200910310015450.jpg



今日は、秋特有の強烈な濃霧のなか3時間コースでスタート。
河口湖はお久ぶりということで、確実に釣れる釣りでディープエリアより開始。

この時期、朝が冷え込むとバスはディープで群れをなして回遊。
日が刺して来たころにシャローに入り込んだり、ベイトの群れに付いてまわったり。
超ビッグバスはいつもどおりシャローに居ると思われるが、一瞬のタイミングでしか食わない。

今日は、ワカサギの群れとバスの群れがビンゴ!!
朝から小型ながら綺麗なネイティブバスを30分でポンポンと2本Get♪
(写真は、あえて余裕の小さいほうのバスです。このあとも釣れると期待!!)
まだ、あと1本ぐらいは釣れそうでしたが、あえて初冬の定番スポットへ移動。

冷え込んだので、バシバシ当たるかなぁ~。と思いきや、既に晴れだして当たらない様子。
お得意の、ディープ深海級ミドスト、いや“トロスト”をスモラバ&ポークで演出。
一発だけ当たり、ロッドティップがいきなり引き込まれた私のバイト35cmで終了。
前日、あれだけ一発大物狙いだけで厳しい様子でしたが、数はまずまず釣れる感じ。
これに、大物が一発加わってくれるだけで、ゲーム性はかなり楽しくなること間違いなし。


200910310018400.jpg

スカッと霧が晴れた瞬間は、人も気分爽快!!
この一瞬のタイミングがシャローでは今後、キーポイントのタイミングになるでしょう!!!
スポンサーサイト
2009.10.31 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1103-5ee921ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析