200912230001450.jpg

極寒の河口湖

本日は、午前中、常連の親子様を乗せて年末の冬の河口湖に出航。
やはり冷え込みで、河口湖の朝の気温は-5℃前後。
ただ、快晴ポカポカ日和で、風が無く、柔らかな日差しはチャンスいっぱい。

この時期、オススメの溶岩帯ディープからスタートするも、
寒波前の好調はどこに行ったのか?ディープからの回答は無し。
今日の鵜の島まわりの水温は、6.5℃。さかなやワンド内で7℃。


じっくり狙ってみるも、場所を移動して、河口湖大橋内側方面へ。
ここでも、フィネスフィッシングと、リアクション狙いでメタルジグを投入。

バスは確実に居るのだが・・・終始穏やかな湖上。とっても気持ちのいい冬晴れ。
3人でメタルジグしゃくりまくりで、運悪く私が釣った40弱が唯一のバス。
さらにさらにタイムアップまで、落としてシャクッてを繰り返したがダメ!!



最後は、メタルジグをしゃっくて狙おうぜ!!的な特訓モードでしたが、
ここのところの一気の水温低下でバスの反応がわるく終了となりました。


あがってからは、勝手にお客様とメタルジグのタイプ別の講習。
ブルブル系、すいすい系、アイスジグ系、鉄板系、テールスピン系、
それぞれの違いを説明したり、冬のバスになぜ鉄板振動が効くのか説明したり、
絶対に釣れる、オススメメタルを教えたりしました。

いや~、お子さんはよくルアーを知ってはります。
バスを釣るためのルアーを探し出す、よく釣れるルアーを当てるのも、
釣りのセンス、バスを探しだす嗅覚の一部といえるでしょう。



ビデオレター 爽やかな冬晴れのベタ凪湖上
スポンサーサイト
2009.12.24 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1146-f157aace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析