最近、再び良く聞かれる、ビッグスプーンマスターへの道のりへの話。
まずは、ロッドチョイスからはじまり、ハイギアリールの話、そしてラインセレクト。
身振り手振りのアクション説明など、まあ、実際、一回釣って見せることが一番なんですけど。





さて、私が一番このルアーに相性がいいと思っているロッドがあります。



T.A choice Road Runner

voice_original_20140829091453940.jpg

ヴォイス オリジナル

6100H SLOW ROLLING & HEAVY COVER(スローローリング&ヘビーカバー)


今まで数々のビッグフィッシュを捕獲、そして捕獲成功率もほぼ100%で、
グッドサイズを一回もバラシタような記憶がないような、スペシャルなロッドになってます。

ですが、先日、ちょこっと鶴岡パイセンとお話をしましたら、見解の相違でした。
亀山湖でフィーバー中に、鶴岡さんは、どんなロッドを使ったかと言いますと。



鶴岡さん choice  STRUCTURE

structure_201408290920017ec.jpg

ロードランナー ストラクチャー

ST720H "BULKY BAIT" (バルキーベイト)

鶴岡さんに、その衝撃の現場のお話をお伺いしたところ、ロッドチョイスは、ストラクチャー。
やや長めの72のレングスを生かした、Hパワーの力のあるロッドでフロロ18lb

メタルマスターの称号を持つ鶴岡さんですが、やはり、メタルベイトは、こういう風のロッドもいいと。
ストラクチャーシリーズですと、ジグベイツは、しっかりとシャクれるのがいいようです。
ちなみに、鶴岡さんは、ダイラッカはフリーフォール派でこれまた見解の相違。
ワタクシとしましては、張らず緩めずのややテンションフォール派なので見解の相違。


フリーフォールは、中層まで落として、サーモクライン周辺で、アクションを加えたり、
いい状況では、ワンしゃくり目で、すでにロッドが重く、掛かっている状況のようです。







さて、私が最近、ビッグベイトも併用しての相性がいいと思っているロッドもあります。
このロッドですとビッグベイト&ビッグスプーンが出来る。(本来はフロッグ用でもある)


T.A choice other Road Runner

voicehard_bait_special2_20140829092903ed5.jpg

ヴォイス ハードベイトスペシャル

HB680XH EXTRA ENERGY DRIVE HVY(エキストラエナジードライブ ヘヴィ)

実は、鶴岡さんブログを見ますと、田辺さんも、その時は、HB680XHを使用されていたようです。
私のベストチョイスロッドは、6100Hですが、こちらでもイケちゃうというお話でした。
スポンサーサイト
2014.08.29 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2993-fbeda2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析