FC2ブログ


今日は、石原さんと出航。

昨年の晩秋、アレのタイミングに合い、結構な入れ食いで楽しめましたね。

今シーズン初!ということで。

オーダー・ビッグバス!


というこてで久々の釣りは、一発大物狙い・Big・Bass・HUNTERコースで50upを狙い撃ち。


まー、今日あたり、数が釣れるのはわかっているのだが、

「あえてストイックにデカバスのみを狙い撃って行く。」

これが、過去、河口湖で66cm・12パウンダーも仕留め、ビッグバスを釣る最短のルートの思考回路。



基本的にフィネスは封印したハードルアーパターン。
大物が掛かった時は、なんなく取り込みたい。



ビッグバスが出るときは、ほんの一瞬のタイミング、一発で釣れることもあるんです。

そのチャンスに合わせてただひたすら撃ちまくってみるしかないですね!




さて、まずは少しおさらい。

タカヒロ足立の個人的な春のBigBassPattern

春のデカバスローテーションは、
ビッグベイト&ビッグルアー&バルキージグ

低水温期(4~7℃)までは、ミノー&シャッドのリアクション。

まあまあ水温(7~9℃)では、ビッグベイト・バルキージグ

スパイス的に爆風下では、
バイブレーション&スピナーベイト


バイブレーションでは、50up率はやや下がるが、
過去に50upも上がるのでローテーションの一つ。


さて、当日の前の夜は、満月だったからたぶん大潮だったと思う。



確実に刺してきてる!

これは、釣れる!



湖の雰囲気も刺して来てる感ムンムンで、色々なエリアが有望にみえる。

ここんとこ、シャローにシラウオも多く、
まずは岩場系のビッグミノーからはじめてみるがアタリなし。
早朝は、霜が降りるぐらい寒いのでタイミング的には晴れてから。



只今の水温は7℃後半から、13時以降は、MAX10.5℃前後。



エリア別パターンを分析すると、
大潮・満月などは、刺して来てるとレンジが浅く1m前後。
オスの40前後、メスの50upもこのレンジ。
やや深めの2~3mもいいが、少しサイズが下がる。
ただし、メスのスプーキーなバスは、一段下がったこのレンジにいることが多いの。


大潮で一度刺してきたエリアその後は、レンジがやや深くベイトに依存する。




さて、今日は、朝こそベイト依存系エリアを撃ってみたが、
日差しが出る8:30以降のタイミングで、今シーズン、まだ刺しきってないエリアへ。




すると、、、、

フローティング殺法も含めたローテーションで攻めるが出ない。




あっ!!!



まさか、ロクマル??!


やられた!




8時半頃、岸釣りでデカイのを抜かれましたねー!!


だいたい水深1m前後の葦の前のシャロー。


確実に刺してきてる!


この風が落ち着き、ポカポカ陽気のタイミング!



だが、まわりで50近いのがもう一本あがり、自艇には来ない。。。




午後は、気温が上がり、体感的には暖かくなりましたね。

朝のタイミングを逃せば、あとはエリアごとのレンジローテーション。



も、今日はデカイの出なく、終了。





なんだか、確実にホットエリアに居るのですが。。。
連敗続きです。




シラウオ系のパターンでは、2キロぐらいならまずまずあがってるみたいですね。
やっぱ、フィネスで気難しいバスもやんなきゃダメか~。と思ってしまう今日この頃。


だが、あのロクマルサイズはスピニングじゃ危険すぎる。
スポンサーサイト
2012.04.09 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2153-da763874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析