P7070228.jpg


今日は、木曜日プロトーナメント。
前日、練習日はざっと様子を見てまわり、大きいバスのパターンをみつけていく。

1.ハスパターン
2.エビパターン
3.ディープパターン
4.沖のハンプパターン
5.ウィードインサイドのパターン
6.トップウォーターパターン
7.スピナーベイトパターン
8.サイトフィッシングパターン
9.モロコ接岸パターン(ドラッギング&トップ&クランキング)
10.湧き水パターン
11.ギルパターン

いろいろわけわかんないぐらいのパターンがありすぎて交錯するなか、
当日のお天気予報の雨で、どのパターンが成立するかを予想して練習する。
練習の段階では、ほぼ当日は上位はサイトフィッシング合戦と読む。
ディープウォーターにバスが少なすぎと、ミドルレンジは、プレッシャーが高い。
見えるシャローには、バスがごっそり居るのと、湧き水も微妙な感じ。

moblog_4b42e17f.jpg

今回のプラクティスでは、“水温躍層”と“ウィードの中”を徹底的に調べてみた。
本当は、1ozラバージグで打ちたいとこだが、エコ認定商品はモグラTG20まで。
これでは、思っているアクションが出来ないので、レインTG10Zメインにラバジ風。
やっぱり、コレでも釣れて、気になるスポットで40up×2本キャッチしてプラ終了。

moblog_62523144.jpg

当日は、雨。モロコパターンから試してみるも、今日はモロコ接岸なし。
サイトフィッシングに切り替えるも、見えバスがいなくなっており、トップへシフト。
トップウォーターへ全開でシフトすると、すぐに40cmぐらいがバイト!

そのまま、ラバージグの深海ゲームとシャローの1ozテキサスへ移行したいが、
肝心のラバージグBOXおよび、ビッグダディを発着所に置忘れでアイテム無し!
サイアク! しかたないので、西風どっかーんとなり、スピナーベイト打ちまくり。
ウィードアウトサイドで40ぐらいをキャッチして終了。
ナイスサイズは2本だったが、5本釣らなければいけないので・・・・悔やみます。

スポンサーサイト
2011.07.08 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1764-40240198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析