dairakka_2015062020391540a.jpg

シューティングスプーン!

今年も好調のサマービッグスプーンが、実は、別展開でビッグバスを連発しております。
もうすぐ、ノリーズ・プロスタッフインフォメーションで公開されますので、先に伝授しておきます。

※本日、ノリーズHPの↓プロスタッフインフォメーション↓ヘッドラインにて公開されました。

Nories Prostaff Information またまたビッグバス! ダイラッカ38gのシューティングで50cmUP!!



prsilver.jpg

まず、ここのところの最強カラーがこの”プレミアムシルバー”というプレーンな銀。

low_bait-bass.jpg

日替わりパターンで、本当に参考になるか分かりませんが、こういった魚探映像もベスト。
ディープフラットに映る、ベイトフィッシュの群れと、バスの映像で、ここをシューティングで狙い撃ち!!


bass2_130827.jpg


ベイトボールと乱反射

プレミアムシルバーは、プレーンな銀で、ダイラッカの特徴の鱗模様が入っている。
これが、眩いほどのフラッシングと光り方が乱反射でランダムな波長の光となる。
つまり、ダイラッカ・プレミアムシルバーを単体のベイトと捉えるではなく、ベイトボールとイメージする。

DR_09_20150703093711cf1.jpg

プレミアムシルバーは、単体のベイトでは無く、複数の群れ=ベイトボール の意識で使うと効果的。
だいたい、2cm~4cmのベイトフィッシュの群れでしたら、たぶんこのカラーが最強となる。





大き目ベイトフィッシュ

dr_04_select_edited_20150703093713984.jpg

逆に、ダイラッカ = ベイト単体と考えると、9cm前後が基準となり、ご当地ベイトの色に合わせる。

dr_02_20150703093748731.jpg

ワカサギ・オイカワなど、リアル系カラーが充実しているのが、このダイラッカのいいとこでもあります。




bassmoti100000000.jpg

ここのところ、ネイティブバスが難しい・・・・・と色々聞かれ、実は、いろいろな場所にいるんです。
すでに、6月末のトーナメント開催日以前からはじまっていた、ダイラッカフィッシュパターン。
今、一日投げ倒すのもよし! いい魚群映像を見て、ジギングスプーン的にやるのもよし!
きっと、ビッグフィッシュを呼んでくれるはずですよ。






ちなみに、ディープウォーター不発の場合・・・

11168917_791577734298866_2135686501998197416_n.jpg

ちなみに、・・・・・・いつでもディープフラットのシューティングやジギングスプーンがいいわけでは無く、
低気圧の接近などで、いきなりバスのレンジがあがったかな!?と思ったら、迷わずトップウォーター。
オイカワ・ハスパターンに上手くシフトすれば、さらに、デッカイバスを選んで釣れます。


jig.jpg

もちろん、それ以外のギル食いのスーパービッグモンスター?もパターンとしてあるので、
釣れる日には、要所要所でいろいろなタイミングで色々なルアーで仕掛けてみるのがいいでしょう。





スポンサーサイト
2015.07.03 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3267-18c5ac40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析