dairakka_20140901041640f14.jpg

norise/ecogear-movie

ノリーズHPのインフォメーションにて、norise/ecogear-movieが公開されました。
今回は、田辺先生が”ダイラッカ38g 本気の使い方”と題して、
ツーレイク & 2dayで、トレイルして、ダイラッカを投げて、超解説してますね。



全レンジ・全ストラクチャー攻略

相模湖編では、ダイラッカで何でもやっちゃう的な解説が超参考になります。
マンメイドストラクチャーはもちろんのこと、どシャローのブッシュ攻略、
ちょっとしたショートポイントの岬エリア、そして、ど定番のディープフラット攻略など。


でも、なんでもかんでも、ダイラッカでやっちゃっていいの?
そう、思ってしまいますが、いいんです!!いいんです!!いいんです!!!



相模湖では、なんでもやっちゃっていいんです!

2013・プロトサンプルからダイラッカが上がってきた当初から、
田辺先生が、相模湖にて、それはそれは、すごい釣果を叩きだしていたのは内輪の事実。
ダイラッカオンリーで、夏に約15本、MAX48ぐらいのスコアで最高だよ!!
そういう話をタイムリーに聞いていた事を覚えております。


ロッドチョイス2本

今回の相模湖では、オープニングでロッドを確認出来ますが、田辺先生は2本のみ。
ビッグスプーンのど定番スポットでは、HB-680XHでしっかりしゃくって、
ブッシュやオダなどのカバー打ちでは、ST720H仕様で、カバーはこれだ!!
そんな、適材適所でロッドチョイスを合わせていくというメッセージを受け取ることが出来ます。

voicehard_bait_special2_20141014202028396.jpg

ディープフラット攻略

HB680XH EXTRA ENERGY DRIVE HVY

今回ディープフラットで登場している、ダイラッカスティックは、HB680XHモデルですね。

structure_20141014202202cb2.jpg

ST720H "BULKY BAIT"

ブッシュなどのカバー打ちで、ショートディスタンスで決めるのは、ST720H!!



image234.jpg

そう言えば・・・・・・最後の最後にダイラッカのカラーリングの解説がなかったんですが。
これは、きっとメッセージなんでしょう。

みなさんが、気になっているシャクリ方、カウントダウン、ロッドセレクト。
そして、根掛かり、巻いた時のスイミングなど余すとこなく伝えた今回の本気のダイラッカ。
基本的な部分を抑えつつ、多くを語ったこのムービーは、一つのビッグスプーンの方向性。



さて、語らなかったカラーリングについてですが、これは、みなさんで見つけてみましょう。
よ~く、ダイラッカフィッシュの釣果写真を見てみると、それぞれのレイクカラーがあります。
つまり、ベイトフィッシュをモチーフにした、ご当地カラーが存在するはず。

それと、人それぞれこだわりがあって、西さんが、亀山はシルバーっすよ。
って言っても、田辺さんが、あさイチ、そのストレッチ、ゴールドでも釣れたし関係ないんじゃない?
とか、いろいろ、カラーリングにおいても、楽しみや人それぞれの語りが多くなりますよね。



私的には、一応の、マイ基準はあるんですが、まあ、見つけてみましょう。
一番好きなのは、プレミアムゴールドとゴールドクラウンなんですけどね。。。





スポンサーサイト
2014.10.14 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/3057-109dcb0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析