DSC_3329_edited-2.jpg

NEW ガンターオーバル!

2015・春 【NEW】 ガンターオーバル 発売予定!!

ちょっと新しいネタになりますが、今冬にちょこっとプロトサンプルを使用させて頂きました。
究極の最高峰のフットボールジグがここに完成!! ガンターオーバルヘッドジグ!!

Easy Action 田中大介プロ  【新製品】 ガンターオーバル

と、まあ、詳しい事は、先に田中大介さんが書いていらっしゃるので参考までに。


ガンターオーバル・スペック

私としては、フットボールジグとしては、オーバルヘッドジグを多用するのですが、
このガンターオーバルは、一体どういうアイテムで、オーバルとどう違うのか!?
少しづつですが、様々な箇所のスペックありますので、一応、私なりに気になった部分を。

IMAG1395.jpg


・横アイ

・ナローゲイブ&ロングシャンクフック

・適度なブラシガード

・抜群なすり抜け

・モノフィラメントワームキーパー


シンプル or ハイスペック

いろいろなスペックがありますが、釣りをシンプルにしたフットボールジグ。
これが、オーバルヘッドジグ。より、今の時代にマッチ、ハイスペックジグはガンターオーバル。

オーバルヘッドジグがキャスティング重視、かつ、3/4ozの規格に関しては、
より、タイトに移動距離を少なく、落としたいスポットへ落とす釣りが出来るのが特徴。


ガンターオーバルは、横アイによる「スッスッス」という具合に縦にラインを捌き、ナチュラルにスタックをかわしつつ、
昨今のワームトレーラー装着に適合した、ややロングシャンク・モノフィラメントワームガードを装着。

securedownload_20150124031904180.jpg


ややロングシャンク #2/0 のフックチョイスは、より深くバイトを誘い、
現行オーバルの#3/0のフックより小さくなることのデメリットは、ロングシャンクでカバーしているという利点。



モノフィラメントワームキーパーは、従来のヘッドのワームキーパーに加え、
中心部分でもよりワームをホールド出来るシステムで、ワームがとにかくズレ無い。
(富士五湖等のワーム禁止レイクでは、個人的には、カッターで切って使用します。)

フットボールのブラシガード論

ガンターオーバルの適度な本数のブラシガードは、より使いやすくなって、よりフットボール初心者にもおすすめ。
これは、どノーマルのガンターオーバルで、おおよそのフィールドのシチュエショーンで素晴らし釣りが出来る。
「カバーに対しストレスなく抜けてきてくれ、適度のガードはフッキングも良く、安心して使用出来る」のではないかと思います。

では、現行のオーバルヘッドジグのブラシガードは、ダメなのか?
いえそうではありません。オーバルヘッドジグのガチガチブラシガード沢山でカバーを回避するのは正直言えば、玄人向けでして、私自身は、プラモデル用の高級ニッパーでちょっとずつ切って状況により調節。

wood.jpeg

倒木やかなり複雑な沈みブラッシュパイルやブッシュは、半分カット。ボトムフィッシング中心のゴロタエリア、ウィードエリアは、全部カットして使用するなど、そういった使用法。つまり、自分でブラシガードをコントロール出来る。
もうひとつのガードがあるメリットは、鬼フッキングをした後、フックが貫通すれば、ブラシガードは、ロックの役目をしてバレにくい。ただ、ガードが多く、硬いと、鬼フッキングは玄人で無いとパワーがいるので難しい。そんじょそこらのフッキングパワーでは、正直ガードを弾いてまでフックを完璧に貫通させることは、難しい時もある。

昨今のアングラーは、タックルボックスにニッパーが入っているかどうかはわからない。まして、科学研磨のフックの時代、フックシャープナーもあるかどうか分からない。全て今の時代はハイスペックで交換アイテムだからだ。
まあ、いろいろありますが、よりハイスペックになって、より使いやすいのがガンターオーバル。


どっちが良くてどっちが使いにくい。
そういった訳では無く、両者共にいいアイテムであり、どちらも長所を生かしてあげるべきだと思います。
つまり、どちらも適材適所で使用出来るのが一番のフットボールジグの使い手、一番の鬼のフットボーラーだと思います。




IMAG1395.jpg

プロトサンプル : ブラックブルーパープル??? with アオザリ

ちなみに、今冬にプロトサンプルとして使用させて頂いたガンターオーバル。
私なりの【ブラック・ブルー・ラメ・パープル・フレーク】の超ドギツイ・かつ、最強の色。
昔からブラックパープル伝説なんてのがありましたが、それを凌駕するのが、
ブラックパープルに、アクセントとしてブルーを入れ、少しラメも光らしたカラー。

どノーマルのクリアレイクでも、湖の最大級の超弩級のモンスターバスを色の強さで引っ張ってきてくれ、かつ、ターンオーバー期のどちゃ濁り状況でも、しっかりと黒の強さでハイアピールするカラーになっております。
がっ!!あくまでプロトサンプルですので、このカラーが採用か否かはどうか分かりませんのでご了承下さい。



いや~、スタンダードかつ、シンプル and ハイエンドスペック のガンターオーバル。
今からの春の発売予定が楽しみですね!!
スポンサーサイト
2015.01.24 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3124-7bab9217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析