バスフィッシングの基礎講座

本日は、ご新規1名様と1日コースで出航しました。
基本的なリクエストは、「バスフィッシングの基礎」を教えて頂きたいということ。

ハッキリ言いまして、知っている人にマンツーマンで教わるのが上達への最短ルート。
今の時代、本はもちろん動画なども溢れているが、実際にやってみるのも全く違う。
それに、自然相手ですので風の強弱など、フィールドでの対応力も試される。
ここで、マンツーマンでやっているとその瞬間でのアドバイスが出来るのです。
釣りはリアルタイムに状況が変わるもの。ただ、自分で開拓するのもこれまたおもしろい!!

見釣り

さて、初心者様と言うことですが、最近のレイクコンディションは、クリアで凪ぎ。
練習ばっかりで全く釣れないのもなんですので、午前中は釣って頂きたいと思う。
条件は、見えバスにアプローチをしてみてバイトするかどうか。


きのうおとといと、かなり風が無く水中観察が良く出来ます。
きのう同様に、アプローチが成功すれば、反応いいバスはだいたい食うんです。
ただ、今日はサイズがいいのが多く、釣れるタイプも多く難易度はかなり易しい。
だがしかーし、達人の技をもってすれば、慣れてれば昨年同様に10kg近く釣れそうなんだが・・・




ビッグバイト!

さて、1発目のナイスサイズがいて、こーしてあーしてこーすると・・・・・
いきなりのバイトでナイスコンディションの44cmのビッグバス捕獲セリ!!!

まだ時間があったので、続いて、もう1本にチャレンジすると・・・
やはりこれまたビッグバイト~、、、もフッキングが甘くバレてしまう。
さらに、まだまだ特大は居ましたがなかなかリズムに乗りきれず午後の部に入る。



午後は、基本的なバスフィッシング講座、キャスティングレクチャーをメイン。
お客様は、上達が早いしっかりとしてタックルを揃えられている。
それも、いいベイトタックルをお持ちで、バリエーションも何タイプかあってこれはイケル!!
ただ・・・肝心のベイトリールの調整法などリールの仕組みがまだまだでしたのでここも教える。

ベイトリールの「DCブレーキの調整、メカニカルブレーキの調整、ドラグの締め方」
キャスティングフォームからちょっとしたコツ、巻きモノのロッドの持ち手(右投左巻)
ロッドとリールの基本的な持ち方などなどを理由を説明しながらキャスティングを繰り返す!!


すべての道具に関しては、科学的・力学的に証明出来るモノ。
キャストに関してもルアーの重さやリリースポイントなど説明すれば理解できて、
なるほど、そういう理由でこういう感じにルアーが飛んで行くなどがわかります。




スポンサーサイト
2012.04.30 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2185-50df7d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析