ランディングとフックの重要性

さて、もう一つ、ビッグスプーン記事を考えていたところでございます。

バスフィッシングの動作の中で、誰もが完璧なフッキングとランディングを求めていると思う。さらに、カッコよく、ハンドランディングでバスをキャッチするのは、地上波・スカパーなどで見る”いい絵”だと思う。


さて、今回は、ブラックパフォーマンスフック(フック)について。
このフッキングの動作、ランディングに直結するアイテムと言えばフック。

ノリーズフックには、現状のバリエーションでは、ブラックパフォーマンスと言う、ややスプロートベンドの鋭いフックが採用されている。


t02200165_0640048013206112825.jpg

もちろんダイラッカにも#1の大き目のトレブルフックにティンセルが付いている。

ティンセル チューブ

秋林プロが設計した際、超いいアイデアがあり、通常のアメリカンルアーのスプーンによくありがちな《ティンセルがスレッドがほどけてバラける》という現象をいかに抑えるか?を秋林プロが考案した。


これは、今まで、私が何年もトレブルフックを見てきた中でも”本当になかった画期的なシステム”であり、小さい発見ながらもまさしく【コロンブスの卵】のような大発見だと思う。


この方法論だと、通常、ティンセルやフェザーを巻いている赤いスレッドが、ストラクチャーに擦れて徐々に解ける心配が無い。
それに加え、スペアフックも販売しており、どうしてもボトムを取る釣りである為に、フックポイントが潰れてしまうケースが多く、この場合は、即、フックポイントが甘くなったフックを諦めて、交換することが出来る。


つまり、スレッドでティンセルを留める時代は終わった。

ただし、フェザーフックの場合、この限りでない。朱色のスレッドはこれはこれで魅力的な部分も多い。


フック磨きのススメ

11667536_793906130732693_2556493004627949706_n.jpg

ただし、ボトムで根掛かったり、障害物にヒットしたフックポイントは、少しは現場で磨ぎましょう。
私は、毎回すぐフックポイントをチェックして、すぐ磨げるようにしております。
ビッグスプーンのみならず、クランキングでもボトムノックは避けられず、実は、良く磨ぐケースがある。

11403195_793906107399362_1183496352724410476_n.jpg

常に、小さいフックシャープナーを、ライフジャケットに付属させてます。
カラビナ風ピニオンリールに(ラインカッター、フックシャープナー)は必需品となっております。
フィッシャーマンたるもの、一応、科学研磨の時代ですが、やすり(シャープナー)ぐらいは持っておきましょう。


それでも、甘くなったり、フックポイントが潰れたりしたら、スペアフックに交換しましょう。
即交換、これが、次の一本を確実にフックアップしてキャッチする為の技でもあるのですから。


さて、今日まで、これ以上に、
スプーンフィッシングが日本国内の大流行となり、さらに、バス用スプーン市場は、2105年拡大する模様だ。

そして、今後、これらの過熱したスプーンフィッシング市場で投入されるルアーの中で、スプーンフィッシングにおけるティンセルの重要性や役割を理解した人が出てきていろいろなアイデアを出すと思われる。


ティンセル = スタビライザー with バイトマーカー!?

ティンセルはいらない。そういう人もいる。

ただし、私的には、ティンセルは一つのバイトマーカーでもあり、ディンセルフックめがけてバスはバイトしてくる確率が高くなっていると思う。だから、ダイラッカは、#1のトレブルフックが1個だけなんだ。

kutimoti_20141008215254af3_20150811102020d9a.jpg

さらに、ティンセルフックはスタビライザー効果でS字の動きを生み出す役目をしているという話もしたのだろう。
極論を言えば、縦のフラッタリングフォールだけのルアーならおそらくいらない。

だが、「落として良し、巻いて良し、ピックアップで良し」などなど複合的要素でいつ、ビッグバスのバイトを誘えるチャンスが来てもおかしくないケースで、ピックアップ中でも釣れるという要素はかなり大きいと思われる。






ブラックパフォーマンス with フラッシャー

話は元に戻すと、このコロンブスの卵のような思考で生み出されたトレブルティンセルフックシステム。
そして、スプーンフィッシングにおけるティンセルフックの重要性。
それをミックスさせたのち、いろいろなスプーンが出回った時には、きっとおそらく、このトレブルフックのチューブティンセルシステムが登場している可能性も高いだろう。

だからこそ、最初に人のした後では造作も無いこと。
「誰でも出来る事(誰でも思い付きそうな発送)でも、最初に実行するのは至難であり、柔軟な発想力が必要」

これこそ、一つのフックのピンポイントの構造を見ても、いかに難しく発明と柔軟な発想が必要なことか。


ただ、みんないろいろ真似したっていいんです。
真似されるようなことでも、もっともっといいアイデアを生み出したり、それを公表したからと言って、それ以上にネタが無いとダメなんです。誰でも出来そうな事を先にやってみるのが、柔軟な発想とクリエイティブなルアーを生み出す原動力なのですから。




スポンサーサイト
2015.08.11 Tue l ノリーズ・ダイラッカ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3298-8a37c9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析