rangerboat.jpg

2013 Deep Impact Best 5

みなさんこんばんわ。タカヒロ足立です。
昨日で仕事納め、土日で仕事納めの方も多いとおもいますが、私は一足先に帰郷しております。
結構、雪が多くなってきた日本海側で、なかなかいろいろと忙しかったのですが・・・・・
まだ、いろいろ書いてない記事も多いのですが、なんせ気分と肩の痛さの具合で書くので。
今日は、今年2013年、一番インパクトに残ったルアーを紹介させて頂きたいと思います。

新しいジャンルを築きあげたルアー、また、ロクマルサイズばかりを仕留めたルアー。
いろ~んなルアーがあると思いますが、サイズや重量などそういったモノサシ的な実績では無く、
私自身がディープインパクトを受けた、新しい異次元の扉を開けた衝撃のルアーランキングです。

もちろん、スポンサー様に提供して頂いておりますアイテムも多数ございますが
私自身、お客様には「湖・バスという自然に対峙しての真剣勝負」をしていただき、
真剣にモンスターバスと戦って欲しいというのがモットーでございます。

なにがなんでもノーフィッシュで帰って頂くケースは、かなり避けたいので、
他社ともいろいろな釣り方やルアーを比べたり発見したりして、次のステップへ向かいます。
その日に合わせた条件のあったルアーをチョイスすることこそモンスターへの近道。


釣り方の好き嫌いを言っていては、まず、その日に釣れる可能性のあるモンスターサイズを
仕留めることがひょっとすると出来なかっただろう。と言う日がやっぱあり、やはり超悔しいので。




gorillajig.jpg


No.1 Gollira jig ゴリラジグ (ドラゴンルアーズ)

毎度のことながら、実は・・・・・ある時期を境に、私の超ど定番となったゴリラジグ。
あえて、あまり言いませんが・・・・ロクマルモンスターサイズ含め、かなり水揚げしてました!!
本当に言いたくありません。本当に誰でも簡単に釣れるのですから。
2104は、さらにバージョンアップしてヒュージ?????




shotover5.jpg


No.2 Shot over 5 ショットオーバー5 (ノリーズ)

今年は、超減水の後、台風2発で超増水となってしまい、12月まで満水状態が続く。
ウィードラインがすでにかなり水没してしまい、ウィードパンチングジグで太刀打ち出来ない状況で、
シャローウォーターをあえて、ディープクランキングで、まるでパンチングするような使用法。

deep_impact.jpg


連日、晩秋の厳しい状況ながら、高確率でディープクランキングで、モンスター獲れてました!!
湖上では、”クランキングパンチ”ゆうて、ビッグサイズを釣ってましたね!!!



P326004145_20131228232356789.jpg


No.3 i Waver

冬の間から、兼ねてから、ちょっとづつ調査していたi字系ルアーなのですが、
まず、このルアーのリトリーブスピード、流すコース、スポットなど、結構極めるのにコツがいる。
春のほんのわずかな1週間でマスター出来て、i字系ブームに乗り遅れることなく、
プチフィーバーして、おまけに、お客様に57cmも釣って頂きましてなんとか完結!!




P5060066_20131228232419641.jpg


No.4 ジョインテッドクロー

日本各地で10年現役バリバリで生きるビッグベイトとして売れ続けているルアー。
いろいろな使い方があるのですが、今年は、あわや45~50サイズのトリプルヒットとなりかけ・・・
(実際は、45サイズがダブルヒットとなり、内、1本だけ獲れた)
新たなる使用法や使い方をマスター出来たような感じがしたと同時に再び衝撃を感じた。




P4260156_20131228232509a1d.jpg


No.5 タダマキ132 (ノリーズ)

ハッキリ言って、まず、各メーカー、今までかなりのジャークベイトを投げ倒してみた。
もちろん2013も当初は各メーカー・実績のあるジャークベイトを投げてもみたりしたが、
徐々にタダマキ132の本当の実力・最強の神カラーまで突き詰めることが出来て、
このタダマキ132と言う、ジャークベイトこそマスター出来れば、春に強いこと間違いなし。
だって、2.5m潜るジャークベイトは、業界内でも今春まで存在しなかったのですから。




ビッグスプーン ダイラッカ

130927_222727_ed_20131228235304e46.jpg

究極の衝撃的な釣り方。ディープインパクトと呼べるのかどうかは、
私の中で、超熱いものが込み上げたかどうか?それは、ちょっと燃える炎はやや弱かったのだ。
なぜなら、ビッグスプーンでバスが釣れる事を、ガッツリ釣り込んだ上で知ってたから。

だからこそ、今まで以上であり、全く違ったビッグスプーンでもあり、釣りまくりたいとか。
秋林プロが考案してノリーズが作り込み、誰一人妥協することなく、
しっかりしたアイテムの試作品も完成して、一気にプロトサンプルまで特急で到着。

dairakka1.jpg

dairakka2_2013122823530733a.jpg


そして、河口湖・西湖をはじめとするテスト釣行で素晴らしい結果が出せたのは良かった。
一番感動したのは、本製品が全国各地でリリースされ、河口湖・西湖・芦ノ湖・相模湖
津久井湖・亀山湖・高滝湖・津風呂湖などなど、どのフィールドでも、完全に釣れている!!

もちろん河口湖でもいろいろな方々が使って頂け、結果としてビッグフィッシュが簡単に釣れる
ルアーとしての一つの位置付けとして、そういうアイテムが定着しつつあるのが嬉しい限りですね。
スポンサーサイト
2013.12.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2774-9a8af935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析