gunter_jig_light.jpg

ガンタージグライト

ノリーズ・ガンタージグライト 2014NEW が到着しました。


夏頃・・・・・密かに1個プロトサンプルを頂いていたのですが、あまり出番機会が無く。
かなりポテンシャルは高いと思っていたんですが、なかなか河口湖バージョンにするのも怖く。
そんなわけですが、エスケープツインとのセッティングでカバーを攻めれば釣れます!!!




ノリーズのスタート以前から実に20年以上に渡りエキスパートアングラーに支持される「ガンタージグ」シリーズに、スイミングフォールを意識したライト系アイテムの「ガンタージグライト」が追加登場。感度に優れる樹脂タングステン素材と絶妙なアイポジション、ヘッドシェイプの相乗効果によって、シリーズ共通のヘビーカバーのスリ抜け性能をさらにスープアップ。 カバーをスムーズにスリ抜けてくるのはもちろん、ライトウエイトでありながらより深くカバーへ落ち込んでいくことも可能にしています。ガードとフッキングの理想的な両立を果たしたブラシガード。貫通性能と強度をバランスしたオリジナルフック。スリムなトレーラーでも確実にホールドするモノフィラキーパーなど、細部に至るまで「ガンタージグ」の名に相応しい仕上がりとなっています。FECO対応モデル


style.jpg

拘りのデザイン

ヘッドは樹脂タングステン。軸・シャンクの長さ・ゲイプ角度など拘りぬいたオリジナルフック。細身のトレーラーでも形を損なう事なくホールドできるモノフィラキーパー。スライドフォールを意識した全体バランスと、完璧を求め細部までこだわり抜いたデザインとなっています。ヘッドサイドにはFecoエコタックル認定品の証である「F」マークと、ウエイトが刻印されています。

ジグ&ポークの場合

と、いうことでございまして、JB/NBCエコタックルトーナメントで使用できます。
河口湖バージョンでは、ウィードエリアで釣る時、アンクルジョッシュトレーラー使用の場合は、
思い切って、ワームキーパーをカッター等でひっぺがえしちゃいましょう。
なぜかといいますと、少しでもウィードの切れ端が掛かるのを防ぐためです。


エスケープツイントレーラーの場合

ワームレイクでのエスケープツイントレーラーですと、ガッチリホールドしてくれて有難いです。
埋め込み型・L字の針金系のキーパーもいいですが、これもある意味発明級の拘り。
リザーバーなどの立ち木にガンタージグライト・ブチ込んで釣りたいですね!!




前回のGAME131ですが、釣りビジョンさんの津久井湖ロケで、田辺プロがデッカイのを釣っていましたね!!

スポンサーサイト
2014.02.03 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2807-c6496823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析