20130822_15_2015073012272917a.jpg

サマービッグスプーン!!

ここ数年で、グッと”サマービッグスプーン”という、ワードが定着した通り、夏になると、ビッグスプーンゲームが”ど定番”という形になり、多くのアングラーの方々に支持を頂いておりまして、嬉しい限りです。
ただ、こういったスプーンフィッシングムーブメント。私達が提唱している「スプーンでバスが釣れる!!」という事象が理解され始めると、各社ブランドメーカーさんからも、それぞれの特色を生かした”マグナムスプーン and ビッグスプーン”が開発され、時代はまさしく、戦々恐々、マグナム&ビッグスプーン戦国時代へと突入ですね!!(苦笑)


というわけでございまして、再三、いろいろな事を書いておりますが。
今回、久々にノリーズ・ダイラッカについての特徴を私なりの視点で解説してみたいと思います。

20130829_02_2015073012251446f.jpg

Bass spoon Fishing !!

まずは、バススプーンフィッシング Bass spoon Fishing !! とは何か!?

Bass Spoon ? or  Trout Spoon?

バススプーンとは、バスフィッシング専用設計スプーンと言う意味で使用します。
管理釣り場やネイティブトラウト狙いのスプーンは、トラウトスプーンと個人的に解釈します。


Bass spoon に関しては、完全にバス専用設計の仕様。
いかに”バスのバイト”を誘えるか?そこが、パーフェクト設計図になっていなくちゃいけないんです。

ただ、フィールドが変われば、フラッタリングの垂直方向のアクション重視など。
または、アメリかのような桟橋が多いドッグなどでは、バックスライド重視型などなど。
様々な釣り場のシチュエーションに合わせたスプーンの形状が存在するかと思います。
まずは、日本全国どこでも活躍するであろう、DAIRAKKを私の視点で解説。



Bass Spoon 専用設計の最大の利点であるフラッタリングフォール。

ビッグスプーン水中映像ですが、1分15秒から始まる水中映像を必見。
これで分かる通り、画像分析では、必ず、スプーンは一回転はしない。
裏面を上側(ペイント無し面)にして、ペイント面(ここで言うペイント面=リアルフィニッシュしてある面)を左右に半回転ずつフラッタ(揺れるように)リングしてフォールします。

これが、いかに高速でフラッタリングするか?
それとも、ノタノタとゆっくりとしたピッチのフラッタリングするのか?
全ては、スプーンのウエイトで変化が起きるものです。※注 窪みや形状は除く



38gの重み

ここで、フラッタリングフォール&垂直ジャーキング&S字系ウォブリングを全て完成させるウエイト。
かつ、いとも、簡単にモンスターサイズのバスでさえ、リアクションバイトさせることの出来るスピード。

このスピード感こそが、ダイラッカ38g、38gに辿り着いた結論なのです。
1ozを超え、あえて、38g(1-1/3oz)という、ちょっと重ためのスプーンのウエイト。

P7301233.jpg


そして、国内トーナメントですが、”F”の刻印も打ってあるので、心配せずにエコタックルトーナメントでガンガン使えるのです。


最大魚を選んで釣れる、38gの利点

ウエイト38gの利点ですが、私なりの見解では、ワカサギボールを追っているようなスクーリングのバスを例にします。
例えば、55cm~40cmのバスがスクールでディープのワカサギを追っている場合。
確率論ですが、私なりの感覚では、1oz前後のビッグスプーン(28g)では、おおよそ、毎秒40~50/秒でフォールします。
つまり、1秒間に40~50秒ぐらいです。これが、1-1/3oz(38g)ぐらいになると、毎秒60cmのフォール速度。
つまり、ウエイト38gですと、フォールが速い。

私の実体験では、この毎秒60cmの速いフォールでは、群れの中でも特に大きいバスを反応させることが出来る。つまり、アベレージ45cmが釣れるスプーンと、アベレージ50cm~60オーバーでさえも釣れるスピード感があるという事です。
これは、おそらく、瞬時にバスがルアーを見切っている事だと思います。人間も人の顔の印象は、0.1秒で決まるという科学的根拠というように、必ずバスが好きな、「ハッっ」として見入ってしまうスピード感があるものだと思います。
実際に、湖の状況を聞いたところ、ダイラッカフィッシュによるロクマルオーバーは、2~3本あがっているとのことです。
私自身では、まだ、確か最大魚55cmを筆頭に50UPを数本という結果ですが、ロクマルが出る日も近い。


o0516068913376456054_201507281241143d3.jpg

琵琶湖ですが、こんなデッカイバスを釣ってみたいですね!!
55UPを超えると確実にスリリング!
一撃必殺の深海のビッグバスキラーのアイテムを、ぜひ、この夏にお試し下さい!!





スポンサーサイト
2015.07.30 Thu l ノリーズ・ダイラッカ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3286-23533720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析