wrapping_minnow_201406220852144eb.jpg

ラッピングミノー

「ラッピングミノー」
セオリーにとらわれない柔軟な発想を持つファクトリーチーム石井真。“スクールしているバスは全部釣る”と考える彼が全く新しいタイプのルアーを生み出した。その狙いはジグヘッドワームのスイミングよりもアピールし、テールスピンジグよりもフィネスなルアー。ボリュームは小さく、ディスタンスが取れて、レンジコントロールが自在で、バスをスレさせずに攻められる物。そんな夢のようなルアーを具現化したのが「ラッピングミノー」。一見、通常のプラグにも見えるボディは、ジグヘッド系フレームに浮力体となる発泡プラスティックを組み合わせたコンポジット。飛んで沈められる小粒なI字系ボディに、プロップをセットすることで微波動アピールとレンジコントロール性がプラスされ、ボディロールまでも発生します。ハードルアーとしては最弱に位置づけられるアピール度を持ち、やや頭下がりのスイミング姿勢で巻きはもちろん、ジグヘッド的なボトムトレースにも対応するという全く新しいタイプのハードルアーです。その「弱さ」ゆえにバイトが続きやすく、メジャーレイクのバスが相手でも連続ヒットを可能にします。




wrapping_minnow-sw.jpg

ラッピングミノー SW 14g

「ラッピングミノーSW」

ジグヘッドワームよりもアピールし、テールスピンジグよりもナチュラルなルアー。ボリュームは小さく、ディスタンスが取れて、レンジコントロールが自在で、スレさせずに釣り続けられる物。そんな夢のようなルアーを具現化したのが「ラッピングミノーSW」。一見、通常のプラグにも見えるボディは、鉛のヘッドを持ったジグヘッド状のフレームに浮力体となる発泡プラスティックを組み合わせたコンポジットボディ。飛ばせて沈められる小粒ボディに、プロップによる微波動アピールとレンジコントロール性がプラスされ、ボディロールまでも発生。ハードルアーとしては極めて弱いアピール度でありながら、ベイトタックルでも扱える引き 感のある全く新しいタイプのハードルアーです。他のルアーではショートバイトが多発するような状況でも丸飲みバイトを誘発し、スレたスクールフィッシュでも連続ヒットを可能にします。元来、ファクトリーチーム石井真がバス用に開発したルアーですが、シーバスプロスタッフがソルトでの有効性も確認。そのナチュラルさゆえにシーバスはもちろん、あらゆるターゲットを魅了するパワーを秘めたアイテムです。


WRAPPING MINNOW REPOAT

先日の河口湖でのラッピングミノーのレポートがノリーズHP内にてアップされました。

山上湖のサマータフを打破するラッピングミノー!

私なりの河口湖におけるラッピングミノーの使用方法などを掲載されております。


6g_8g_10g.jpg

SIZE VARIATION

発売中のバリエーションは、6g、8g、10gもあります。
ぜひ3サイズ+14gを加えて、4サイズ揃えてレンジコントロールを!





https://twitter.com/takahiroadachi/status/565120132083490816?lang=ja



山中湖センターフィールド

山中湖センターフィールド 楽天市場店

NORIES/ノリーズ WRAPPING MINNOW SW/ラッピングミノーソルトウォーター 14g


山中湖センターフィールド 本店ウェブショップ

山中湖センターフィールド ラッピングミノーソルトウォーター 14g






スポンサーサイト
2015.02.12 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3126-7278092b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析