き、最大減水時より70cmは、増水したでしょう。もちろん、西湖放水口も開き、快晴続きでしたが、減水はせずに、ずっと増水傾向。ただし、ここ1週間前からは、西湖放水口を閉め、比較的減水傾向にある今日この頃です。


気になるレイクコンディションは、夏から秋以降にキーとなる、ウィードの生育状態。
春先から続いた大減水時に、陸上のウィードは干上がってしまい、生えていないエリアもあります。
沖のウィードも超勢いがあるかというと、そうでもなく、ウィード密集地帯がやや少な目に思えます。
一度、台風の増水で伸びたエビモパッチなど、水面まで伸びていたウィードがさらに、水没するかと思いきや、ここ数日の減水傾向で水面に芽を出して、バスベイトで引けそうなマット状態であります。

これから、8月は、ウィードもまだまだ成長期ですが、減水傾向では、ちょっと物足りないかな~。なんて思っていますが、急な長雨に期待しましょう。さて、これから、一番期待するのは、うだるようなこの猛暑の水が少し入れ替わってフレッシュになれば期待大です。

秋の風とターンオーバー

この気温低下と共に、日によってですが、風も影響すると、濁りが入ります。
つまり、秋のターンオーバーの始まりと言ったとこで、フィッシングパターンが変わりつつある。
水質の透明度によって、夏のクリアウォーターから秋のクリア~ステインウォーターへの
少しづつですが、フィッシングパターンが変化して使用するルアーも変わってきます。

つまり、これからは、初秋のフィッシングパターン。
やや濁りの状況で有効なルアーや、ウィードの生育に合わせたルアーを用意しましょう。


夏・秋トップウォーター

アッパーカッター128

upper_cutter_20140818095811b04.jpg

夏っぽい、ボイルが多発するエリアでは、ビッグペンシルがオススメ。
さらに、夏っぽいクリアウォーターなら、プロップベイトも必須アイテムです。

●夏トップウォーター

 バズジェット・スパイラルミノー・NOI-Z・アッパーカッター128

moblog_cb79daea.jpg

アッパーカッター128は、55UPを狙って獲れるアイテムですのでぜひ、マスターして下さい!!


ボルケーノグリッパー

volcano_gripper_20140818095829be9.jpg

ウィードが水面まで伸びてきて、少し風があって雨っぽい時は、バスベイトの波動が効果的。
より大きいバズプロップでアピールして、ビッグバスをウィードから誘い出す。

●秋トップウォーター

 ビッグバド・ボルケーノグリッパー

夏のクリアウォーターのペンシルベイト・プロップベイトから、
よりクランクベイト効果の高い、水押しの強いモデルのトップウォーターにルアーをシフトするタイミングでもあります。
ウィードが水面まで来ている場合は、ビッグバズベイトなども出番です!!


スピナーベイト

クリスタルS ディーパーレンジ 1/2~3/4oz

deeper_range_20140818100123326.jpg

クリスタルS ディーパーレンジ 1/2~3/4oz

ミドルレンジ~ディープウォーターのウィードエリアで有効なのがディーパーレンジ。
ウエイトは、1/2ozをベースに、より深い水深、やや早く引きたい場合、3/4ozチョイス。


ラバージグ

●フットボールジグ

オーバルヘッドジグ(1/2oz~3/4oz) オススメは、ブラック系カラー。
ガッチリ釣りたい方は、フレア感バッチシのシリコンラバー・ノーマルに巻き直してください。

※OSPハンツ(ファインラバー)、エッグボールジグ(ブラックパープル)、
  ヘッドロックジグ(ファンラバー)などでもOK お客様のお好みのブランドをご使用下さい。


●アーキーヘッドジグ
  
PFカバージグ(ブラックパープル 1/2oz)スライディングジグ(deps)マムシジグ(イマカツ)
OSPゼロワンジグ(1/2oz)ゼロワンストロング(3/4oz)でもOKです。


●パンチングラバージグ

極意中の極意ですので、お電話でお問合せ下さい。






8月、9月、河口湖ガイド募集中です!!

8月下旬の空き日 17日以降~ 22日、23日、25日、27日は、予約済みでございます。
その他のお日にちで対応出来ますが、スケジュールの関係上、3日前までにご予約お願いいたします。



11012565_792975434159096_6268990423112105600_n.jpg

11041069_792975454159094_3817422798411632516_n.jpg

今年は、一番良くロクマルが釣れている年ではないでしょうか!?
ちょうど私が、出航しない日に限ってロクマルデーだったりするので、本当に悔しいですね。

IMG_2013_edited-1.jpg

いや~それでも、私のまわりには、ロクマルハンターさんが沢山いて刺激になります!

image98765_edited-1.jpg

ロクマルオーバーばっかり!!


ロクマルオーバーに限らず、必ず共通するのは、バスを大切にしよう。
真夏の炎天下では、地べた置きはまず厳禁です。最低でも木造桟橋に水をたっぷり撒いて計測。
または、クーラートレイなどを持ってきて、水を張って計測するのもいいでしょう。

それと、大型になればなるほど、ディープウォーターで釣り上げた場合は、エア抜きが必要になるケースがあります。
大型になればなるほど、浮き袋の位置が特定できにくいと言う人も多く、こればっかりは経験を積むしかありません。
ただ、一つ言える事は、本当は大型サイズこそエア抜き箇所は楽です。なぜかと言うと、ポッコリエアーが入っている部分が外からでも分かるからです。通常の40cmとは、明らかに違いますので、ぜひ、その点を考慮して、必要な時のみ処置して、元気に湖に帰って頂きたいものです。



imagegogog_edited-1txw_20150816212024198.jpg

ちなみに、昨年は、8月中旬から下旬で出た55オーバーのビッグサイズ!!


t2pix_20130909-195743450_201309160907441ad_20140821212013d00_20150816212027270.jpg

最速で、8月下旬からターンオーバーが始まる場合、パターンシフトで58cm!!

DSC_0113_2014082121221597b_20150816212026668.jpg

9月になれば、さらに季節先行型をはじめに狙えば、ロクマルオーバーを狙って仕留める事も出来ます。




8月の夏時間コース

夏時間で、航行時間が朝6時出船となり(7月1日~) まで早出スタートすることが出来ます。
ご希望の方は、早出スタートもいたしますので、朝マヅメを狙ってみたい方はご応募お待ちしております。

     通常コース (7時~16時まで) 1名様 27000円 2名様 30000円
     半日コース (実釣5時間)    1名様 22000円 2名様 28000円

   夏時間! 早朝コース(6時スタート) 上記プランに+2000円で対応 (~9月15日まで)
   夏季延長!! 夕方プラス ~17:30 上記プランに+3000円で対応 (6月1日~日の長い期間まで)


夏季・朝夕サマータイムプラン 6時~10時半 休憩3時間 14時~17時30分まで
    1名様  27000円  2名様 30000円 ※朝夕の釣れる時間帯限定のオススメプラン

夏季・モーニングプラン 6時~11時 休憩1時間 12時~16時まで
    1名様  29000円  2名様 32000円 ※朝早出の1時間多めのプランです。

夏季・夕方延長プラン 7時~11時 休憩1時間 12時~17時半まで (トイレ休憩有り)
    1名様 30000円   2名様 33000円 ※夕方みっちりの夕マヅメ付きプランです。


スポンサーサイト
2015.08.16 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3302-037f0cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析