10310_20110915_122743.jpg

短時間の河口湖Bプラクティス

ここんとこ、トーナメント情報を詳しく書けていませんでした。
と、ゆうか、今年は成績散々だったので久しぶりに釣れたので公開。

moblog_a1abba34.jpg

最近、現在のHONDEX最高クラスの魚探・HE-840を導入!!
これは、マジで湧水、ベイトの流れ、サーモクライン、魚群判別がすぐわかる。

前日プラクティスは、いろいろと忙しくて、所用の為、2~3時間の魚探掛け。
シャローはほとんど庭みたいなものなので、水深6m以上のディープをチェック。
ところが、ちょっと寄ったシャローでも台風の影響で陸でも湧き水がもこもこ。
水深50cmぐらいの浜辺でも湧き水の泡だったり、岸とインサイドウィードで
まるで魚道というような浜辺がベイト&鯉などが泳いでいる河口湖。

溶岩の隙間からも、ボコボコと目視できるぐらい湧き水がわんさか出ていました。
毎年ながら、ちょっとずつ、湧き水のラインが変わる河口湖。これに翻弄されるのか?

moblog_c1ef1891.jpg

練習・所用が終了後、、江戸前ばさー、、、じゃなく長谷黒さんとショーミーに連れられ、
山中湖センターフィールドに買出しに行ってジュースダーツをしたもんだから
ほとんどまともな準備も出来ずに、夜12時に寝て4時に起きる睡眠不足。

タックルセッティングも前回の反省を生かし、フィネス×2 & ベイト2本。
前日からのお天気予報は快晴ピーカンでほとんど風が無い予報の真夏日。
まー、状況は同じでしょ!?ということで、ハードルアーを全て置いておく。



で、最近、釣れているのかと言うと、秋晴れになると例年同様厳しい感じ。
厳しいというか、攻め切れればビッグバスが釣れるが、限りなく難しくテクニックを要する。
中途半端な攻めだったり、一つの必殺技を完成させていないと釣れることは少ない。

風が吹いたり、低気圧だったりすると、適当に投げた巻き物でガツンと食ってきたり、
ラバージグでもフォールで食ったりするのだが、高気圧だとそうは言えない。
まさに、釣れるか釣れないか。紙一重の高気圧・絶好の秋晴れの河口湖なのです。

スポンサーサイト
2011.09.14 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1935-9e82ec70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析