PB070170.jpg

平日期間限定・晩秋コース

今日は、ご新規様1名様をお迎えして「期間限定・晩秋のビッグバスコース」で出撃!!
只今、ビッグバス好調な河口湖。人の少ない平日を生かして狙い撃ちするプラン。
もちろん、フィネスフィッシングは完全に封印してのビッグオンリー狙いなのです!!


朝一は、ゆっくりめのスタートで気持ちを落ち着けてビッグタックルセット。
昨日ビッグバスが出たさかなや溶岩帯は、すでに先行者がいたのでスルーパス。
まー、秋は日替わりなので、そこに行けば釣れるというわけでもなく、
高確率で出るのだが、全域でしっかりとした攻めをしないと難しい河口湖。


まずは、そーてー場に行き、ハイスピードチャック&ハイスピードランガン。
あらゆるレンジを効果的に攻めたのだが、ビッグショートバイト2回のみ。
それから8時半頃の地合いを目指してランガンするもノーバイト。
想像以上に、昨日の夜間の冷え込みがきつかったようで激ニゴリ!!!


んー、こうなると、9時頃の地合いは、ターンの対処法その3で対応。
ズガーーーーーーーンと、とあるスポットを目指してボートを走らせると、
そこには、本日出撃している顔馴染みのガイドのお客さん尾崎さんのボート。

「釣れますか~と声を掛けると、釣れてませんよ~。」と。
でも、このスポットは昨日も45ぐらいが出て、絶対居るはずなんですがね。
しばらく2艇でやってみるも、尾崎さんが先行者なので悪いので少し離れて釣りをする。


すると、、、、ズギューーーーーンと尾崎さんの伝家の宝刀・ビッグスプーン炸裂!!
マンマルに極太のビッグフィッシュを水揚げしているではあーりませんか。


特大サイズのキープ法

最近、よく出没する55up~ロクマル未満。
このデカさになると、かなりのケアが必要で、50とは全く別の特殊なサイズ。
釣った者のみわかる、特大バスを元気にキープする処置方とは。

水深4mより深い場所で、ベイトタックルで浮上させた場合。
このデカさでは、釣った後でもディープに一気に潜る事は困難な場合が多い。
スリムで遊泳力のあるゴーマルとは違い、極太で重さがありまず泳ぐより陣取っている。
なので、自分の体重でエアーが入ったまま深海へ泳ぐのにはほぼ無理。
かといって、エア抜きをしないで横にするとエラ呼吸が困難で大型ほど酸欠に弱い。
釣った時の針を掛ける時のショックに紛れてすぐエアー抜きすることが重要となる。

しばし、ビッグバスガイドを休憩して、尾崎さん艇でエアー抜きの処置をほどこして、
完全にライブウェルに入りきらないので、大型さかなやライブウェルに直行してもらう。


その後、再開して午前中はやりきってみるも全くのノー感じ。
やっぱり、激ニゴリでかなり厳しく、ワンバイトこそビッグバスのような厳しさ。


やけくその晩秋クランキング

午後より、天気予報どおり西風ボウボウとなってしまい意気消沈。
ここで、毎年恒例の晩秋のやけくそのクランクベイト作戦を敢行する。

説明しよう、やけくそのクランキングとは、晩秋になり激ニゴリとなってしまい、
なおかつ風がボウボウになってなすすべ無し!といった状況を打破する為に、
やけくそで投げたクランクベイトがたまーに火を噴くことがあるというパターン。
本当はキッチリとしたキモはあるんですがね。

PB070183450.jpg

これが功を奏して、まずは、お約束のプラン通りの48cm捕獲セリ!!!
いやー、1本出れば安心です。だが、午前中の59からハートに火がついているので、
河口湖パンチング、スピナーベイティング、キャスティングジグなどでさらに狙い撃ち。

トップで! (偽)Big Buduuuuuuing!!

そして、15時頃の地合いへ。
少しベイト反応があり、こっ、こっ、こっ、これはもしや。と思い。

閃きのビッグバディングを敢行。もー出ないと思っている皆さん!!
まだまだ諦めちゃいけませんよ~。タイミング次第ではドカーーーンと出ます!!!

PB070204.jpg

これは、ビッグバドはあったのだが、微妙だったので少し大きめのメーカーがわからんバド。
ちょっとチドって、その他は、ほとんどビッグバドの動きだったのだがいかに!?



お客様が投げること数投目。

ジョーズの如く「ズドーーーーーーーーーーーーーン」と強烈な水柱が立つ!!!

一気に引きずりこまれた偽ビッグバドと、黒い巨体のビッグバス。

グラスロッドの吸い込みも生かして、バレないようにバレないように。

PB070192450.jpg

無事ネットインしたのは、楽勝2キロオーバーの51cm、2460g捕獲セリ!!
いやー、ここんとこ獲れそうで獲れなかったビッグバドのビッグバスをついに仕留めたり!

PB070199.jpg

最後は、アメリカのロコベイトのビッグスプーンを流して終了。

PB070201.jpg

上がアメリカ仕込みのビッグスプーンをリメイクして発売したDAIWA・Dスプーン。
下が元祖・アメリカンビッグスプーン(名前はなんだったけな?)
確か、Basserによるとアマケンさんの記事があって小さな工場で作っていましたね。

ってか、お客様が持っていること自体、すごくレアで感動した。


PB070187450.jpg

PB070194445.jpg

51cm、2640g 48cm、1400gの2本のビッグバス捕獲セリ!!
あー、でもあのロクマルサイズは僕らが先に入っていたらな~。と思っていたのでした。
ちょっぴり悔しかったですが、後半巻き返したので何とかなったでしょう!!!






おしまい
スポンサーサイト
2011.11.07 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

せくすぅいーすぷーんでは?
アメリカンビッグスプーンの名前は、確か、
せくすぅいーすぷーん(セクシースプーン)じゃなかったでしたっけ?

それにしても、連日、ビッグバスでてますなぁ。

今週末もいきたいお。
2011.11.08 Tue l K.Hosaka. URL l 編集
ビッグスプーン
Basser誌でおっちゃんがシールを張ってた一面があったのですが忘れちゃいました。
セクシースプーンですか~。

だいたいセクシーシリーズは、リメイクが多いけど。

どーなんでしょ!?

調査してみます。
2011.11.08 Tue l タカヒロ足立. URL l 編集
ジョー・スペーツ
愛称は、ビッグジョー 設計者 ジョー・スペーツ

流行の元の発案は、フラッター・スプーン。

琵琶湖の庄司潤プロのネット販売で幾つか買ってテストしてました。ほとんどバレて1本もあがらなかったけど。

と、いうわけでやっぱりセクシーシリーズは後発のリメイクが多いということです。
2011.11.10 Thu l タカヒロ足立. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/2002-2fa32259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析