FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
天候  晴れ時々くもり

水温  7~9℃

気温  -4~12℃

風   なし~やや強い

水質  クリア+やや白濁り


~春バスはどこへ?~

湖を釣りながらぐるっと回ってみました。
バスどころか、小魚いっぴきも見なかった午前中。

いったい、春バスはどこへ?

フィールドをよくみて、色々考えました。

●水深は最深部で20m
●リザーバー特有の急斜面・シャローフラットもある。
●沈みブッシュ・シャローに草・立ち木がある。

バスは1.5mのシャローでは見ることが出来なかった。
となれば、コンタクトポイント・タテスト・シャローフラットか?

と、思いましたが、水深3mぐらいのタテスト(立ち木ぐらい)は、ほとんどなし。
次にスポーニングシャローに隣接する岬の3mのハードボトムもダメ。

唯一、水深8mラインでベイトフィッシュとその他のサカナの生命反応ありまくり。
じゃあ、ココを攻めるしかないでしょう?
でも、ノーバイト。画像は、スーパー釣れそうなのに。


そんなこんなで、午前中終了


水温は上がり始めている
天候晴れ、ポカポカ陽気。
もはや、シャローにバスが刺しまくりは時間の問題。


さあ、どうする!!


~結局シャローフラットでサスペンドミノー~

午後からは水温があがり、9度まで上昇。(朝は8度くらい)
表水温が温められ、太陽光線が当たる限界水深1.5m。
この時期のバスは陽を受けて温まりたいはずだ。
そして、その水深にサスペンドしている。

なので、その水深を攻める【絶対の自信を持つベビシャ60】をシャローフラットで投げまくり。
偶然にも、ベイトフィッシュも刺してきたようで、時折、キラッとしたヒラウチがみえる。

でも、ノーバイト。
アクションローテーション・ルアーローテーションもダメ。
そうしてる内に、風が出てきた。

この時期、サスペンドシャッドを喰うバスは風が吹くと食わなくなる。


~ディープで冬バス狙い~

春バスは釣れませんでした。
なので、冬バスねらいにシフトする。

やっぱり、水深8mではベイトフィッシュの回遊反応。
時折、キッカーサイズのマークも回遊してくる。
水中フィーディングの様子はない。

思い浮かぶ、釣り方をしつこく粘ったがタイムアップ。

土師ダムの様子

意外と狭かった、フィールドの大きさ。
ひょっとすると、フィッシングプレッシャーは高いかもしれない?
そのかわり、生き残った数少ないビッグフィッシュがいる。
たぶん、バスの絶対数は少ないと感じた。
出会った人の話では、
『ほとんど、釣れないが、この前50UPが上がった』と。ホンマか?

フィッシングプレッシャーが高いということは落とすだけでは喰わない。
+引っ掛けたり・シェイクを加えて、しつこく釣らないといけない。
センコーノーシンカーを落とすだけで釣れると思っていたが大違い。
今流行りのライトラバージグ+PEで、カバーを釣らなきゃいけない!?

偶然にも、チャプターの結果もでていました。
しかし、ほとんど釣れていない。

う~ん。釣れない・・・




こんなことを考えて釣りをしてました。


☆テキサスパワーローテーション
     パワーホッグだからパワーローテーション


3”ホッグ
    ↑ 
3”バルキーホッグ ※基準
    ↓
4”ホッグ
    ↓
ラバージグ+バルキーホッグ

    20060322205036.jpg



    Iプロを参考にパワーローテーションを考えていた。
    確かに、必要性を感じた。
    その他、ゲーリークリーチャー、ラバジトレーラーを
    チャンクテールに変えるなどを考えていた。
    クリーチャーはフォール主体の釣り。
    チャンクテールはリアクションを狙う。


☆ノーシンカーローテーション

センコー
    ↓
イモグラブ

    私は、イカが嫌いです。
    空気抵抗が大きく、素直に飛んでくれない。

    実際、イカが釣れる秘密は、
    【ズル引いて、止めたときのスカートの動き】
    想像すれば、水中でイカ自身が自発的にシルエットを変える。
    そこに、秘密があったのか!?ときのう、気がつきました。


☆ネコリグローテーション

ZOOMスワンプクローラー
     ↓
Rainスワンプクローラー

    どっちもよく釣れるネコリグワーム。
    レインの方が少しスリムなので、今日はタフか?と感じたら。
    ちなみに、レインスワンプはグリパンとスカッパノンしか釣れません。
    なぜ???


レイダウン・タテスト

リザーバーはカバーが多く、縦に伸びる複雑なストラクチャーが多い。
ここを、ためらうことなく攻めるには、どうしたらいいか?

そして、レンジごとにサスペンドしているバスを食わせる為には?
(フォール速度を変える テキサス→ノーシンカー)

バスにルアーを長く見せて食わせるには?
(引っ掛けて、シャイク。その日のコンディションのボリューム)

こんなことを考えていました。
スポンサーサイト

2006.03.22 Wed l 土師ダム l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/22-152f9b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。