今年の傾向として、オイカワ・ハスなどの大型ベイトフィッシュが多い河口湖。
現段階では、大型を狙えばオイカワ、ハスパターン。+αギルパターン。

小型、中型狙いは、エビパターンと両極端に分かれる。


それぞれ、朝夕・日中の時間帯やタイミング、
秋に入ってくるスポットの爆発具合、気圧(秋晴れ、秋雨)などがあります。


今年の傾向として、オイカワ、ハスパターンでデカバスを狙うならトップウォーター。

毎日日替わりで、ほとんど回遊魚となってしまったデカバス。
毎日毎日釣れるエリアは違えど、トップで獲れるスポットや通し方、流し方などのトップを極めたパターンがあります。

まぁ~、連日デカバスばかり掛かってはいるのだが、
いかんせんバスがデカすぎて、ヘビーのロッドものされてジ・エンドみたいな。
あとは、運ですかね~。
フックアップやその後の対応は事前にレクチャーするんですが、なんとも歯がゆいばかりです。



さて、日中になると、基本的には、スピナーベイト、ビッグスプーン、ラバージグなど。

スピナーベイトは、層の釣りになるので、
3/8、1/2、3/4、1ozをレンジ別に使い分け。
ルアーは、夏場のクリアウォーターでは、タイトバイブレーション系のDゾーンがイチオシでしたが、
秋になってウィードの中を引きづらくなると、細軸ワイヤーもいいですが、
クリスタルS、ミニブロスなどもオススメです。

裏技として、スピナーベイトのディープハングオフリアクションとして、コロラドタイプも。
ドラゴンスピナーベイト、ウィンドレンジなどをディープのウィードで使用します。

昨年の秋、一番デカイバスは55cm、シャローのウィード巻きマシンガンキャストで捕獲してます。
秋のターン期間こそ、リアクション重視のスピナーベイト炸裂です!!


ラバージグも水深やウィードの密度にあわせて、3/8、1/2、1ozを使用。
細分化すると、キャスティングジグ(3/8、1/2)フットボールジグ(3/8、1/2)パンチングジグ1oz です。

基本的なトレーラーは、アンクルジョッシュ・ビッグダディでカラーは黒。

1ozに関しては、ウィードの密度や貫通力を考慮して、ポークリンドの浮力を考えて色々チョイス。
ビッグダディがいい感じに釣れますが、ウィードの底に貫通しない場合、デプス・フラットワーム110mなど。アンクルジョッシュのストレートのポークリンドもいいと思います。


秋は、ラバージグは、ビッグバスキラーでもあり、
通算58cmを筆頭に55upも何本か釣って頂いております。

それぞれ、キャスティングジグ、パンチジグなど各種パターンであがってます。
釣り方を極めているからこそ、レクチャー時に、確実にデカバス率は上がっています!
ビッグスプーンは、今月号のバサー誌を参考に。


つづいては、ビッグバス狙いのビッグベイト。

まだまだウィードの多い秋口は、砂浜系、桟橋系をジョインテッドクローで狙い打ち!

増水でウィードの上、およびインサイド側に間が空いた時で、なおかつ、低気圧。
詳しい使い方は、まだ秘密。

ほとんどスパイス的な釣りになりますが、釣れればビッグバス!!
あと、ティンバーJrも、台風前、秋雨の時にはドカン!と出ますよ。


最後は、スモールラバージグ。

基本的にスピニング、または、ベイトフィネスで攻めます。

スピニングは、3~4lb。
ベイトフィネスは、7lb前後。


ミドルレンジ~ディープの湧水系のベイトフィッシュ狙いでやります!
メインベイトは、ギル、オイカワ、ハスなど。

ラバージグのボリュームで食わない場合に使用します。(重さは、2.7、3.5g)



小型、中型狙い。
基本的にエビが居そうな、魚探で映像がいい場所で粘りの釣り。
低気圧だと、入れ食い状況になったりもします。

スモールラバージグ単体でのエビ色(銀)、スモールラバージグ&ポークリンドなど。
(重さは、1.8g、2.2g、2.7g)



まだまだたくさんパターンはありますが、秋の王道パターンは以上!
秋になって、大型も釣れる!釣れる!釣れる!!
一日中、夏とは違い、にチャンスがある感じなので、一日コースがオススメ。
じっくりと狙えば、ビッグバスがきっと出るはず!
スポンサーサイト
2011.09.01 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1930-a29f677e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析