そう言えば、ここ最近、ガイドゲストさんをはじめ、ばらす事が少ない。
もちろん、毎回狙っているのは、スーパービッグバスで60オーバーなんですが!!
意外と、不思議にバイトが深い場合が多く、バレていないことが多い。
ただ、渋い日は一日に一回あるかないか。ただ、釣れれば55UP率が高いこの頃。

image1_edited-1_201507141250006cd.jpg

さて、ここで深いバイトのおさらいです。
なぜか、今シーズンは、いい感じにバイトが深く、ガッツリ食ってくれるシーンが多い。
上記は、55UPのラバジ&ポークリンドの本気食いですが、ほぼ丸飲みに近いぐらいのヤバさ。
もちろん、こうなってしまうと、ラインが太くてもザラザラな歯で切れることもありますので、低気圧接近や、確実にロクマルオーバーが出没するスポットでは、通常の12~14lbよりワンランク上のラインの16~18lbの使い分けがオススメですね。

kutimoti_20141008215254af3_2015071412465963b.jpg

あとは・・・ここ最近で、2015今年も大流行中のビッグスプーンの本気食い。
ビッグバスが本気でチェイスして、ガツーーンと後ろからひったくるようなアタリは最高です!!
ダイラッカに関しては河口湖のベイトフィッシュのサイズ、ビッグバスのビッグマウスにあっている為、ビッグスプーンですら丸飲みするケースが多く、上記のように、本気食いで丸飲みするような勢いでフックアップします!!


アシストフックはいらない


個人的に、ダイラッカに関しては、アシストフックを装着すると、S字系ウォブリングが出にくくなり、オススメしておりません。フラッタリングフォールのみで釣れるケースの場合、フロントに段差針のアシストを付けてもいいでしょう。まあ、私の場合、98%ぐらいは、どノーマルのままの状態で使いますけどね。

P7240300400.jpg

プロトタイプの段階からでも、確実なフックアップを検証しております。


城ノ上さんのブログ 城(ジョー)の亀山釣行紀

ちなみに・・・・・城ノ上さんもこの事に関して、バスって凄い!!と思っておられますね。
ボトムに着いたスプーンを吸い込むことって、バスって凄くないですか!?って。

そうなんです、確実なフックアップ、バラシを皆無にし、かつ、ロクマルオーバーを含めた、モンスターキラーのスプーン。かつ完璧設計はこれしかないんです。昨年・2014年も7月中旬にロクマル62cmが釣れてることから、確実に湖のMAX級を仕留めるルアー。ただ~し、毎回沢山の御支持を頂きまして、夏になると店頭に無いのがネックですね。また、次の発売を期待しましょう!!









スポンサーサイト
2015.07.14 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3276-21a9b881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析