みなさんこんにちわ。
3月~4月の春のバスフィッシングパターンを紹介します。
基本的に、タカヒロ足立流では、準備出来るものは完璧に準備して、
さぁ、いざ、フィッシングシーズン幕開けにドカンと仕留めてもらいたいものです。

今年の春のテーマーは、ストロングパターン&フィネスフィッシング。
ビッグミノー、ビッグベイトを中心としたパワーフィッシングでデカバスを狙う。
スモールミノーを中心としたデッド系ルアーでデカバスをテクニカルに狙う。
ライトリグ系のシラウオスイミング系の釣りは・・・基本わかんないんで。終了。



●春のジャークベイトセレクトその1 ~水深1m前後~

  ルアー レイダウンミノーミッドSP 110MID 
  ロッド HB640ML、または、ST680MH
  リール メタニウムMgDC
  ライン フロロカーボン16lb


  勝手に釣れ筋期待カラー!!    

   1.ライブワカサギ
   2.パープルワカサギ
   3.ライブハス
   4.USゴールドラッシュ



●春のジャークベイトセレクトその2 ~水深2m前後~

  ルアー タダマキ132、タダマキ112
  ロッド HB640ML、または、ST680MH
  リール メタニウムMgDC
  ライン フロロカーボン16lb


  勝手に釣れ筋期待カラー!!    

   1.ハーフミラーワカサギ
   2.ライトニングハス
   3.オーロラゴースト(タダマキ112のみ)
   4.タナベセレクトタイガー
   5.パールアユオレンジベリー


タダマキ132のサスペンドチューニング(gamakatsu Hook)

DSC01081.jpg

 フロントフック(トレブルRB-M ショートシャンク ♯5)
 センターフック(トレブルRB-MH ♯4) リアフック(トレブルRB-MH ♯4)

このセッティングだと、おおよそスローフローティングに設定できる。
全部のフックをMH-♯4にセッティングすると、ほぼジャストサスペンド。
だが、ジャストサスペンドだと、ジャークした後の突っ込みで沈む事も。
スローシンキングになってしまうと、激根掛かりなので、シンキングにはしないように。

DSC01083.jpg

いろいろ考えたセッティングですが、フロントのフックだけショートシャンク。
トリプルフックを大きくする事で、根掛りが多くなるのはもちろんのこと。
クランクベイトしかり、リップでこう、壁になって根掛り回避になるのだが、
泳いでる時、リップよりフックポイントが下がると、あまりいいことなさそう。
まあ、これは、科学的に証明出来ていることではなく、気持ちの問題もあるんですが。


●春のフィネスミノーイング セレクト ~水深1m前後~

ルアー OSP アイウェーバー SSS
  (ゴーストライムチャート、ピンククラウン、フレッシュワカサギなど)
ロッド HB640LS-SGt、ST680MLS-ULFt
リール スピニングリール 2500番
ライン フロロカーボン4.5lb


今年、シラウオ系ポークミドストに対抗出来そうなI字系アイテム。



●春のフィネスミノーイング セレクト ~水深3m以上~

ルアー ジャッカル ソウルシャッドDDR
  (ゴーストワカサギ、ビジョンワカサギ、SKシャッドなど)
ロッド HB640LS-SGt
リール スピニングリール 2500番
ライン フロロカーボン4.5lb、5lb


ルアー メガバス ライブXリベンジ
  (GGワカサギ系カラー)
ロッド HB640ML
リール アルデバラン 5.8
ライン フロロカーボン10lb


P3110294_20130301030434.jpg

P3110296_20130301030436.jpg


通常のジャークベイトでは、水深が深く、太刀打ち出来ない場合は、
ディープダイビングシャッドをライトラインを使用して、3m以上を攻略します。
実際、1~2mまで刺してきていない場合、
また、刺してくるピンスポットがディープの場合、テクニカルにバイトを誘います。


なんか、こう。
さんざん、ジャークベイト縛りで引き倒しても、実は、深めの3mに居ました。
なんてケースも昨年多く、獲りきれないのは、正直残念な一日に終わってしまう。

サスペンドミノーをフックを大型にしてスローシンキングで、
フロロライン使用でルアーもラインも沈めて攻略出来なくはないのだが、
実際、これは、時間も掛るしリズムも悪く、かと言え、
次にお客様が自分で出船される時にオススメ出来る技かどうかと言えば・・・微妙。

実際、メーカーはその後、同じルアーでダイビング系統を発売しますし、
いままであったルアーを無理して使用する意味もあんまり無いと思います。
とまあ、たまにお客様からお問い合わせがある深め攻略のチューニングです。




●春のバイブレーションプラグ

  ルアー TGラトリンジェッター
  ロッド HB680M、または、HB760M、または、ST6100MH
  リール メタニウムMgDC 
  ライン フロロカーボン14lb


  勝手に釣れ筋期待カラー!!    

    1.ホログラムレイクシャッド
    2.セクシーシャッド
    3.パールアユオレンジベリー




●春のスピナーベイティング

  ルアー クリスタルSディーパーレンジ 3/4oz
  ロッド HB680M、または、HB760M、または、ST6100MH
  リール メタニウムMgDC 
  ライン フロロカーボン16lb


  絶対的必要カラー!!
 
     1.パールブルーシャッド
     2.ライブゴールドアユ
     3.ライブギル
 
  ゴールド系、シルバー系、ガンメタブラック系の3系統のカラーを用意    

moblog_aed29f69_20130301024635.jpg
  

昨年、偶然、同じ日に釣りに居合わせたお友達の写真。
何年かに一度、スピナーベイトや鉄板系の釣りで春にハマることがあります。
時に鉄板系でロクマルがあがっているデータもあるので、必須アイテムとなります。
写真は、ボトム系スローローリング・アンダースピナーベイトで釣った50UP!



●春のビッグベイティング

  ルアー ジョインテッドクロー178
  ロッド HB680XH
  リール メタニウムMgDC 
  ライン フロロカーボン16lb~20lb

P32501241500450_edited-1.jpg

  実績カラー
 
     1.ハス
     2.有頂天 ブリーディングシャッド

moblog_18c9f1bc_20130301025720.jpg  P3250123_20130301025721.jpg

みなさん、ほんとは、こんなビッグベイトがいいですよ!
とか、いろいろブログに書いていたりするんですが、本当に釣ってんのかよ。
って話題性重視で思ってしまうんですが、まずは、論より証拠が大事ですよね。

特にビッグベイトは、ビッグベイトフィネスというように、
しっかりとしたタックルセッティングやカラーのチョイスなど重要になってきます。
去年はなぁ~、もう1発ロクマルクラスの弾丸アタックがあったんだけど・・・・・

去年、3月~4月下旬までに、ビッグベイトで仕留めたのは2発。
実際、短い春ながら、タイミングをアジャストすれば数はこんなもんです。




●春のカバージグフィッシング

  ルアー ガンタージグフリップ + ビッグダディ
  ロッド ST680MH、または、ST6100MH
  リール メタニウムMgDC 
  ライン フロロカーボン16lb
  カラー ブラックジグ + ブラックダディ ヨシノボリジグ + ブラック

DSC01077.jpg


今年の新色のヨシノボリカラー、ソリッドコーラ、最高ですね。
あえてポピュラーにイメージを言いかえるなら、ブラックブルーとブラックブラウン。

私が好きなのが、ビッグダディ・ブラックなのでブラック系のジグにブラックダディ。
「色で迷わない。」ここまでの突き止めたレベルがMAXだと思う。



春のビッグバスハント・オススメ日(潮時表・大潮まわり)

  3月、12日、13日 25日、26日、27日、28日

  4月 9日、10日、11日 23日、24日、25日、26日


春の第1陣となるのが、2月下旬の26日前後。
この頃は、まだプリスポーン・ディープって感じですので、
本格的にハードルアー系統で釣れだすのが水温が上がる3月27日前後がいいと思います。
よく琵琶湖で言われるのが、春の第1陣から数えての大潮まわりの2回目。
この頃が一番大型バスの接岸する量が多くなるからなのです。

ただし、3月13日前後は、まだまだ低水温期で50前後が反応しにくい水温。
この水温こそ、データ上、スーパービッグバスを選んで獲れるタイミングでもあります。
本当の本当は、3月下旬は人が多くるのでこれはこれで釣りにくいんですが・・・・・
人がいなくて、一番デカバスが接岸するタイミングがあればって考えますよね~。


ゴリラジグ 2013

DSC01035450_20130207180839.jpg

そう言えば、2012年度分のみの限定生産予定だったゴリラジグ!
関東・関西、即完売になったお店も多く、評価を頂きましてありがとうございました。


ご好評につき、2013年も生産して3月中に各ショップにデリバリー開始の予定です。
春はまだちょっと出番がないのですが、6月以降は必ず必要になるアイテムです。



う~ん!!ちょっと増産は、個人的に残念無念だったような。。。
フィールドテストしている身では、これほどまでに釣れるアイテムはなく、
内心、皆に使って欲しくない。それほどモンスターを楽に獲れるアイテムだから(笑)
ともあれ、みなさんで使って頂きまして、夏秋のデカバスを獲っちゃって下さい。
スポンサーサイト
2013.03.01 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2461-cfcfff29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析