20141104_29.jpg

晩秋の紅葉と、熱いモンスターハンター

本日は、バスフィッシングの情熱がすごく熱いI様と出航しました。
ここんところ、山中湖釣行にも行かれ、なかなかのモッテル感で今日は行けるか!?
まあ、ここんところ、私は色々あって、全くのノーバイトで連敗中だったり、
明らかに水温は適水温だが、何も手応えが無い日もあったりで、語ることが無くすいません。

10748810_619644208146189_1002068426_n.jpg

バスフェスタ閉幕後のポストシーズン河口湖

例年だとかなり寒くなり貸し切りの11月と言えど、先日の河口湖は、三連休でお祭り。
バスフェスタ in 河口湖のお祭り騒ぎで、紅葉の11月にもバスフィッシングの人手が凄かった。

ただ、秋のバスフェスタが閉幕して以降、月曜日以降は、グッと人も少なく、
河口湖は貸し切り状態で、再び、ロープレッシャーの晩秋の河口湖に戻る。
こういった、晩秋の肌寒い、水温低下で厳しい状況こそ。、ロクマルオーバーを狙える。


さて、ここ数日の近況は、クラシックのハイプレッシャーからロープレッシャーへ。
天候は、急に冷え込みが厳しくなり、より一層、水温低下で晩秋らしくなる。
霜が降りるような晩秋の厳しい日こそ、一発大物狙いでやり切ればモンスター降臨。



deep_impact_20141102221419ffd.jpg

ディープインパクト・ショットオーバー5

あさイチから、先日から予告しておいた、ディープインパクトパターン。
”スピナーベイティング&クレイジークランキング”のハイリスクハイリターンの攻め。


20141104_24.jpg

霜降り日の寒い朝だったので、少し深いミドルレンジをメインに攻略の糸口を掴む。
ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル HB-760Mのロングロッドがオススメ。
そして、ややローギア(6.2~5.8ぐらい)リールで、巻きモノをやるのがベストセレクト。

shot_over_5_201411050822350d6.jpg

207h_201411050822362cd.jpg

モチロン、秋のディープインパクトは、ショットオーバー5・ホロギルが圧倒的モンスターキラー!
数々の実績が物語るこのルアーこそ、コンフィデンスがあって一日投げ切れるのです。
すると、朝の早い時間帯の内に、ゴゴゴッと、ショットオーバー5にビッグバイト!!

ヤバッ!! これは、デカイでしょう。


遠目に見る、カジキジャンプで、ビッグサイズと分かる。
ジャンプ一発のアタックもかわし、下へ下への突っ込みもベイトドラグで対処。
上手い、ここが一番のポイント。そして、なんなくいなして、無事にモンスターサイズ捕獲!!

ikedasann.jpg

ディープインパクト!! キタ――!!!
晩秋のビッグサイズ、54cm、2540gを捕獲!!



やっばぁ~、デカかったですね!!



朝からの一発は、チョー気持ちイイーですね。


今日は、スピニングタックル3本セットのセッティングもありましたが、
なんだかいい感じの流れできているので、もう一発、調子に乗って狙えそうな雰囲気。
つまりは、11月の最終便、目標に掲げたロクマルオーバーを狙う旅へ出掛ける。

shotover523.jpg

途中、ショットオーバー5フィッシュを釣るも、中型サイズ。

shotover512.jpg

そして、再び、ショットオーバー5フィッシュも小型サイズ。

さらにさらに、ラバージグでも中型サイズ。 oもう、写真は無しです。

フィッシングプレッシャーが少なくなり、釣れることは釣れるがサイズが伸び悩む。



午後の、どんよりとした曇り空のチャンス

午後は、一転して、どんよりと曇り空で東風も吹いて肌寒い日になる。
ロクマルオーバーパターンを中心に、河口湖のモンスターサイズに挑む。
それは、私の信条でもある、”世界を変えてみたい”というでもあり、今日はチャンス日。
なので、フィネスフィッシングで数もいいかもしれないけど、目標以上を狙いたい。


だがしかーし、やっぱり、全く釣れないね。


夕方のタイミングを見計らってのアタックも沈黙。


やはり、バイトは遠く、本日終了。


20141104_777.jpg

船中釣果は、ショットオーバー5で54cm・2540gをはじめ、
同じくショットオーバー5フィッシュの中型2本、ラバージグで1匹追加の4本で終了


これは、午前中釣果でしたので、午後も釣れる釣り方をすれば釣れそうな感じですね。
まあ、トータルすると、いろいろやれば、バイトは出る感じですが、後半戦は狙った感じでした。
今、この晩秋のタイミングこそ、モンスターバス捕獲のチャンスなんで。

20141104_24.jpg

Rod : ROAD RUNNER VOICE HB760M AWAY DISTANCE MID
Reel : ambassadeur Revo Power Crank 5
Lure : Shot over 5 H207 ホログラムフラッシングギル


Reel チョイスですが、ギア比6.2以下のローギアがオススメ。
メタニウムMgDE(6.2)だと、1回転66cm。
カルカッタコンクエスト100DC(5.8)だと、1回転60cm。
アブのレボ・パワークランク 5 (5.4)だと1回転55cm。
参考までに、TDジリオン 4.9 クランキングスペシャルモデルだと、1回転55cm。

いろいろありますが、必ずクランクベイトが一番釣れるスピードが存在します。
ストレスなく、この”いい感じのスピード”をリズミカルに出せるのが、
マシンのギア(リールのハンドル回転)だと思っておりますので、ぜひ、参考までに。

個人的には、カルカッタコンクエスト100DCをイナーシャハンドルにチューンして巻きます。
巻き方に関しても、ハンドル径の大きさで、小さいハンドルほど、
同じ1回転では、ルアーをやや速く巻くことになります。
ハンドル回転時の回す直径の距離が短い為。大きくまわしてローギアですとよりスローに。
あとは、スプールが1回転で何cm進むかと実際に水中のルアーの動きを見てやってみましょう。


今週は、日曜日以降空き日になっております。
お陰様で月曜日、火曜日は予約済みでございます。
トーナメントも終了した、プレッシャーの低い河口湖。
晩秋こそモンスターチャンス到来なので、ご応募お待ちしております。


また、初心者コースも募集中ですので、ぜひ!
スポンサーサイト
2014.11.04 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3084-bac7d015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析