選択肢の多い春

ここ最近、めまぐるしく変化している春のバスフィッシングシーズン。
3月中旬、イチ早く、春の爆風クランキングに気付き、モンスターバスが登場!!
そして、ここにきて、なぜか、まわりでもクランクを投げている人を良く見かける。

bassmouth_201503221836459d5.jpg

いや~流行っていいですよね~。
それでも、ちょっと時期がズレると、第二陣が釣れどんどんレンジアップしないと、
ちょっとずつサイズダウンするので、その読みのタイミングが本当に難しい。

20150324_32_edited-1450_20150325222544542.jpg

なんか、このパターン終わったかな~。
なんて思ったら、今度は、賢く水温や気候に敏感なフロリダ系も追わないといけないし。

20150324_11_20150324214019dee.jpg

そして、ジャークベイトゲームがハマりつつありそうで決定的にハマらない・・・・・
ジャークベイトがハマるレンジに必ずバスは居るはずなのだが、
ハイプレッシャー過ぎるのか、あまりこのレンジのバスの反応が悪い気がする。
それは、ビッグマーマーも、40前後のオスも同じく、今年はジャークベイトがスパイス的?



そうこうしているうちに”スーパーサブ”の登場により、
どんどん春めいてきて、いろいろなパターンがありすぎてタックルが多くなる。


遅れてきたスーパーサブ!

20150328_10450.jpg

そう、スーパーサブはラバジゲーム!


20150328_12cpp_edited-2.jpg


Rod : ROAD RUNNER "STRUCTURE" ST680MH "MID COVER TEXAS"
Reel : メタニウムMgDC 6.2ギア
Line : フロロカーボン 14lb


湖上の出来事ですが。ほんの雑談なんですが。
いろいろと、ちょっとした話を聞くと、今年のベイトフィッシュの種類が分かる。

実は、ワカサギがいたり、モロコがいたり、シラウオがどっさりいたり。
つまり、春のラバージグゲームが成立するということは・・・・・・・・・


ただ、本当に春は難しく、タイミングはほんの一日の中で一瞬。
その一瞬と季節感を先取りして捉えることで、限りなくモンスターサイズを仕留めることが出来る。
つぎは・・・・・あれでしょう。あれ。去年も4月中旬頃からよくなってきたパターン。


ただ、かなり無理がある。

ただし、イチ早く季節を先取りしないと・・・・いいパターンで釣れないんですわ。







スポンサーサイト
2015.03.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3169-ba8918aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析