P6040100.jpg

サイト vs アフター

サイトフィッシング全盛の時代も、もうそろそろ終わりといったとこです。
水中でも、すでに衣替えが始まっている季節でパターンも以降しています。

ここ数日、タフコンディションが続いていると思われがちですが、そうです!!
一概にタフコンディションとは言えないのですが、
サマーパターンに近いので、ポイントを抑えた要所要所の釣りでビッグが出ます。
では、なぜ、タフコンディンションと錯覚するのかは、バスが産卵回復傾向にある為。

P6080104.jpg


産卵直後から回復するまでは、通称:どアフター、別名:ゲロポスト
この時期こそ食性を発揮してルアーにアタックしてきます。
ただし、まだまだ回復していないのでエビ系メインで必ず消化不良の赤いエビを吐き出す。

moblog_a5157bba.jpg

産卵回復して、ブリブリになってしまえば、サマーパターンに近く難易度があがる。
通称、朝マズメ、10時頃の風の吹き出し、午後より曇りなら15時頃。
快晴なら18時前後の夕方などの真夏のパターンのようなタイミングで釣れます。
タフコンディションと思われがちなのが、それ以外の時間帯で狙いにくいから。
太陽の角度を読んで、風が吹くのを先読みして風待ちして、ディープの湧き水もチェック。


その1.では、主に初夏のパターン。
その2.では、より夏に近いパターン。


初夏のパターンは、例年、まだシャローにハスがいるのでハスのボイルパターン。
そして、ブルーギルの産卵パターン。沖のギルネストパターンなどシャローを中心。
+アルファ、ポストスポーンのバスが潜んでいそうなウィードエビパターン。
さらに、今年はワカサギの稚魚もいるのか???とあるパターンも秘密的に。


その2.では、より夏に近いパターン。つまり水通しのいいエリアなどのサマーパターン。
朝夕は、タカヒロ足立大得意のトップウォーター&スピナーベイトスローローリング。
そして、昨年、お客様が55、53と連続キャッチしたパンチジグパターンも公開します!

20101122001745000.jpg

昨年、紅葉の時期ですが、EG:ワイルドスタリオン パンチパターン完成型!!
昨年は、夏はトップやりまくりでしたが、今年はパンチジグも用意して準備万全です!!


もうすでに、半分ぐらい水中は夏といったとこで、水通しのいいエリアが好調です。
そして、日中は水深6mより深い場所にもバスがどんどん入ってきています。
こうなれば、超スーパー激C級ピンスポットもデカバスが単発で入ってきます。
じっくりとスモールラバージグで我慢の釣りになりますが出れば50upも!!!
トーナメンターならではの、裏シークレットスポットもあるんですよ~。ただし単発!

さぁ~、これから楽しみになってきましたね~。
来週平日から、いよいよサマーパターンへシフト全開!!まだ空きがありますのでよろしく!!
スポンサーサイト
2011.06.24 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1737-3f930081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析