yukigesiki.jpg

春の河口湖のクランキングパターン
 ショットオーバーシリーズの使い分け方


今回は、早春の河口湖におけるクランキングパターンを紹介します。
もちろん、ロクマルオーバーをはじめ、数々の実績を残しているショットオーバーシリーズが中心。
さて、ここからは、Nories Pro Staff INFORMATIONのレポート抜粋になります。

ノリーズ・プロスタッフインフォメーション 春の河口湖でのビッグバスパターン・ショットオーバーシリーズの使い分け方


20140422_02_01.jpg

真冬の最低水温期を脱して、早春の水温上昇傾向になればバスは春を意識しだします。
越冬場所となる湖の最深部から徐々にシャローを目指してあがっていくのが河口湖のバスの特徴です。
目安となる水温は4℃以上ですが、ハードベイトがハマるタイミングは5℃からの上昇傾向です。

今年の河口湖は雪が少なく、水温の上昇がいい感じでバスも活発化している気がします。
つまり「春のスタートが早い」 しかし、自然は正直ですので、実際は日照時間などや潮周りがキーになります。
例年より水温が少し高いだけでも意外とバスはアグレッシブになり、いい釣果が期待できるのが今年の特徴です。


bass8_0325.jpg

ショットオーバー4 & ショットオーバー5

さて、ここでショットオーバー4とショットオーバー5のレンジ別の特徴を解説します。
河口湖で一番多用するのが、春と秋に活躍するショットオーバー4とショットオーバー5。
平水・減水時など、バスが好む地形変化(2.5~3.5m)のトップに当てて狙う場合はショットオーバー4を使用。
満水時、増水時、水中島・地形変化が4m前後と深い場合は、ショットオーバー5を使います。


【ボトムコンタクト感と水中の障害物回避能力による使い分け】

ショットオーバー4とショットオーバー5の使い分けのコツは、ボトムコンタクト感です。
また、もうひとつの使い分けとして、ボトムコンタクトで枯れウィードや落ち葉などがよく引っ掛かる場合には
ショットオーバーシリーズをワンレンジ浅くすると、より水中のモノを拾ってこなくなります。

[オーバー4の利点]

3m前後の岩場や、溶岩帯の変化のピンスポットを的確に狙う場合にワンレンジ浅く出来るオーバー4は本当に役に立ちます。ショットオーバー5は、ロッドワークで幅広い水深をカバーできるのですが、正直、3m前後を狙う際にはファーストコンタクトから枯れウィードを拾ってきてリトリーブにストレスを感じます。そういった場合に、ショットオーバー4をチョイスすると、より枯れウィードを拾いにくいです。

[オーバー5の利点]

ちなみに、4mの地形変化が長く続く水中島のストレッチなどは、迷わずショットオーバー5。ショットオーバー4ではキャスティング時に、一瞬しかボトムコンタクトしないので、より深く潜ってレンジキープして、ボトムコンタクトさせられるのが、オーバー5なのです。


ショットオーバー4の実力!!

P3191169nsfs_edited-1nsre.jpg

20150415_16.jpg

今年は、本当にショットオーバー4ばかり投げていますね。特に風が吹いたり弱い前線系の西風の雨などは、水が撹拌されて、ショットオーバーシリーズのクランクベイトがベイト・シャッドに見えるのでしょう。特に、207Hホログラムフラッシングギルが一番釣れてますね。もちろん、ショットオーバー4を多用する意味があって、今年はとにかくボトムに枯れウィードが多く、ショットオーバー5では、ワンキャストでストレス溜まりまくり。昨年は、ショットオーバー5も好調でしたが、今年は、ショットオーバー4のレンジによくプリスポーンダイナマイトが居るようですね。


【ショットオーバー4&オーバー5 ロッドチョイス】

over4_20150416220325fb1.jpg

春・秋のディープクランキング・タックルシステムは、迷わず、ロードランナー ヴォイス HB760M & ローギアのリール。
よりフルキャストして、ガンガン巻いて、ボトムコンタクト感を求めるには、ロッドのレングスとロッドパワーが重要です。

7フィート6インチというロングレングスでの飛距離はもちろんのこと、ミディアム(M)のロッドパワーは、少し重めのクランクベイトを振り抜く時にルアーウエイトをちょうどよくロッドに乗せやすく、遠くに飛ばせます。
そして、ボトムコンタクトした瞬間に岩を弾くような感じで、ルアーがスタックしにくいのも特長です。
この1本があれば、春秋ディープクランキングのタックルシステムは完成しますので非常にオススメです!!


春こそ!ディープクランキングはオススメです。
春の定番、ジャークベイトのタダマキ132と併用して、ぜひお試しください。


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス HB760M
リール:カルカッタコンクエスト100(ギア比 5.8)
ライン:フロロ14lb.
ルアー:ショットオーバー4、ショットオーバー5



bassmouth_201503221836459d5.jpg

20150324_32_edited-1450.jpg

20150415_06_201504162204491ac.jpg


今シーズンの春のプリスポーンダイナマイトゲームのクランキングフィッシュ!!
まだまだイケそうな感じがしますので、ぜひ、ショットオーバー4&5をお試し下さい。




スポンサーサイト
2015.04.16 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3185-4dec255e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析