kt-gigaweb_198-gorillahead42.jpg

ゴリラジグ・ジグヘッド発売!!

一部の地域の皆様のエリアの釣具店にて、ゴリラジグのジグヘッドバージョンが発売中です!!
実は、ほんのごく一部の地域のようで、私もお客様からお問い合わせがあるまで知らなかった。
もちろんクラフトマンシップの魂をそそるようなアイテムですので、
一つの形ながら、そこからいろいろな変化を加えて、マイオリジナルに出来ますね。

  ※商品写真は、神奈川トヨタmyXさんより拝借しました。


でも、まあ、基本は変わらないので、あえて言うなら、
ガードの硬さを市販の物で厳選したり、シリコンスカートを自分好みで巻くのがいいでしょう!

とは言え、ハンドタイイング初心者の方は、わざわざバイスを購入して、
ボビンも購入、スレッドも調達して、接着剤を付けて巻くのも実は初心者だと難しい。
そんな方は、ぜひ、この下記のアイテムがあれば、簡単にラバジの色合いを調整出来ちゃいます!

P6160276.jpg

シリコンラバーアンブレラ

このアイテム一つで、ワンタッチでゴリラジグヘッドをお好きな色のラバージグに出来ます。
バレーヒルさんよりの発売でして、カタログではすっごいたくさんの色がありますね!
そこで、私がやっている即席ラバージグを紹介します!と、いうほどでもないんですけどね。


P6200195.jpg

これは、秋林プロに私個人の使用目的でワンオフで作って頂きましたホワイトジグヘッド。
いい感じのホワイトなんだが、実は、かなり塗装工程が多く、もう作らないとのこと。


P6200196.jpg

ホワイトジグヘッドにバレーヒルの”シリコンラバーアンブレラ”を装着する。
そうすれば簡単に即席でお気に入りカラーのゴリラジグが出来ちゃいますね!


P6200197.jpg

目玉は愛嬌で!
目玉シールの小さ目ならサイドがややフラットですので貼ることが出来ます。


あとは、ブラシガードをお好みで装着したり装着しなかったり。
ウィード攻略で使用するならガードは絶対必需品ですが、
実は、砂場や小砂利などのエリアにてリアクション的に釣る場合はガードがいらない場面も。
基本着底姿勢が、フック上向きで横倒れしないので、意外と引っかかりにくい。

ただ、河口湖特有の溶岩地帯、岩場などでは、ジグの重さでヘッドがボコボコ、
また、アイが埋め込み式なので、実は、ダイレクトに糸が擦れてしまう可能性もある。

これは、ビッグベイトにも言える事で、頭下がりのバランスだと、
まず、アイ→ラインの順でボトムにラインが接地してしまう。スナップがあればガードになる。
と、いうわけで、ルアーは考えれば考えるほど奥が深く、
釣れるカラーリグや、形を求めるのが一番おもしろい部分でもあると思う。
スポンサーサイト
2013.06.20 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2559-c92d744c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析