200910300010450.jpg

今日は、午後よりハードスケジュールなお客様を乗せて半日出航。
実は、連日ちょこっと秋晴れベタ凪の条件下で水中観察をしていました。

200910290006400.jpg

こんなベタ凪。まるで湖面が鏡のよう。
野鳥の群集が日に日に多くなってきましたね~。鴨軍団、カラス團、カワウ團、カナダガン軍団。
写真は、わかりづらいですが、鴨が50羽ぐらいでぬくぬくと湖面にいました。


さて、前日、さかなやスタート~小海~長浜まで延々と水中ウォッチング♪
今日は、午前中のうちにさかなや~白須エリアまでを水中ウォッチング♪
時に「なんでこんなにデカイんですか?」ヘラ???いやゴンブトの3キロクラス?
わけのわからない一体河口湖はどうなっているのか怪獣クラスが多い。。。

200910290005350.jpg

偏光グラス越しに見えるシャローのウィード。
この時期、バスが絶対に好む、ある特定のウィードのキーを発見する。
必ずと言っていいほど、ある特徴の多いエリア、特定のウィードにバスが集まっている。
ヒントは、ワンドのちょっと奥とか、ワンドの一つ目とか???

そう、シャロー中心に、ハッキリ言って、ビッグバスは居る場所にしかいない現状。
鯉と一緒に泳いでいたり、藻の中に隠れていたり、日向ぼっこしていたり、
なんだか「ガボッ」っと捕食モードではなくまったり系といった感じですね~。


リアクション系トップウォーター、伝統のウイニングラバージグ、ビッグベイト、
ウィードアウトサイド、ウィードスピナーベイトマキマキを駆使して、
一発大物狙いに絞って強気の釣りで攻めまくってみるものの、バスの反応薄。
確実に居る場所にはルアーを狙い撃ちしているのだが、快晴ベタ凪は夕方までつづき・・・
それでいて夕まづめが勝負時!!と思っていましたが、最後まで微妙な感じで完。

秋の大作戦・・・狙っている場所・・・ベイトの跳ね方。
確実に的を得ているはずなのだが、もうちょっとバスの活性に期待したいですね♪

200910300012400.jpg

夕方遅くまで特訓したのにもかかわらず、河口湖のビッグワンは微笑んでくれなかった。
秋は5時過ぎると本当にすぐ暗なる。秋の天高く馬肥ゆる空と、つるべ落としはこのことか。
スポンサーサイト
2009.10.31 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1102-64fe5f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析