201004150004.jpg

今日は、ゆっくりスタートで10時より出航。
別件にて、突然のお客様ご来場でちょっと出遅れましたが、
かな~りいいお話を聞かせていただきありがとうございました。
  ※この続きは後日

10時より強い東風

さて、今日の朝の気温は4度と低い。日中は14度。
陸上ではポカポカ陽気でとっても気持ちいい~はずが、
湖上では、差すような冷たい風がちょっと甘っちょろかった私。
強く冷たく吹き付ける東風が、釣果も厳しくいっそう寒かった。

201004150005.jpg

スタート後は、すでに東風が出ていて、雰囲気はいい感じだが、
連日の冷え込みで、一夜にしてベイトが消えているので、かなり不安。
ちょっとはサカナっけも復活して、シラウオはぼちぼちいるが、
肝心のブラックバスさんとのっこんでいるはずのヘラブナ&イーコーがいない。


鬼のジャークベイトコース

今日は、鬼のジャークベイトコース+アルファだったので、
完全ハードベイトオンリーで打ちまくりましたが、やはりサカナっけが無い。
つまり、いい変えると・・・ノー感じ。

ならばと、これから入ってくる奥河口湖エリアの、
マンメイド系パターンにシフトしてみるも、メーター級のコーイーだけ。

流入河川沖のワカサギ回遊系を試してみるもノー感じ。
ビッグベイト系のプクプクウキウキ釣法を試すも、バスが出てこない。
サイトフィッシングで、いつもバスがいるエリアを除いてみるも、
やはりゴーマルオーバーは丸見えでテリトリー意識もあるけど、
ちょっと時間が掛かりそうなので、パスして、再びエリアに戻る。

この時点で、ネスト直前のバス、これから刺してくるバスの2タイプ。
すでに上がりきったバスもフローティングストラクチャーにいるが東風強し。
春は東から始まり、今日は東のエリアザブザブなので、パターンならず。

ヘラののっこみ

さて、お昼すりになり、するといました、ヘラブナの大群。
シャローの岩にいるバスと、ヘラの群れの外にいるバスと、
いろいろありましたが、晴れているとシェード意識が強く、
以前は、ベイトが入っているケースでは晴天でも風が吹けばつれたけど、
冷え込みが続いてからは、雨天・曇りでこそシェードから出てくる感じ。

最近は、朝で差してくるバスを瞬間的に仕留めるのか?
曇っていないとジャークベイトが炸裂せず、非常に厳しい状況に。


さて、グラス越しに見てパターン偏光。セイラミノー系パターンにシフトして、
急突進してくるバスは、何回かチェイスはあったものの、微妙な感じ。


夕方、最後の最後の最後の勝負で、日が陰った瞬間。。。
そして、ヘラブナの大群を発見したところで、

201004150006.jpg

鬼の千本ジャークベイトがついに!!なぜか、私に炸裂したところでタイムアップ。
ナイスコンディションの40upでしたが、バスは寒そうに尾びれが曲がり、
今、あがってきました系の、赤目&口内炎バスでしたね~。

な~んにも起きずに船中終わりかけましたが、一応魚の姿は見れました。
オンリーハードルアーゲームでしたが、状況良く、これでパターン炸裂せねば!!
ハードベイトリベンジは、次回への持ち越しとなりました。
スポンサーサイト
2010.04.15 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1218-2503295c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析