moblog_5cac1816.jpg

いよいよ春本番!!

今日は、ぐっと春らしく季節が進行しましたね。
朝から風が全く無くここ2週間の爆風とは違い、珍しく東風が吹き、本当に穏やか~な。

こんな日は、、、


確実に刺してくる・・・!!



しかも、きのう月曜日もそうだったけど、
オフリミットの関係で、全くボート浮いてへんし、超ノープレッシャーの貸切河口湖。

みんな、週末に合わせてごった返ししすぎやで!!




んで、こんな安定した日に限って。。。

この日を狙ってのお客様予約が無かったので、今まで溜まっていた作業を進める。



はぁ~。長いぜ。


moblog_3b4bb368.jpg

ピットイン! 豆知識:空気圧とタイヤサイズ

まずは、トレーラーの各部チェックと空気圧とナット交換。
くたびれていたログナット交換の為に、行きつけのGSに朝9時から早々とピットイン!

タイヤ空気圧もRANGER正規代理店POPEYEさん推奨にセッティング。
タイヤサイズは、215/70R14(グッドイヤー・MARATHON・トレーラーシリーズ)を
国産のDV-01(195R14LT:トラックタイヤ8プライ)にタイヤ交換済み。
MARATHON(マラソンタイヤ)は、アメリカ経由で輸入すると一本26500円。。。
ただ、14インチタイヤの8プライクラスが圧倒的に少ないのが国内市場。

なので、215に比べるてやや細目になりますが、
195サイズが合うので(実は琵琶湖の人に教えてもらった)トラックタイヤを装着してます。
ただ、ごく一部に215と195の相互性が無く、強力なバズーカーで空気を入れるケースも。
こればっかりは、外車を扱うような専門店でしか機械が無くGSでは無理なそうです。


さて、実は、最近、思ってる事でアメリカ国内で発売されてるタイヤの厚さ。
国内産と海外製を比べると、タイヤにヒビは入るが、対候性能がある気がする。
知り合いから聞いた話によると、冬季は、分子レベルでタイヤの空気が放出されて、
タイヤの空気圧が下がると言う話だが、以外にアメモノの方が下がらない気がする。
でも、GYのMARATHONタイヤ3本(スペアタイヤ含む)8万は高いよなー。





小話はさておき。




長い一日がはじまる。





次は、ボートトレーラーを分解しつつ、ボルトを入れ替え。
だいたい3/8ボルトとM10ステンレスボルトを組み合わせて入れ替える。
本当は、ミリボルトを使用したいとこなんだが、インチを使わなければならない箇所もある。

シャーシブラックを吹きつつ(笑)続いて配線チェック。
まるで自動車整備工場なみに、錆落としとシャーシブラック塗り(笑)


ついこの前、車検場に行ったばっかなんですが、配線がちょっと長かったのと、
気になった箇所があったので、配線を短くして、簡略化、配線をチューブでまとめる。
簡略化とは、トレーラーランプをワンタッチで取り付け出来るように、
4極配線コネクターを使って、トレーラー側4極とランプ側4極をワンタッチで繋げる。



昨年11月から長々と行っていた、トレーラータイヤバンクの裏側の板の張り替え。
実際は、ホームセンターでベニヤ板を切り、防腐剤を塗って、ネジで取り付ける。

その前には、傷んだカーペット付きのベニヤ板を取り外す作業をやりました
ほとんどがリベット止めでかなり苦戦しましたが、、、まさしく破壊王の如く取り外し。
正直、これほどまでにリベット止めはアンチリベット派としてはやっかいです。

カーペットをベニヤ板に張るのも丸みがが多く苦戦しましたが、
なんとか裏側も緩み止めナットを使用して作業90%完了。あと10%は手が無いらない位置。
ボルト交換、配線まとめ、ベニヤ板が終わり、チェーンロックをまとめつつ、
さらに、慣性ブレーキ系の配線メンテナンスもしたかったが、
夕方になってしまい・・・ここで終了となってしまいました~。




まだまだ長い道のりになりそう。

暇でポカポカ陽気の日がまたあれば!
スポンサーサイト
2012.04.11 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2155-e7bf4ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析