10300_20120809_140228.jpg

JB 河口湖Bシリーズ
          釣りビジョン CUP 


今日は、JBイースタン河口湖Bシリーズに参戦。
このシリーズは、本年度は、あまりいい成績が出ていなく不甲斐無い結果がほとんど。
ただ、いつも心には・・・常にビッグバスハンターの闘志を掲げ全力で挑む・・はず。。。


凪ぎ・・・灼熱の河口湖

当日は、弱い東風、時々凪の灼熱快晴河口湖。
こういう日は、ライトリグ組が圧倒的有利に働くわけですが、TAコンピュータにはそれが無い。
一応、ブラックレーベル・デジーノチューンモデルのスピニングも搭載していたがリグって無い。

一瞬、プロとしての意地ののリミットメイクも心をよぎったが・・・・・
小さいバスをかき集めて大物が混じる展開は、少数精鋭のこのシリーズではマイゲームでは無い。
ひたすらストロングパターンを求めて、やりきってビッグウエイトを目指すのが結果が出る。

ワカサギ船団の叩き合い!

朝イチは、鵜の島東のワカサギパターンでプチ船団の叩き合いになるも、
まわりは小型の入れ食いをよそみに、ビッグフィッシュパターンは空振りに終わる。
様々なビッグフィッシュパターンをやってみるも、やはり一筋縄ではいかない感じ。


そうこうしている内に、朝からデイタイムへの切り替わりのタイミングへ向かう。
ひたすらランガンして、自分を信じてとにかくありとあらゆる方法でバスを求める。
やっとのことで、8時半頃に、38君・800gぐらいのを深海ラバージグでキャッチ。


灼熱でフラフラ。。。

さらに長いトンネルはつづき、灼熱で肩凝りで体が張ってネムネムでフラフラな感じ、、、
地獄のデッドスローエリアが長く、だがしかーし産屋ヶ岬エリアに到着すると誰もいなく、
岸寄りから沖の水中島、浅い場所から深い場所までやりたい放題攻めてみるも、いまへんがな。


いよいよフラフラなまま、ちょっと東風が吹きはじめて、
適当に産屋ヶ岬の沖の昔にあった黒ブイの位置のちょっと浅くなっている台地に投げたら、、、




「うぉっ!!!!!」



  グググッって!!! キテますやん!!




ここで一気に目が覚めて、しっかりとフッキングをかまして、キッカーサイズかも?
と、思って、必死にいなしてランディングすると・・・ちょい小さい。。。。
だが、これが、まあまあサイズで43cm、1200g捕獲セリ!!



じゃあ、あと一本キロアップでお立ち台だ!



と、思って再び投げまくってみるも、今日は、これで打ち止めか。

P8090047.jpg


個人採点的には、2本しか釣れず、あと一本釣れず、60点ぐらいだったけど、
まわりもローウエイトで、なんなく団子を抜け出せて入賞だった。

moblog_13bf36a5.jpg

こういう展開こそ、勝ち切れずに悔しい1日でしたね。
あと、一本55ぐらいのがキテくれればなー。
と、思いつつ、ショーミーが55cmをソウルシャッドで釣ってた。


10300_20120809_135428.jpg

またまたちょっと表彰台で、ラバージグの極意について語ってみました。
基本的にいいラバージグといいタックルシステムと信じて投げまくってみるのがキモ。

ビッグフィッシュパターンの奥義をマスターすれば、高確率でキッカーが獲れる!!
毎回入賞するには、このレベルまで達し、勝ち方を覚え、まわりと違った攻め方がキーになる。
それが出来るか出来ないかが勝敗を分けると実感したトーナメントな1日。

10300_20120809_134231.jpg

で、何故かカメラ目線だった(笑)

10300_20120809_134330.jpg

後輩のショーミー君、おめでとう。次は負けないぜ!!!

moblog_4a97bdbb.jpg

無事に帰るまでが、トーナメントです(爆)  おしまい


JB/NBC 公式ホームページ
スポンサーサイト
2012.08.11 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2274-035e4c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析