image234.jpeg


アシストフックはいらない

ダイラッカには、ブラックパフォーマンス♯1という大型のトレブルフックが1個のみ。
この意味は、ダイラッカのパーフェクトバランス(秋林バランス)を崩したく無いということ。


バス用・巻きスプーン

通常、ビッグスプーンのみならず、トラウトのスプーンもそうですが、”巻く”ことも考えている。
バス用のビッグスプーンだけ、「何で、巻くと直線的なウォブリングだけ???」みたいな感じで、”巻くことも前提に作られている”アイテムが少ないように思える。


つまり、巻いても釣れるバス用スプーンが欲しかった!


これをダイラッカの設計図の考察に秋林プロが入れた結果、S字系ウォブリングという巻きの動きの領域にに達した。
普通にフォーリング(フラッタリングフォール)で釣れる場合は、アシストフックもあってもいいでしょう。
頭をめがけてバスが食ってくることも、ごくまれにある。よく、カツーーーンと当たったけどノラなかったり。
つまり、全部が全部100%魅力的なティンセルを食う訳ではないが、私の経験上、アシストフックはいらない。


何故かと言うと、S字系ウォブリングの動きが妨げられ、比較的まっすぐで、魅力的で無い動きで泳いでくるからだ。
ヘッドまわりの水流が変わる事によって、S字系の動きが、より直線になってしまうという結果。
ただし、琵琶湖などのウィードレイクで使用する場合は、これ限りでは無い。


o0609081813374422348_20150811102017af5.jpg

基本的には、ほとんどのバスがダイラッカの後ろ側から食ってくる!
つまり、ティンセルフック側から追ってきて、ガツーーン!!とベイトを食う感じのバイトになるんです。


kutimoti_20141008215254af3_20150811102020d9a.jpg

こういう食い方も、巻いてきたスプーンを、後ろから追ってきて、ガツーーーンと飲み込もうとしたバイト!

o0609081813376455975_201508111020194fe.jpg

こんな感じの写真が一番分かりやすいですね。



私的に、S字系ウォブリングの動きを妨げるなら、アシストフックは、いらない。
加えて、S字系ウォブリングの動きを妨げるなら、スナップもいらない。フロロ尾20lbリング直付け。
ただし、PEラインセッティングや、ダブルフックなどはまだまだ道の領域。
この辺は、亀山湖で有名な城ノ上さんが、いろいろ実験!?しているようなので。

o072009601336317430266.jpg


城(ジョー)の亀山釣行紀 PEライン&フロロ20lbセッティング


城ノ上さんも、亀山湖でサマービッグスプーンでいいサイズ釣ってますね!アユカラー♪




シーバスフィッシングで学んだことですが、どんなに強靭な極太スナップでも、結果的には金属疲労で開いてしまうこと。これは、フロロ20lbラインで680XHで、ドラグフルロックで、シーバスジギング(堤防ジグ)で、やり取りをしていたら、スナップが開いてしまった経験から。

もし、いつ掛かるか分からない、ワールドレコードクラスのサイズが突っ込んだ時に、金属疲労の溜まったスナップが開いては、泣こうになけませんね。ただし、アベレージ45ぐらいで、MAX50ぐらいまでのラージマウスバスレイクだと、スナップは、色の取り換えなどなどで、非常に便利なアイテムかもしれません。



そういった、訳で、パーフェクトバランス を出す場合、

 アシストフックは、いらない。




そんな記事を、先日から書いていたのだが、今更アップでございます。



スポンサーサイト
2015.08.11 Tue l ノリーズ・ダイラッカ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3297-b794f3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析