dairakka_2014062420583476d.jpg

夏こそビッグスプーンマスター!

ここ最近、よく聞かれるのが、「ビッグスプーンでの釣り方」や、
もっと奥に踏み込んだ、ビッグスプーンマスターのみが到達した究極の極意の世界。

一投、一撃。
ダイラッカをキャストしてフォールさせるだけで、ビッグバスが簡単にキャッチできる。
実は、キャスティングからランディングまで、様々なコツが幾つかあるので紹介します。

キャスティングフィール、リフト時のストローク幅、ピックアップリトリーブ。
フッキングからランディングまで、実は一つ一つの動作を丁寧にやることが大切。
スプーンマスターへの道は、奥が深く、システマチックにすでに完成された釣り方。

また、既に完璧に完成したビッグスプーン(ダイラッカ)ではあるが、
なぜ、このスプーン:ダイラッカだけが、ビッグフィッシュを効率よくキャッチ出来るのか?
その理由とは? 実は絶妙なバランスで出来ている。その秘密も公開しよう。

ビッグバスキラー、ダイラッカの秘密

●ハイスピードフォールスピード

毎秒60cmという、ハイスピードなリアクションフォールスピード。
ハイスピードリアクションフォール時には、強烈なフラッタリングでアピールし、
かつ、ビッグフィッシュにルアーかどうか認識させる前に、リアクションで慌てて食わせる。


●スケールカラー & プレミアムカラー

初回、全8色(ベイト系 6色、ゴールド系 1色、クラウン系1色、)
さらに、プレミアムなゴールドとシルバーの2色が追加され、現行版は、全10色。

20130829_02_20140624184421c25.jpg

ステインウォーターでも最も効果が高く、TVやmovieでも、ビッグフィシュを連発していて、
大人気だったのが、初回発売された、ゴールドラッシュ。これに、もう1カラーゴールド系が追加。
ゴールドラッシュは、塗り金で、どちらかと言えば、少し落ち着きのある味わい深いゴールド。

20140623_07.jpg

現状の河口湖はクリアですので、シルバー系統の方が反応がいい感じですが、
ちょっとステインウォーターになれば、このプレミアムなゴールドは相当イケてます!!

20140412_07_20140624184127df7.jpg

プレミアムゴールドは、ゴールドラッシュに比べて、よりフラッシングピカピカ。
フォーリング中のフラッタリングアピール時にまばゆいほどの光を反射してそれはもう最強!!

20140628_13.jpg

ぜひ、絶品なプレミアムなゴールドをご堪能下さい。


●フロロ20lbライン

基本は、ロングロッド7フィートクラス~7フィート3インチぐらいまで。
HアクションからXHのパワーのあるロッドを使用します。
また、レギュラーでもファーストテーパーでも構いません。お好みで。

フロロラインは、推奨は20lbで、これは、よりディープで伸びの少ないフッキングを実現。
ランディングも決して切れることが少ない20lbという太目が使えるのも、
ビッグバスをキャッチする上で、ラインブレイクの危険性を取り除く上でもアドバンテージ。
スプーン自体のアピールが高く、糸の太さでバイト率が変わることはありません。
これは、ルアー本体の波動が大きいビッグベイトでも同じことです。

●ブラックパフォーマンス

ダイラッカの標準セッティングのティンセルフックは、ブラックパフォーマンス with フラッシャー

20130929_01_201406241832484ae.jpg


科学研磨による超シャープなフックポイントはもちろんのこと。
ややスプロートベンドであり、ガッチリフックアップしたら、
よりフックが食い込み、かつ、内側のベンドがバスをホールドしてバラさらない。

少し硬めのティンセルは、スタビライザーで整流効果を生み出し、
スプーンの動きをトータルバランスで支えている、重要なパーツになっております。
かつ、バイトポイントにもなっております。
さらに、ティンセルがバラケにくい束ねているパーツ構造は、ガンガン使えていい感じですね!!



ロッドやリールのトータルバランスセッティング。
根掛かり時に、より回収出来る小物アイテムなどは、以前にも公開しましたのでぜひ、そちらをご覧ください。
ではでは。今回はどこよりも絶対的に釣れる、違いの分かるビッグスプーン講座でした。
スポンサーサイト
2014.06.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2935-645b3e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析