201002100008.jpg

今年の河口湖は、相変わらずワカサギ好調です。
いまの時期、ビッグワカサギ15cm前後がガンガンに釣れ、
何匹という釣果より、何キロという釣果で言い表される今日この頃。

山中湖には無い、ビッグサイズの河口湖ワカサギフィッシングですが、
大型のワカサギが掛かれば、それもまた一つの楽しい冬の河口湖の思い出になるでしょう。

リールを手でまわす

さて、そんなわけで、リールケースにしまっておいたリベルトピクシーをみる。
このピクシーというリールは、ダイワのフィネスベイトリールで、
細いラインで、ベイトで扱えるギリギリの小さいルアーを操ることが出来る。
ライトラインは、最低6lbまでOKで、実はワカサギ釣りにもよかったりする。
ペナペナの4フィートぐらいのワカサギ竿にピッタシなんです。


ワカサギ電動リール

もちろん、滝川クリスティアじゃなく、ワカサギ竿のダイワクリスティアは、
専用ロッドで勝手にアクションをしてくれて、かなり釣り易い電動オススメリール。
もちろんワカサギ専用ですが、これは電動なので自動で仕事をしてくれる。


つまり、ミッションなピクシーか、オートマチックなクリスティアと勝手に言いたい。
でも、一つのリールで他魚種まで視野に入れて釣るのはこれはこれで楽しい。
もちろん、すそのフィッシングパーク(すそぱ)のような、
怪獣トラウトを8ldラインで強引に仕留めるのも、いい感じのピクシーです。


リベルトピクシーを持っているバサーは、今年の冬、
まだ釣れてる河口湖のワカサギ釣りに挑戦してみてはいかがかな?


201002100010.jpg

ちなみに、こちらは、メタルジグに最適なアルファス。
ラバージグからメタルジグから幅広く使いこなせるバーサタイルリール。
もちろん、淡水海水両用なので、実は、海のメタルジグでも重宝しているリール。
でも、ちょっと海水には錆に弱く甘いんだなぁ~。


というわけで、今回は“スプールは他魚種を釣れてまわる”ベイトリール編でした。
一つのリールですが、そのリールにはバス以外にも他魚種の思い出を乗せて回っている。
次は・・・どんなリールをチョイスしようか!! DC??? フルオートマチックだぜ~。
スポンサーサイト
2010.02.09 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1174-86bfbf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析