20130918_02_20140109173205ca6.jpg

キャスティンググローブ講座

昨日の、冬物アイテムに続き、今回はフィッシンググローブについて。
2013年度にノリーズより発売されたフィッシンググローブは、2種類あります。

秋の9月発売だったのが、「キャスティンググローブ NS-01」 でございます。
初冬の12月新発売が、 「キャスティンググローブ NS-02」 でございます。


フィッシンググローブ派のみなさんは、どういう使い分けをしているのか気になります。
私もフィッシンググローブ派なので、私なりに四季で使い分けを紹介したいと思います。

四季と言いますと、1月~12月まで春夏秋冬あります。
私的にフィッシンググローブが必要無い時期を言いますと、6月~8月の夏季。
逆算して11月下旬~3月下旬までの冬季は厚手のグローブを使用。
それ以外の4月~6月、9月~10月中旬ぐらいまでは、やや薄手のグローブです。

簡単に言えば、気温で判断して素手でイケるのか?
それとも手の甲が風が冷たく感じてストレスを感じるのか?
そういった寒さの具合で薄手・厚手をコントロールすればいいんです。
それだけでいいんです。それだけで。


CASTING_GLOBE_NS-02_fullfinger_OS_omote.jpg

ノリーズ キャスティンググローブ(フルフィンガー)
  CASTING GLOVE NS-02


ノリーズ キャスティンググローブ(フルフィンガー)"CASTING GLOVE NS-02"

12月新商品ですので、ガッツリ使い込んで・・・・・とまでは、
しっかり釣り込んでおりませんが、晴天・晴れの日や曇りの日の冬季にいい感じですね。
冷たい風を防ぎ、ロッド捌きなど、グローブ装着、それでいてやりやすいタイプ。

ただ、冷たい極寒のみぞれや雨、または、グローブが染みてくる雪などは微妙な感じがします。
こればっかりは、完全保温的なチタン合金入りのタイタニュームグローブしかないかなと思う。


glove_20140109172106709.jpg

ノリーズ キャスティンググローブ(5本切)
  CASTING GLOVE NS-01


ノリーズ キャスティンググローブ(5本切) "CASTING GLOVE NS-01"

春、秋、モデルと言った、やや薄手のキャスティンググローブ。
人間工学と言うか、手の関節が曲がる部分まで考えてあるようにしっくりくるタイプです。
結構、バスが釣れるハイシーズンに使用するので、必然的にこのグローブで釣れてる!!!

ただ、やはり、いろいろなグローブと比べて高価なので・・・・・
ブラックバスを釣って魚体を触ってヌメヌメにしたり、
ライブウェルに入れたバスを取り出す時に、グローブのまま突っ込みたくないですよね~。

ノリーズ キャスティングローブ NS-01 は、人気商品で品薄です。
もし、欲しい人がいらっしゃいましたら、いいタイミングで買わないとあまり売ってへんで。




博多・ハニースポット

ハニースポット

関東では、既に SOLD OUT ばっかしですね。
九州のハニースポットさんで、唯一、キャスティンググローブ NS-02 在庫ありですね。
 →ハニースポットHP → オンラインショップ → キャスティンググローブ で検索









スポンサーサイト
2014.01.09 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2784-cf9bedde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析