wrapping_minnow_20141112114400506.jpg

関東のフィネス・ストロング!

2015年 只今、全国のお店でラッピングミノーSW 14gが先行発売中。
続いて、ラッピングミノー 10gも合わせてでデリバリー中で、店頭に並んでいると思います。

関東の高滝ダムなどで生まれたフィネスな小さいアイテムですがその効果は絶大。
2014年は、関東の青野ダムで大流行のようでした!!フィネスストロングでデカバス!!
もちろん、河口湖もロクマルがあがっておりますし、その破壊力は凄いです!



――― 下記は2014年の記事ですが参考までに ―――

10月末・青野ダムの釣果 50cm!

10月末・青野ダムの釣果 その2. 51cm!




moblog_e9f39bff.jpg

ラッピング・マスター

20140613_11.jpg

これは、アフターの時に釣ったラッピングミノーバス。
あまりにも小ささと、ミノー=小魚というイメージでなかなか使いにくかったアイテム。

だけど・・・いきなりこの扉を開けば、ビッグフィッシュ連発とかになっちゃうんですよね!!
アフター期がウィードの伸び具合で一番好調でウィードが伸び切る前まで効果的です。


復唱ですみませんが。

まだまだ、私も完全にはマスターしたアイテムでは無いのですが・・・
少しだけコツを。一つは、ベイトフィネスでやるかスピニングPEでやるか。


1.ベイトフィネス(ローギア)
2.スピニングPE

ベイトタックル推奨。
なぜかと言うと、ベイトでは、ラインテンションが掛かるのでエビ(フック絡み)を防ぎます。
ラッピングミノーは、着水した際の姿勢でエビるかエビらないかが決まり、
ラインテンションが掛かり易いベイトタックルでは、基本的にカーブフォール気味になる。

スピニングタックルでフリーフォールだと、糸が放物線状にまわってエビりやすい。
スピニングタックルの場合、サミングのテンションフォールがいいかな?


ベイトタックル推奨
あまり世の中に出回っていない、6フィート~68ぐらいまでの、UL~Lクラスのベイト。
ノリーズロッドブランドでは、LLクラスだと6g~8g Lだと8g~10g推奨。
ラッピングミノーSWでも基本的には、スローリトリーブが基本ですので柔らか目でもOKでしょう!!



スポンサーサイト
2015.03.14 Sat l ノリーズ・ラッピングミノー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3143-bb2e5be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析